2012年10月22日

『百年の時計』10/20香川先行ロードショー初日レポート

朝1030、仏生山車両基地から、地元マスコミと共に映画に使ったクラシック車両に乗り込んだ。
インタビューを受けている木南晴夏ちゃん。
A5uHlNoCMAApNol
晴夏ちゃんの隣りは"うどん県副知事"木内晶子さん。
その隣りは主題歌「めぐり逢い」を歌ってくれているD51のお二人。
その隣りはコトデンゆるキャラ“ことちゃん”で、電車のドアから入るのがひと苦労でした。
IMG_0492
映画館の近く、滝宮という駅で降り、電車の前で記念撮影。
反対車線には電車が入線して来てるんだけど、堂々と撮影出来てしまうって、東京とかでは考えられない光景ですよね。 20121020-060238-1-L
この時、運転席に座ってこんな写真も撮っている。
「出発進行!」
427852_282810348504227_1664438976_n
さて、最初のワーナーマイカル綾川での舞台挨拶後、観客と写真を撮ろうという事になり、こういう場合何と言っていいか分からず、金丸Pのかけ声で「えいえいおー!」と言った瞬間。ちょっとセンス古いね。
次の劇場までには考えます、と金丸P、頭かく。
564813_282341408551121_1388700180_n
次のワーナーマイカル高松では映写室を通ってバックヤードの控え室へ。
初めて見るシネコンの映写室の風景。
映写機に接続したタッチパネルに触ってしまうと上映に影響が出る、というので恐る恐る移動。
IMG_0496
最初の綾川はじめ次の高松、最後の宇多津でも、ワーナーマイカルシネマズ従業員、支配人の皆さんの歓迎ぶりに驚き感動した。
廊下はこのように装飾され「歓迎!木南晴夏さん木内晶子さん金子監督」と必ず貼られ、控室にはLLサイズのポップコーン。のり味が旨かった。東京にもあるのか。
IMG_0494
綾川、高松では上映前の挨拶だったが宇多津は上映後の挨拶となり、お客さんから感想を聞く事が出来た。
最初に手を挙げてくれた方は「人を想う気持ちが伝わりました…」と言うなり涙がこみ上げ言葉を詰まらせ、我々もグッときてしまった。こんな事は初めてだ。晴夏ちゃんも感動していた。
お客入れ込みの写真では「『百年の時計』、大ヒットするぞ!」のかけ声になった。
A5o9mdOCQAAHsl1
花束を持って立つ黒ミニスカート少女時代バリ美脚木南晴夏ちゃん。
ツイッターを始めたばかりの晴夏ちゃんをフォローしよう。今が旬! @kinamiharuka

kaneko_power009 at 02:11│Comments(1)TrackBack(1)百年の時計 | 現在製作中

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

CASIO (カシオ) 置時計 WAVE CEPTOR 電波時計 温度・湿度表示...

この記事へのコメント

1. Posted by ガヲ   2012年10月22日 09:56
4 10/20ワーナーマイカル宇多津・舞台挨拶の回を鑑賞させて頂いた者です。舞台挨拶回りお疲れ様でした&わざわざありがとうございました!
宇多津で感想を語った彼は、劇中お弁当を電車で渡されるシーン辺りから、ずっと号泣されてたので偽りのない涙ですよ。(隣席だったもので…)私は、その辺りからの積み重ねでミッキーさん水野さんの抱擁で涙しちゃいました…
大作では無いですが、じわっと暖かさが伝わる良い作品でした〜(個人的には桜木さん、蛍さん、青山さん、木下さんなどなど出番は少ないですが物語を繋ぐ要所で出演して下さったのが嬉しかったです)
地元香川県で生まれ、今は岡山県で住んでる私にとって誇りに思えた映画です。観に行った甲斐がありました!
この作品を製作下さった金子監督・スタッフ・俳優さん・関係者の方々に改めて感謝です、ありがとうございました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔