2018年12月25日

蒲田のクリスマスの夜・・・森田由美恵&林寛子コラボライブ

44525050_251155445569646_5194525518719877120_n昭和47年のデビュー曲「潮風の吹く町」TV初披露を茶の間の炬燵で聴いて涙した高校二年の頃からのファンである森田由美恵さんについては、拙著「失われた歌謡曲」巻末にも詳しく書いている。

今日のX’masライブは林寛子さんとのコラボで蒲田ニューエイトというカラオケも出来るステージで行われたが、この組み合わせは意外に面白く、お互いの声質を生かしていると思えた。
IMG_1505

昭和歌謡番組ふうの脱力演出も懐かしく、楽しい。

森田さんの歌唱力は承知で迫力満点だが、毒舌トークの林さんがこんなに上手くなっているとは思わなかった。
IMG_1506
体型からしてアイドル時代より声量が豊かになって「愛の讃歌」を歌い上げ、キョンキョンもカバーした「素敵なラブリーボーイ」は親衛隊を盛り上げ、アンコールの「大阪ラプソディ」デュエットでは森田さんが低音部を歌って支える。
IMG_1507

ラストは全員で「ヤングマン」歌いながらYMCAゼスチャーでヒデキを想っていた蒲田のクリスマスの夜・・・

kaneko_power009 at 13:30│Comments(0)思い出 | 音楽

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔