2010年10月27日

カレーつけ麺専門店「麺屋 波」味玉標準装備のつけ麺!鎌倉野菜たっぷり!鶏チャーシューが絶品です!〆のカレー茶漬付き!

【30枚追加!】50%OFFの【440円】食欲をそそるカレーの香りが素晴らしい!カレーつけ麺専門店「麺屋 波」味玉標準装備のつけ麺!鎌倉野菜たっぷり!鶏チャーシューが絶品です!〆のカレー茶漬付き!

カレーつけ麺(並盛 200g)
(鶏チャーシュー・味玉・鎌倉野菜付)
       &
カレー茶漬(出し汁とご飯)

■細麺又は太麺をお選びください。
もちろん、あつもりも出来ます。

★お好みの辛さも選べます。   
唐辛子ぬき   
やや辛 ★   
中辛   ★★    
大辛   ★★★
激辛   ★★★★

大盛(300g)+100円
特盛(400g)+200円
上記の値段をプラスすれば麺の増量も可能です。
その際は現地で割増分の差額をお支払いください。


共同購入クーポンPREMINOW(プレミなう)
kaneo56 at 21:25|この記事のURLComments(0)

2010年10月20日

クーポン共同購入(事前購入型)サイトPREMINOW(プレミなう)

クーポン共同購入(事前購入型)サイトPREMINOW(プレミナウ)

今大井町の焼肉屋をやっています!

kaneo56 at 13:06|この記事のURLComments(0)

2010年04月21日

テスト1アドランティス⇒OPENX(JCBカード枠のソース)


kaneo56 at 18:47|この記事のURLComments(0)

2010年03月16日

test







kaneo56 at 20:23|この記事のURLComments(0)

2009年01月28日

2007年10月10日

ブログの引越しをしました!!

ブログの引越しをしました。
新しいブログはコチラです。
新しいインターネット業界波乱万丈記
kaneo56 at 12:54|この記事のURLComments(0)

2007年01月17日

ダーウィン賞

ダーウィン賞!―究極におろかな人たちが人類を進化させる






Web担当者 現場のノウハウ Vol.2


kaneo56 at 14:18|この記事のURLComments(0)

2006年07月29日

グーグル、「Google Maps for Mobile」を発表

米Googleが米国時間7月25日、モバイル端末向けのサービス「Google Maps for Mobile」のBETA版を公開した。このJavaアプリケーションを利用すると、ユーザーは地図上で交通情報をリアルタイムで確認し、到着時間などの計算に利用することができると、プロダクトマネージャーのGummi Hafsteinsson氏は述べる。

 さらにユーザーは、同アプリケーションに、自宅や職場などの位置情報や、頻繁にドライブする道順を登録することができるという。またモバイル端末の小さな画面にあわせてコンテンツをカスタマイズできるように、モバイル版「Personalized Homepage」では、PC利用時とは異なるコンテンツをモバイル端末で表示できるようになったとHafsteinsson氏はいう。
CNETJAPANより
kaneo56 at 10:10|この記事のURLComments(0)

NTTドコモ、モバイル検索サービスでGoogleとも連携

NTTドコモは7月28日、10月より開始する予定のモバイル検索サービスにおいて、Googleとも連携することを明らかにした。これにより、合計10社のサービスがiMenuから利用できるようになる。

 この検索サービスはiMenuのメニューリスト上に検索ボックスを設置し、ユーザーがキーワードを入力すると、公式サイトを対象とした検索結果と、ドコモが連携する検索サイトへのリンクを表示するもの。リンクをクリックすると、入力したキーワードをそのまま利用して一般サイトを検索できるようになる。

 ライバルのauはすでにGoogleと提携したサービスを開始している。ドコモは複数の検索サービス事業者と組むことで、ユーザーに選択肢を提供する考えだ。なお、NTTドコモ執行役員プロダクト&サービス本部マルチメディアサービス部長の夏野剛氏は、「我々は常にオープンだ」として、連携する検索サービスの数を増やす考えを示していた。
CNETJAPANより

NTT東西がエキサイトに出資--NTT東は伊藤忠に次ぐ大株主に

エキサイトは7月28日、NTT東日本およびNTT西日本とのパートナーシップを強化し、事業上のシナジー効果を促進するために、両社を割当先とする第三者割当増資を実施すると発表した。

 今回の割当増資における募集株式数は普通株式4700株、払込金額は1株につき42万3700円で、払込金額の総額は19億9139万円、増加する資本金および資本準備金の額は9億9569万5000円となる。払込期日は8月14日の予定。割当株式数は、NTT東日本が3100株、NTT西日本が1600株となっている。

 エキサイトは、売上増や新規事業によって運転資金需要が増大しており、増資による強固な財務基盤を確保することで、積極的な収益機会への挑戦を継続していく考え。今回の増資による資金は、割当先であるNTT東日本およびNTT西日本との協業における事業資金として活用するとともに、運転資金や新サービスの開発、M&Aなどの戦略的投資に充当するとしている。

 なお、増資後の大株主順位および構成比は、第1位が伊藤忠商事で59.04%(3万5794株)、第2位がNTT東日本で5.11%(3100株)、第3位が日本マスタートラスト信託銀行(信託口)で2.93%(1777株)、第4位がNTT西日本で2.64%(1600株)となる。
CNETJAPANより

米「ユーチューブ」、日本の視聴者急増 「ギャオ」を逆転

米国の動画投稿サイト「You Tube(ユーチューブ)」を日本国内から視聴している人の数が急増している。

 民間調査会社のネットレイティングスによると、5月は前月比約150万人増という異例のペースで伸び、月間の視聴者数が約410万人に達した。USENの無料ネット放送で人気の「GyaO(ギャオ)」は約380万人だったため、視聴者の数では動画専門サイトのトップに躍り出たとみられる。日本でも同様の動画投稿サイトが続々と登場しそうだ。

 ユーチューブは昨年2月に米国で設立されたベンチャー企業。一般から投稿ビデオを募って利用者で共有し、ネットに接続できれば誰でも無料で視聴できるサイトを運営している。

 キーワードで検索するだけで好みの映像を視聴できる手軽さから視聴者が急増。サイト開設からわずか1年余りの今年3月に、米国では月間約800万人の視聴者を有するまでに成長した。

 同社によると1日に約3万5000本の新たなビデオが投稿され、毎日約4000万本のビデオが視聴されているという。

 日本からの投稿ビデオも多いことから人気を呼び、ネットレイティングスによると、日本の家庭からのアクセスだけで、昨年12月に月間20万人だった視聴者数が、今年3月に約10倍の212万人、5月には400万人を突破した。

 一方のギャオは昨年4月にサービスを開始。6月には視聴登録者数が1000万人を超え、日本最大の動画サイトに成長した。しかし、ネットレイティングスの調査では家庭から実際に視聴している人の数は5月時点で約382万人とユーチューブに逆転されている。

 ギャオは人気映画やドラマなど、自主制作を含みUSENが用意した映像を動画広告付きで無料放送するビジネスモデルのため、投稿映像を主体とするユーチューブとは事業内容が異なるが、動画サイトという意味では米国のサイトが日本で最も利用者が多いという状況となった。

 しかし、ユーチューブは、個人などが制作したオリジナル映像ばかりではなく、明らかに著作権侵害の違法映像が多いことも視聴者を増やしている大きな理由。違法な映像を掲載されたNHKなど放送局は、著作権侵害が確認され次第、映像の削除をユーチューブ側に依頼しているが、すぐに新たな違法映像が投稿されるといういたちごっこが続いている。

 米では音楽共有サイトのナップスターが著作権侵害で提訴され敗北した経緯があり、ユーチューブが今後も順調に成長を続けられるかは微妙。ただ、ユーチューブは米テレビ局NBCと番組プロモーションで提携するなど、新たなビジネスモデルも模索している。

 いずれにしろ急速な視聴者数の伸びを受け、日本でも同様の動画投稿サイトを立ち上げる動きが活発化。フジテレビジョンが13日に「ワッチミー!TV」という動画投稿サイトを開設するほか、インターネット広告代理店のサイバーエージェントもブログ(日記風ウェブサイト)サービスに動画投稿機能を設ける。今後のUSENの動向も注目されそうだ。(
CNETJAPANより