生贄のジレンマ

2014年02月04日

ロシアモスクワ映画祭のレポート

テレビ番組がユーチューブにアップされていました。

全体5分40秒のものですが、ワタシは1分、2分30秒、4分、4分55秒に登場します。誰も襟が片方出て無いって言ってくれなかった……



kaneko_power009 at 00:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2013年05月19日

5/25~『百年の時計』以降、4作品続く

百年images-2


5/25〜テアトル新宿ほか『百年の時計』公開まであと僅かでドキドキものなんだが……










7/13〜ユナイテッドシネマ豊洲で『生贄のジレンマ』(上)がジレンマimages-1

ジェリーimages-3







8/31〜シネマート六本木で『ジェリーフィッシュ』が公開決定となり






更に8月公開のもう一本がそろそろ発表というとんでも無い事態の金子です。

四作品共通券を発行したいところだが、みんな違う会社の映画なんだよね〜

「スタンプカードを作って4本全部見た方には監督との食事会に参加出来るというのはいかがですか?」と言ってくれる方がいるが、とりあえず半券をとっておいて貰いましょうか。
ナニ会が出来るか分からないけど。

kaneko_power009 at 00:57|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2013年04月20日

生贄のジレンマ

4月3日
今日から『生け贄のジレンマ』撮影スタート。
一昨日まで新国立小劇場アロッタファジャイナ『国家』 で空海を演じていた南羽翔平がチャラい高校生役を楽しそうにやっている。
でも、明日死んでしまうんだよね〜
『生け贄のジレンマ』の今日は紹介編だから青春学園ドラマを撮ってる楽しい気分だったが、明日から大殺戮が始まるんだよね〜。
果たして楽しい気分で撮れるんでしょうか……
撮影が始まると殆ど××人間になりかけていた自分が再生するのが自覚される。
「早い監督」なんだな俺。助監督も感心してくれている。シューティングハイという言葉を釘宮カメラマンも言っていたが、それか。苦境に燃える…そんなことじゃ日本映画はいかんと分かってるのに…明日も事件だ、どうする?
とりあえず、寝よう。

4月5日
昨日の『生け贄のジレンマ』では、南羽翔平くんと樋口翔くん二人の「死ぬ芝居」の場面を撮った。
……最初「死ぬところを…」とか書いたてみたんだけど、やっぱり良く無いね、そういう表現はツブヤキでも。笑いにならん。言霊の国だからね。
その後二人が「十年後の未来に残すメッセージ」というやつをiPadで撮ったんだけど、泣けるんだな、これが。可哀想だわ。頑張ったよ、二人とも。今日は誰の「死ぬ芝居」かな……
『生け贄のジレンマ』は『悪の教典』が撮られた高校で撮影している。
モノのようにショットガンで殺された生徒の魂を慰めつつ、こちらでは死ぬ生徒らの短い人生に同情こめて撮ろうか……という気分になっている。
……両方とも全く架空のお話なんですが。

4月14日
(撮影の)分量が多いので予習が追いつかないから釣り客向けの民宿に連泊したが、さすがのワタシも撮り残しを出してしまって更に明日も多いからまた泊まり。
ところがその民宿が満杯で別なところへ泊まることに。
一見、普通のウチだが中は改造されている。ここは「ペン宿」だそうだ。快適。
電波飛んでる。もう、寝ます。

4月19日
『生贄のジレンマ』:今日は「生け贄の穴」の撮影。
高校卒業式の日に校庭に突如現れたその穴に誰かを落とさないと三年生全員死ぬというトンでもない話だが、生徒役の皆必死に頑張ってくれている。こういう異常な状況で生まれる芝居ってあるもんだな。逆に彼らに頑張って貰わないと、監督である僕の方がこのストーリーを信じられない。だからリハーサルの日に言った。この物語を君らの力で信じられるものにしてくれ、と。そのおかげで信じ始めると毎日奇妙な気分に陥る。だって、自分の子供みたいな年齢の子たちが次々死ぬシーンを撮ってるんですよ。楽しいか、というと……う〜ん……それでもやっぱり楽しいというのが撮影の麻薬的なところなのですね。死んだ役の彼らも芝居が終わればニコニコ充実した顔してるからね。でも、さすがにひとクラス全滅のシーンを撮った時にはスタッフ共々し〜んとなってしまった。いいシーンが撮れたというし〜んでは無かったかも知れないし〜ん…………
現場では、名子役で知られた主演のS君がiPhoneで予告編を作っている。これが、なかなか面白い。



kaneko_power009 at 23:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)