あずみ2

2005年03月14日

初日舞台挨拶

『あずみ2』の初日舞台挨拶を終え、帝国ホテルでの打ち上げから移動、次なる仕事の打ち合わせをした。
朝起きた時は、ちょっと登校拒否児童のように気が重かったが……
このところ亡くなった那須さんの姿と声が脳裏をフラッシュしてくる。
『デビルマン』では大変だったであろう。
中原俊さんも『苺の欠片』では共同監督になっっちゃってるし、大森一樹さんも『トライ』では……ベテラン監督たちの受難現象、って誰かレポートしてくんないかな。
大島渚・前監督協会理事長が、「監督たるもの、自分の映画の悪口を三年間言ってはならない」と仰ってますので。
なんか、『影武者』武田信玄の遺言みたいだな。


kaneko_power009 at 10:36|この記事のURLTrackBack(4)

2005年02月11日

完成披露試写

2月7日に『鉄人28号』の完成披露試写会へ行って、富樫森を舞台に見た。
胸を張って立派に舞台を勤めていた富樫。
富樫は『卒業旅行ニホンから来ました』のチーフ助監督。
タイ、バンコク・アユタヤ戦線での戦友みたいなもんだ。
現場、荒れたからね〜
この時のプロデューサー山田耕太が鉄人の脚本を手伝っている。『ごめん』では単独脚本だったはず。あの映画は富樫らしかった。
視覚効果の松本肇も舞台に立ち、「僕の時はフラッシュが少ない」と言っていた。
無関係者だったのに何故かパーティにも呼ばれ、蒼井優とも会えた。
映画で美脚を見せつけてくれた川原亜矢子には会えなかった…
…最近、どうしてもトシマに目線が行くなあ。
本当は2月8日に完成披露をやりたかった鉄人らしいが、ごめんなさい翌日は『あずみ2』の完成披露試写会でした。
で、翌日……
完成披露の前にパンフレットで野村正昭、キネ旬で進藤良彦らの旧知のライターらから取材を受け、文字には出来ないことを喋ってガス抜き。宣伝部の配慮であろうか。
まあ、長いこと映画監督やってると、いろんなことがあら〜
上戸彩石垣佑磨小栗旬らは派手な和装なんで、監督はスーツでお願いしますと言われてたので慣れないネクタイを締めて舞台に立つ。
直前、六本木ヴァージンシネマの舞台袖では、彩が何度も「ワンとは違うあずみを見て下さい」と練習、石垣に「間違えんなよ」と突っ込まれている。小栗は「あ〜緊張してきた」を連発。
いざ本番が始まると、彩は「ワンとは違うあずみを見て下さい」と言いながら笑い出してしまった。
単純な事を繰り返しすぎて、自分で可笑しくなってしまったらしい。
広重玲子アナとの一問一答は殆ど忠実にあずみ公式サイトに載ってるんだが、舞台に上がる前に、僕は何度も「締めの言葉は無くていいのね」とに確認し「大丈夫です」
と言われてたのにも関わらず、挨拶が妙に巻いてるカンジで、引間宣伝プロデューサーが広重アナに耳打ちしてる様子が見え、あ、くるかなと思ってたら「それでは最後に金子監督からメッセージをお願いします」と広重アナ……ヤッパリ。
お美しい高島礼子サンだの幾らでもセリフの言える平幹二郎サンだのワンで死んだのにまた出てる遠藤憲一サンだのと慌ててまくしたてたが、あ、栗山千明を忘れちゃったよ、と後で気づいた。千明ごめん。
広重アナは目がキラキラして奇麗な人だったんですが。
…やはり、大人の女に目がいく。
上映が終わって客出しの様子を見ていると、北村龍平も来ていて、ノーマン・イングランドが「1、2両監督の写真撮りたい」と言うので並んでポーズ。近々英語版の方にアップされるんではないか。
そうこうしてうちに、観てくれていたはずの村上秀晃、山口晃二の姿を見失った。
パーティの途中に村上に電話して「で、どうだった?」と聞くと「あずみが可哀想で可哀想で泣いてしまいました」
……ホントかよ、監督になると世辞も上達するのか。

kaneko_power009 at 15:17|この記事のURLTrackBack(3)

2004年05月13日

時代劇だな〜

時代劇だな〜
戦国の夜に巨大蛍光灯出現。
azumi010 azumi011
azumi012


kaneko_power009 at 21:32|この記事のURLTrackBack(2)

2004年05月04日

あずみ2のロケ

岡山県「中世夢が原」でのロケ。
ここでは、NHK宮本武蔵のロケもあったそうだ。
遠藤憲一さんは前作にも出て、殺されているが、
今回も「金角」という役で登場。
遠藤さんは、声でもCMや映画の予告で活躍されている。
マトリックスの予告を現場でやってもらい、感動。
azumi007 azumi006
azumi008 azumi009


kaneko_power009 at 16:50|この記事のURLTrackBack(8)

2004年04月26日

あずみ少女時代

あずみ少女時代役の宿南明日華と殺陣・中村健人
宿南明日華は、前作でも少女時代を演じた。
こんな小さい頃から刺客として育てられて、可哀想ね。





azumi004 azumi005


kaneko_power009 at 10:46|この記事のURLTrackBack(0)

2004年04月19日

上戸彩、剣さばきも急成長

『あずみ2』クランクインして4日経ち、
日々アクションに次ぐアクション、チャンバラに次ぐチャンバラ。
上戸彩、剣さばきも急成長し、スピード感あふれ、痛快である。
石垣佑磨も楽しい奴。アクションは抜群。目が合うと、つい微笑んでしまう。
ガメラのフィギアを持ってるそうだ。
『エースをねらえ!』での、石垣のキャラクターは面白かった。
宿舎から現場まで、一時間半ほどなので、
デイシーン終わってメシ食って帰ったらすでに野球中継終わっている。
広島カープの快進撃をテレビで観られないのが残念。
しかし、昨日は対巨人戦に間に合った!と思ったら阪神ヤクルトやっている。
……ここは関西であった。
今日は雨天のためロケ中止。
関東の方々、明日深夜『ウルトラQ』第三話「あなた誰ですか」観てね。azumi001
azumi002


kaneko_power009 at 22:01|この記事のURLTrackBack(10)

2004年04月14日

あずみ2 でした。

製作発表も終わり、京都へやって来た。
映画は『あずみ2』です。
このあいだ『鉄人28号』の富樫森に、
「世間では北村サンと金子サンで、裏取引があったんじゃないか、と噂してますよ」
なんて、言われたが、そんな噂あるの?、まさか。
富樫が面白がって言ってるんじゃないの。
製作発表でも、北村サンとの因縁を聞かれたが……
……別に無い。
「ヴァーサス」は夕張映画祭で観て楽しんだけど。審査員で。
何故か「スカイハイ2」とか「あずみ2」とか、北村サン2が続いて……
まあ、野球でも、4番打ったり、5番打ったりするじゃないですか。
そんな訳で、初時代劇なんだが。
京都は山田組や、滝田組、岡本組など、時代劇ラッシュ。
「サクラ」というアメリカのニンジャ映画も入るそうで。
……桜は散って、これから暑くなりそう……
家から持ってくるのを忘れていた帽子を、ポロロッカで買いました。

kaneko_power009 at 01:44|この記事のURLTrackBack(3)