バルト三国の一つであるエストニアでは、「電子住民」(e-Residency)という制度があるのをご存知でしょうか。これは、エストニア国籍を持たない人でも、インターネット上でエストニアの住民になることができる制度です。

外国の住民になると聞くと、随分大変でハードルが高い気がします。しかし、電子住民への申請は全てインターネット上で行うので、世界中のどこからでも、自宅にいながらにして、簡単にエストニアの住民になることができます。申請費用は100ユーロで、電子住民の公式サイトもエストニア語ではなく英語でできているので、英語さえできれば、申請はさほど難しくありません(基本的な英語ができることが前提ですが。)。

この電子住民という制度は、2014年にエストニア政府が国家戦略の一環として始めたもので、同国に起業家などを誘致し、投資を呼び込むことを狙いとするものです。現在では1万5000人を超える人が登録しているそうです。

エストニアの電子住民になると、同国の法人をエストニア国外から設立することができるようになります。エストニアはEU加盟国ですので、EUの経済圏をターゲットにしてビジネスを展開しようとする起業家にとって大きなチャンスになります。


 また、電子住民であれば、エストニアの銀行に口座を開設することもできます(一部の銀行では対面での面談が必要になる場合があります)。これも、EUの市場内でビジネスを展開しようとする人にとって、非常に便利になります。

 
 さらに、エストニアでは電子署名に法的な効力を認めているのですが、電子住民であれば、この電子署名を利用することができます。これにより、契約書の取り交わしに際してわざわざ国際郵便等で書類のやり取りをしなくても良くなり、一瞬で契約を締結することができるようになります。ビジネスのスピード感が飛躍的に増しますね。

 

 このように、エストニアの電子住民になると、様々なメリットを享受することができますが、あくまで「電子住民」であるので、実際にエストニアに居住したり、選挙権を行使したりすることまではできません。

とはいっても、外国の住民としてその国のサービスを受けるのはとてもハードルが高いのが通常ですが
 、エストニアの電子住民ならば、インターネット手続だけで簡単になることができます。完全に自分の意思で外国の住民になるなんてこと、他ではなかなかできないことですし、画期的な制度ですね。しかも、EU圏内でビジネスを始めようとする人にとっては大きな可能性を秘めているといえますね。

日本では、エストニアのような電子住民を募る国内情勢はないのかもしれませんが、せめて住民票や戸籍(コンピュータ化されているのになぜか本籍地の役所でしか取れない)などをもっと手軽にとれるような制度になればといいなと思います。

#名古屋 #弁護士 #相談 #離婚 #事故 #養育費 #浮気 #労働 #慰謝料
金国法律事務所
愛知県名古屋市中村区名駅四丁目2番28号 名古屋第二埼玉ビル8階
弁護士法人 金国法律事務所
https://kanekuni-law.jp/
052-446-6331