2018年03月29日

『坂道のアポロン』ネタバレ

『坂道のアポロン』は全体として好感の持てる映画で、知念侑李ピアノ上手いな、中川大志ドラム上手いな、小松菜奈キレイだな、60年代の佐世保ジャズ文化再現してるな、という娯楽性ポイントはしっかり撮っているので見て損なことは決して無いが・・・


(以下ネタバレ)・・・最後の最後で僕はエッ!?と声を上げてしまったのは、知念と中川のセッションに加わって歌うはずの小松菜奈のどアップがハッと息を吸ったところで暗転、クレジットタイトルが上がるので、終わって後から考えてみると、これは音楽を通した男二人の友情の物語で、主たる客は二人のファンなのだから三角関係の中心にいる彼女は歌わなくても商品としても映画としても成立していると思ったが、彼女の歌を始めて聴いて、これは最後にアンタが持っていくだろ頑張って歌えよと泣こうとして身を乗り出していた僕は愕然として、女子学生ばかりの帰りのエレベーターの中で思わず「小松菜奈の歌、聴きたかったよね〜、みんなどう思う?」と言ったらキョトンとされて振り返られ一瞬後にクスクスと笑われてしまった・・・

というのは嘘で、何も言わなかったが、他の客に聞いてみたいところであった。


kaneko_power009 at 14:37│Comments(0)見た映画 | 女優

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔