金国法律事務所【名古屋】

私たち法律の専門家と一緒に、問題の解決の糸口を見つけましょう。 弁護士法人金国法律事務所では、所員全員が一丸となって皆様の問題に真摯に向き合い、実務経験に基づく専門的な知見を活かし、迅速かつ的確に問題解決に取り組み、あるべき「結果」を全力で追求することを目的として開設いたしました。

私たち法律の専門家と一緒に、
問題の解決の糸口を見つけましょう。
弁護士法人金国法律事務所では、所員全員が一丸となって皆様の問題に真摯に向き合い、実務経験に基づく専門的な知見を活かし、迅速かつ的確に問題解決に取り組み、あるべき「結果」を全力で追求することを目的として開設いたしました。

当事務所では、少しでも満足度の高い解決を目指し、その先にある「夢」、目標へと導けるよう、ご依頼頂いた一つ一つの案件について迅速かつ丁寧に取り組んでまいります。

 暑い日が続き、またコロナウイルスの感染拡大の波が押し寄せている今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。思うままに出かけられない状況ですので、また例によって気になる映画を楽しんでいます。
 今回は友人が主演俳優のコリン・ファースのファンだということで勧められた「英国王のスピーチ」の感想です。

  「英国王のスピーチ」は2010年の英・豪・米の三国合作の映画になります。時代は第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の時期。タイトルのとおり、後のイギリス王ジョージ六世(話の中盤まではヨーク公アルバート王子)が主役のお話なのですが…
 このアルバート王子には悩みがありました。吃音です。

 立場的にとても嫌だと言うことはできない、父王ジョージ五世の代理としての大勢の聴衆がいる中でのスピーチ。プレッシャーの中頑張ってスピーチをするも言葉はどもって思うように出てこず、聴衆からは大きなため息が漏れる…そんな事を重ねていくうちに、彼の中には諦めと自嘲とが折り重なっていきます。そんなアルバート王子を見ていられないと、藁にもすがる思いで妻のエリザベスは民間の言語聴覚士であるローグ医師を訪ねるのです。
 最初はローグ医師本人に対しても、また言語訓練の内容に対して否定的であったアルバート王子ですが、ローグ医師と信頼関係を築き、また、吃音の原因であった過去のトラウマなどをぽつりぽつりと話していくまでに関係は親密さを帯びていきます。
 しかし順調に言語訓練が進む中(かなりユニークな訓練をしているので、そういったところも見どころの一つです)アルバート王子の立場ががらりと変わってしまう、ある事件が起こってしまいます…歴史上の人物のお話なので、このあたりのイギリス王室で何が起こったかご存じの方も多いでしょうが、気になる続きは、映画本編を見ていただいた時の楽しみのために伏せておきます。

 この映画を見て思ったのは、どんな立ち位置の人にも悩みはある、という事でした。
 昔読んだ本の中に、「大きな大会でミスプレーをしてしまった有名サッカー選手に『君は今ミスをしてしまったけれど、年俸もすごいし、女性にだってモテる。豪邸にだって住んでいるのだから落ち込まないで』と言ったところで彼の嘆きが消えるわけではない」というような一説があったのですが、私はこのアルバート王子の悩みはその一説と重なるように思うのです。

 市井の人である我々は、王族や皇族といった高貴な身分の方々に対して、なんとなく「産まれながらにして約束された身分であり、お金に困ることもなく優雅に生活をしているのだろうか…王様やお姫様っていいな」と考えがちですが、そういう産まれながらにして衆目を集める立ち位置の人には、その人なりの苦しみがあるのです。それを一般の人間が理解し、解決するのは並大抵のことではありません。
 しかし、主治医であるローグ医師が、身分社会が徹底されているイギリスで民間人と王族という壁を越えた「信頼」という武器によってそれを成し得たというのが、本作を見た人の胸を打つのです。

 見終わった後に胸が熱くなるような作品ですが、ストーリーの他にも映像自体も美しいです。ローグ医師の居る診療所兼自宅に下るエレベーターや、物語終盤に出てくる、アルバート王子が着用しているスーツ(腰の辺りの絞りが素敵!)は一見の価値ありです。


#名古屋 #弁護士 #相談 #離婚 #事故 #養育費 #浮気 #労働 #慰謝料 金国法律事務所 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目2番28号 名古屋第二埼玉ビル8階 弁護士法人 金国法律事務所 https://kanekuni-law.jp/ 052-446-6331

8月7日(土)から8月15日(日)まで
夏季休暇とさせていただきます。
メールでのお問い合わせにつきましては、順次対応予定ですので、
ご相談ごとがありましたら、ホームページよりお問い合わせください。

蒸し暑い毎日が続きますが、熱中症にも十分お気をつけてお過ごしください。
#名古屋 #弁護士 #相談 #離婚 #事故 #養育費 #浮気 #労働 #慰謝料
金国法律事務所
愛知県名古屋市中村区名駅四丁目2番28号 名古屋第二埼玉ビル8階
弁護士法人 金国法律事務所
https://kanekuni-law.jp/
052-446-6331

蒸し暑い日が続く上に、まだまだ感染症も怖いこの頃ですので、時間ができても外出もままならず家で映画を観る日が続いています。

さて先日に続き映画のお話になります。

あまりメジャーな作品ではないのですが、映像の美しさと怖さでぞくぞくとしてしまい、暑さが少し紛れたような気になりましたので、紹介させていただきます。
「ブーリン家の姉妹」は2008年公開の、アメリカとイギリスの合作映画になります。16世紀のイギリスを舞台に繰り広げられる、実際の歴史をなぞるお話となっています。

名家の美しい令嬢が、王様に見初められプロポーズされると聞くと非常にロマンチックな感じを受けるのですが、実際はそうもいかないというのがこの映画です。

新興貴族ブーリン家の美しい姉妹、姉のアンと妹のメアリー。
当時のイギリスの王・ヘンリー8世にはスペインから迎えた妃のキャサリンがいましたが、男の世継ぎに恵まれないままでした。(当時のイギリスは女王も認められてはいましたが、ヘンリー8世は男の子に拘ったと言われています)
そこにつけ込んだブーリン家は、王にアンを再婚相手として差し出します。しかし思惑通りにはいかず、メアリーが王に見初められてしまい愛人となってしまいます。
ぎすぎすとした空気が姉妹間に流れ始め、そこから王の寵愛を巡っての姉妹間での確執が酷くなっていくのです。
姉のアンはその後、イギリス史上屈指の名君と呼ばれるエリザベス女王をヘンリー8世との間に授かります。それではこの映画はハッピーエンド?と思いきや、そうではありません。

ヘンリー8世の最初の妃・キャサリンは当時の世界一の大国・スペインから輿入れした、お姫様中のお姫様です。そのキャサリンと離縁して、男の世継ぎを残す為にアンを妃として迎えるとなったからさあ大変。外交問題や宗教問題も絡み合い、とんでもない騒動になってしまいます。
そんな中、アンは後には引けないという気持ちからなのか、先に愛人となったメアリーへの対抗心からか、はたまた自分への過信からか「絶対に男の子を産んでみせます」とヘンリー8世に約束をしてしまうのです。
この辺りは見ていて胃が痛くなってしまいました。どうして自分の首を絞めるようなことを…とハラハラしてしまうのですが、絶対王政の時代、王の意に沿わないことは言えようはずもないのかもしれません。
次第に追い詰められるアン、そしてブーリン家の人々。
イギリスの風景、お城、そして画面を鮮やかに彩る衣装の美しさと対比して、どんどん空気が重くなっていきます。その空気の重さが最高潮を迎える頃に産まれた、後のエリザベス女王。空気の重さはやがて絶望へと変わっていきます…

見終わった後、ああ、ここが宮廷でなくて良かったなあ、自分は平凡な生まれで良かったなあと感謝してしまいました。物語後半とになるにつれて辛いお話となってしまいますが、リアルな王様やお姫様の話が見たい方にはお勧めできる作品です。


#名古屋 #弁護士 #相談 #離婚 #事故 #養育費 #浮気 #労働 #慰謝料
金国法律事務所
愛知県名古屋市中村区名駅四丁目2番28号 名古屋第二埼玉ビル8階
弁護士法人 金国法律事務所
https://kanekuni-law.jp/
052-446-6331

↑このページのトップヘ