2018年04月13日

片や『ペンタゴンペーパーズ』方や『チャーチル』

今の日本の情勢と片や『ペンタゴンペーパーズ』方や『チャーチル』がダブって見えるよ。
『チャーチル』には「ヒトラーから世界を救った男」と副題が付いているが、そこまでは言えないだろ
と、思うが・・・
ヒトラーには「対話では無くて戦争だ」と主張していたチャーチルが、地下鉄に乗って庶民の声を聞いたらレンガ職人からも支持されて戦争に向かっても良いのだそれしか無いのだと思うシーンが感情のピーク。安倍首相も見たらしい。
片や『ペンタゴンペーパーズ』では、政府の隠蔽して来たベトナム戦争必敗の資料を公表したら我が新聞社が危ないと覚悟しながらも言論の自由を守るために女社長が「Let’s go」やっちゃいな、と言うところが感情ピーク、朝日新聞の記者は涙したろう。
面白いのはどっちも面白いが、ゲーリー・オールドマンが何故チャーチルをやりたかったのか考えてしまう、尊敬してんのかな。見る価値ある特殊メイクだが、ヒトラーほどチャーチルの映像は見てないからそんなに似ているのかどうか分からないし、やはりあのゲーリーの狂気の目がそのままだからチャーチルも狂気だったという事がやりたかった訳ではなかろうが、やっているうちに狂気も一体化したのは見事。片やペンタゴンのメリル・ストリープとトム・ハンクスには狂気までは至らないが堅実に共感出来、それにスピルバーグの確信が演出にスピードを加味して分かりやすさの名人芸に達して、スッキリ疑問なく見られる。
日本の国会は疑問だらけで糞詰まりの状況なんですが・・
IMG_20180413_0001

kaneko_power009 at 23:57│見た映画 | 社会