友人

2017年08月01日

リベリアの白い血

「祖谷物語ーおくのひと」監督である蔦哲一郎氏が個人配給(ニコニコフィルム)する「リベリアの白い血」試写を見て福永壮志監督に話を聞いた。

西アフリカのリベリアからニューヨークに移民して来たタクシードライバーの話、に至るまでは現地リベリアでロケされていながら、彼が英語を喋るのでアレ?と思ったがそれは自分の大いなる認識不足、リベリアの母国語は英語なのだった。

1947年に解放奴隷によって建国されたが、内戦があったりして他のアフリカの国同様の政治による貧しさから抜け出せない国で、このことが後半のミステリアスな展開を生み、ラストに大きな衝撃を受ける。

日本人監督だから何かが違うという事は全く無い、クレバーなインディーズ監督が出現した感じだ。

ポスターを持っているのが蔦氏で、右が福永氏。アメリカではジョンカサベテス賞にノミネートされたり、ある程度興行も収めNetflixで配信もされるが、日本では8月5日からアップリンクで公開で、ご両人ともドキドキ状態。その気持ちは皆同じですね。推薦します!スルドイ視点の作品。
IMG_0920


kaneko_power009 at 10:31|この記事のURLComments(0)

2017年07月29日

ゴールデン街酔歌

新宿シアターモリエールといえば、懐かしい満島ひかりの初舞台「偽伝・樋口一葉」(作演出・松枝佳紀)をやって監修者として初日開演が遅れたのをお客に謝ってまわった思い出深いところだが、今日は寺脇研さん原案の「ゴールデン街青春酔歌」(作・高橋郁子、演出・酒井晴人)を観に行くと、セットはゴールデン街の店内で、開店前に寺脇さんとゲストの松尾貴史さんが呑んで時事放談をしている。

ここ189席もあったんだな・・

最近嘘つきが多いよねという話題。そのまま出演者の落語家さんらと入れ替わって物語が始まるが、皆65歳の高校同窓生たちで、高校の時に上演出来なかった特攻隊の芝居をやろうという話と、ママの美脚の娘(ぎぃ子)の話とが交錯してドラマになっていくという趣向で気軽に楽しみながら、今の社会への想いや歴史が、それぞれの観点から語られるから押し付けがましいところが無く、自分に照らし合わせて観られる。

呑んでる感じのまま呑みに行き、写真は松尾さん、娘役のぎぃ子、元文科相官僚の寺脇さん。
昨日は前川喜平さんがゲストで登壇したらしい。
IMG_0903




kaneko_power009 at 10:22|この記事のURLComments(0)

2016年06月27日

シネマストリート

6/27かわさきFM79.1MHZ「岡村洋一のシネマストリート」(13時〜15時)に出演しました。
自分の出番は14時〜らしいが、選曲出来るから、この前みたいに佐藤勝CD持って行こうか。
先週のレインボータウンFMでは「用心棒「赤ひげ」「戦争と人間」「若者たち」かけて、「参議院選挙始まってるから、平和について良く考えて投票しよう」と喋った。「現内閣は憲法53条に違反したのに、憲法を変えることを訴えている」というのは事実だから、放送で喋っても何の問題も無いんだよね。

kaneko_power009 at 12:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年05月22日

櫻の園2

僕の最後のロマンポルノでロマンポルノとしても最後から二番目の「ラストキャバレー」で脚本家デビューし「櫻の園」でキネ旬脚本賞を獲ったじんのひろあき氏が25年後「櫻の園2」を舞台化したので見に行ったら、意表を突かれる二部構成。
image

映画のストーリーは後半に描かれ、前半は、舞台となる女子高演劇部内で今後どんな芝居をしたいか部員それぞれが必死にプレゼンし、いかに自分が見て感動したかを訴え、様々な既成の演劇が彼女らの一人芝居によって、例えばNODAMAPの「ロープ」だとか第三舞台の「朝日のような夕日を連れて」などが再現されるのが、演劇批評のようであってそうはならず、これって女の子らしい感想なのかも知れないと思わせて面白い。

今、かつて流行った”逆光ユニゾン”を堂々とやったら恥ずかしいが、女子高生が真似してやっているならその一所懸命さに感動してしまうし、始めて見る役者たちの個性を把握出来る……という仕組みで、古くなっているはずの映画のストーリーも自然に蘇り、新たに補完されてもいる。



kaneko_power009 at 12:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年03月12日

「古澤利夫&中子真治のスターウォーズナイト」第二部に飛び入り参加

3/10新宿ロフトプラスワン「古澤利夫&中子真治のスターウォーズナイト」第二部に飛び入り参加、今私がこうしてあるのも古澤さんのおかげです!と言って『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の宣伝もさせて貰った。

古澤さんはルーカスやキャメロンから御指名で頼まれる元20世紀フォックスの大宣伝マンだが、角川映画などの采配をされていた事を知る者は少ない。
監督選定は殆ど古澤さんによるものだ。春樹氏が監督になる事には反対されたらしいが……
撮影所崩壊時代の撮影所長的役割をされていたとも言えよう。
昼はフォックス社員のまま夜はサンダンスカンパニー(企画から配給まで手がける制作会社)を設立したのは、 Butch Cassidy and the Sundance Kidに『明日に向かって撃て!』と命名したことに由来する。
角川映画の森田芳光監督へのオファーは『家族ゲーム』の前だったが数年後に『メインテーマ』で実現、僕はそのチーフという関係から目をかけて頂き『恐怖のヤッちゃん』は『スダンドバイミー』、『どっちにするの。』は『ワーキングガール』を見て撮れ、と言われた恩人。

そして中子真治さんはアメリカの現場を取材しSFXという言葉を世に広めた人で『学校の怪談』のSFXプロデューサー。昨夜は中子さんだけに言っておいてサプライズで乱入、始めて古澤さんを驚かしたが喜んで頂き、「この子にはセンスオブワンダーがあるんだよ」と、久しぶりにこの子と言われたのだった。
『香港パラダイス』『毎日が夏休み』『学校の怪談』も古澤さんの手によるサンダンスカンパニー作品なのだ。
CdMqGZ3UYAAFvlh

kaneko_power009 at 10:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年02月25日

アントニオ古賀さんバースデイライブ

75歳になられたアントニオ古賀さんのバースデイライブに参加。
デビ夫人による乾杯の音頭に始まり、キューバ&パナマの大使が挨拶するなど、ラテン世界の重鎮にふさわしく、キューバのバンドが先ずは♪ベーサメーベサメムーチョと歌い、シビれる。
小学5年の息子さん音也くんのギターも天才的なら、御本人の演奏も歌も健在で、その名はフジヤマ、コーヒールンバ、東京ラプソディーで参加者も踊る。
恩師古賀政男のレパートリーから「無法松の一生」をラテンにして演奏されたのは耳福。
デビ夫人の呟き……亡き夫やカストロらが正義の戦いで連帯していたという話を、どれだけの人が理解したであろう、という想いは嘆き節にはならず、歴史の彼方の懐かしさか。
やはりラテンは明るくて良い、酔いしれました……
IMG_0464

kaneko_power009 at 10:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年02月07日

似てないモノマネ〜月食歌劇団〜逆鱗

観劇が三日続いている。

息子の鈴幸が明治大学・野田学教授への卒論として構内で作演出主演した「似てないモノマネ」は、オボカタさんが汚染水から作った細胞から成長した学生がテラスハウスに集いカコさまも参入して平成が終わりアキシノ即位でアベちゃん狂って日本分裂アイコさま擁立した北日本…というハナシで表ではやれないだろう、カネコとアンノウが睨み合っているとヒグチが取りなすという場面もあって何だこいつ卒業出来るのか?…

翌日は月蝕歌劇団「怪人二十面相VS少年探偵団」の怪しいムードに浸り、
今日はNODAMAP「逆鱗」。ネタバレするので楽しみにしている人は以下読まない方が良い……
人魚の話かと思ったら人間魚雷の話になって実に重厚だった。途中まで予想つかない。
なんと本物のアイコさまも隣席に。一緒に行った画家の鈴木和道は、また戦争の話かとため息ついたが、野田は今はどうしてもこうなってしまう、と言う気持ちは良く分かる。シャンパンを紙コップで飲みながら尊皇護憲というのはどうか、と提案した……

そう言えば三本とも戦争の影を感じる……演劇は「今」だから。

kaneko_power009 at 23:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年11月23日

鈴木和道個展

初期「夢の遊民社」のポスターをずっとやっていた鈴木和道の個展がコートギャラリー国立にて開催された。
IMG_0400
渋谷区幡代小学校の同級生ですが、芸大からウイーン・ベルリンで学んだテクニックにより、不思議な世界にトリップ出来ること請け合い。
この「曳航」は売れてしまいました。
IMG_0399
検索すると、いろいろなページで彼の画が見られます。
例えば→全く知らない人ですが……


kaneko_power009 at 09:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)