良太の部屋

東京都渋谷区に在る創立130年を誇る歴史ある大学の会計学ゼミのブログ

9月23日 3年ゼミ活動報告

こんにちは。9月23日の活動報告を担当します、3年の藤枝です。
報告が遅くなってしまい、申し訳ありません。


今回は合宿ぶりのゼミ活動でした。

前半はアカコンの班に分かれて、構成の見直しや今後することについて話し合い、全体構成を代表者が発表しました。とても細かく作っている班や、大まかな構成のみ作っている班など進行具合にはかなり差がありました。
私の班では今回基礎的な内容も多く取り入れましたが、一番伝えたいことを話し合いで決めて、その内容を広げていくように構成を変更することにしました。

後半はのびのび経済の班に分かれて、各自論文発表や方向性などについて話し合いました。時間の関係で個人論文発表はできなかったため、各班の代表者2名のみ全体に発表しました。

アカコンについては全員同じ意見で進めることができていますが、のびのび経済はテーマを絞ることができずに終わってしまいました。


これから2つの課題に向けて全員で取り組まなければいけません。全員が納得し、確認しあいながら、同じ方向に進んでいければいいなと思います。

以上で報告を終わります。


9月23日 4年ゼミ活動報告 パート2

こんばんは。923日に日本経済新聞社で行われた講演会の報告を担当する4年の新井です。

私たち4年はゼミの後「財務・会計スキルが広げる女性活躍社会のいま」という講演会に参加しました!内容は3つに分かれていて、1つ目はオープニングをかねた日本降雨人会計士協会会長の関根さんのお話、2つ目はBTジャパン代表取締役社長の吉田さんのお話、最後に「財務・会計スキル」が広げるキャリアの可能性と「女性活躍」への寄与について、を議題としたパネルセッションが行われました。


関根さんのお話では自身のキャリアについてや公認会計士業界の現状、そして財務・会計スキルが私たちの日常の中で役立つ知識であることなどを話しておられました。私は会計のゼミに所属しているため自然に財務・会計の知識やスキルが身についていますが、話を聞いて私たちの人生や生活において会計とは欠かせないものであると感じました。


吉田さんのお話では、財務・会計とは少し離れたお話でしたが自身のこれまでの仕事についてのお話や生き方のお話をされました。話の内容は最初から最後まで驚く事が多く、またすごいなと感心させられました。わたしもこれから社会にでたら、いずれは人前で話せるような仕事そして人生を送ることできたらいいなと思いました。

 

最後のパネルセッションではパネリストの皆さんの様々な考え方の意見が聞けてとても勉強になりました。

夜の7時から9時という遅い時間でしたが、とても勉強になる貴重なお話がきけたと思います。

以上で報告を終わります。

9月23日 4年ゼミ活動報告

こんにちは。今日の報告を担当します、4年の和田です。


今日は、後期一発目の授業でした。みんな充実した夏休みを過ごすことができたようで(?)生き生きとした表情をしていました(^_^)

卒論5000字以上という課題を終わらせ、10000字に向けて、それぞれ1対1で意見交換を行いました。
私は3人のゼミ生に意見やアドバイスをもらいました。自分では気づけていない点を指摘してもらうことができ、次にやるべき事が見つかった気がします。
また、先生にも少しお話を伺うことができたので、疑問を解消することができました。

卒論は個人作業が多いですが、こうやって意見をもらったりすることで客観的に自分の論文を見ることができると思います。また、自分の卒論について人に話すことでさらに理解が深まるのではないかと思います。


4年生は残り少ない学生生活を楽しみつつ、後で追い込まれることがないよう卒論を書き進めていきましょう!


報告は以上です。

9月23日 2年 ゼミ活動報告

はじめまして、9/23のゼミ活動報告を担当する菊池です。よろしくお願いします。

今回は40分ほど学校で活動をした後、日本経済新聞社主催のシンポジウムを聴きに行きました。

学校では今後の活動についての確認、連絡をした後、ゲストのOBの方からお話を聴かせていただきました。
企業の経理部で働いていらっしゃる方でしたが、仕事内容や就職活動での体験、ゼミを頑張ることの大切さなどについてお話してくださいました。

シンポジウムは「財務・会計スキルが広げる女性活躍社会の今」というテーマで、女性活躍が叫ばれている現代における企業の現状と今後についてのパネルディスカッションでした。

 私は経理に興味があるので、実際に働いていらっしゃる方の生の声を聴くことができ大変よかったです。またシンポジウムもお堅い雰囲気のものかと思いましたが、非常に和やかに議論がなされ興味深く聞くことができました。

以上で活動報告を終わります。 

9月8日 2年 ゼミ活動報告

 今回のゼミブログを担当させていただく、2年の小柳津です。よろしくお願いします。

 ゼミ合宿最終日では、広島県庁にお邪魔させていただきました。そこでは、数多くの興味深いお話を聞くことができました。まず、財務部長の川口さんから、広島県の財政運営についてのお話でした。話題が財政状況の推移になったとき、私の知らない指標がいくつも出てきて、戸惑ってしまう場面が多々ありました。また、広島県は積極的に宣伝しているなど、他の県とは違うことをしている、と川口さんが強調されていたことが印象的でした。

 次に、主事の佐々木さんから広島県の財務書類についてのお話でした。公会計制度に基づく財務書類というだけあり、損益は不適当なため行政コスト計算書だったり、株主資本は無いため純資産変動計算書だったりと、これまで学んできたものとは違う財務書類を知ることができました。

 最後に参事の石井さんから、県庁職員の業務内容についてのお話でした。そこで聞けたものは広島県の目指す新しいライフスタイルや、公務員試験の勉強をしていない方に採用の道を広げる、といったことに取り組んでいるというものでした。話の終わりに石井さんが、広島県のためを思って働けない人材は要らない、とおっしゃっていたところに、石井さんのこの仕事に対する熱意を感じました。

 公会計をこれから勉強する身なので、ここでそれに関するお話を聞けたことで、今後の勉強に活かすことのできるものを数多く得られたと感じています。

 以上で9月8日のゼミ活動報告を終わります。3日間のゼミ合宿、皆さん本当にお疲れさまでした。
 
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ