2013年03月16日

魔法の天使クリィミーマミ 生誕30周年

助監督時代に脚本を2本だけ書いた『魔法の天使クリィミーマミ』が放送開始30周年だそうで懐かしい。













和久井映見や水野美紀に「オレ昔マミの脚本書いたんだよ」と自慢したら凄ぉいと尊敬されたなぁというのも昔話。

5本書いた『うる星やつら』の文芸担当が伊藤和典さんで、締め切りになると催促の電話とかかかって来たが、『クリィミーマミ』の時はメインライターに出世してた。「これ松田聖子で実写化したらどうかね、優の時は太田貴子でさ」と言ったら笑っていたな……













分からない人に解説すると、クレープ屋の優ちゃん10才が好きな利夫14才が憧れるアイドルのマミ17才は、優ちゃんがパンプルピンプルパムポップンと言って変身した姿なのです。自分を二角の頂点とした三角関係という構図なんです。こう書いてると胸キュンだな……切な……声優が太田貴子。










『マミ』の打ち入りパーティでスグ電話番号を聞いた美人ライター島田満=しまだみちるさんに、その後「学校の怪談3」を書いて頂きました。

kaneko_power009 at 22:10│Comments(2)TrackBack(1)テレビ | 思い出

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ライブ9『魔法の天使クリィミーマミ30周年記...  [ 超おすすめ+カルト☆特撮/映画/演劇/TVドラ... ]   2013年08月31日 01:04
ライブ9『魔法の天使クリィミーマミ30周年記念スペシャルLIVE!』2013.8.16(金)ShibuyaO-EAST 太田貴子さん島津冴子さん水島裕さん井上和彦さん出演楽しかった!祝!30周年!アニバーサリー...

この記事へのコメント

1. Posted by 浅野   2013年03月28日 05:39
『魔法の天使クリィミーマミ』は、コアなマニアの評価が高い作品です。
ミンキー・モモが有名ですが、ここでクリィミーマミが好きだというと
尊敬されると聞いたことがあります。変身すると『ダウンタウン物語』(1976年)
アラン・パーカー監督作品に共通する当時のタルーラ役のジョディ・フォスターの
妖艶な雰囲気と共通する要素をかんじることが出来ると思えます。
金子監督が助監督時代に脚本を書かれてますから、すごく尊敬されます。
東京で夏に公開になる『百年の時計』のインスタレーションの美術が楽しみ
です。(試写会に行けなかったので都内で観ます)
今年もアンデパンダン展の会期中です。切り絵の作品が少なかったです。
23日の入場者が8000名を突破しました。子連れですとお子さんは
インスタレーションに興味を持ってくれます。百年の時計みたいに大人に
なっても覚えてもらえると嬉しいです。おそらく次の作品の為のロケーション
ハンティングをされたと1つ前に書かれていますので楽しみにしています。
2. Posted by ○{落合紘史>   2013年06月10日 13:38
5 放映当時は高校生であったため、アニメ漫画は見ませんが、魔法の天使クリィミーマミの題名は聞いたことがあります。もう、30周年を迎えましたか。時の流れを感じます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔