先月末から先週土日と、併設美容室では成人式の振袖や、可愛らしい七五三の前撮りで大賑わい♪ 沢山のお客さんの、着付&ヘアセットメイクのお手伝いをさせて頂いているんだコマ~! その素敵なきもの姿をご紹介したいのですが、その前に急ぎのご案内を。ではここからは三代目にバトンタッチ!

20.10.07misonoza1jpg

 はい、相変わらず自撮りに慣れない三代目です。どうしても早く伝えたかったこととは、御園座さんで現在公演中の『錦秋御園座歌舞伎』。一年ぶりに御園座へ歌舞伎が帰って来ましたよ~!!! そしてまた、その内容というか工夫の凝らし方が、『今、できることを精一杯』という姿勢でとっても素晴らしいんです☆

20.10.07misonoza6

 今回はこのコロナ禍での上演ということで、役者さんの数を抑えたとってもシンプルな演目に。その分、値段もグッと抑えてA席で¥9,000と、破格の値段なんです。普段は諭吉さんが2枚出ていくので、半額以下とかなりのお値打ちさ。しかも学生さんに至っては¥3,000と、「原価割れてるでしょ~!!!」と言いたくなるお値段で楽しめるのです。さらに、コロナ対策もバッチリ♪

20.10.07misonoza4

 席を1つづつ空けての観覧が楽しめるのです。しかも、全席の下に換気口があり、空気の入れ換えも完璧。実際に座ると隣を気にしなくて良い分、とっても快適でした♪ これをビジネス的に考えると、正直とっても痛いと思います。だって売上が半分のさらに半分、ですもんね。それでも「名古屋の歌舞伎の火を消さない!!!」という、御園座さんの気概を感じました。

20.10.07misonoza5

 その痛いと言えば、長時間座って観劇することからくるお尻の痛さ。でも、御園座さんの場合はエアウィーブの別注座布団が、なんと全席付いています。なので、そのお尻の痛さとも無縁なのが嬉しいんです♪

 今回の演目はそのように売上が少ないので予算を掛けられない分、工夫をめっちゃ凝らしてます。まず1幕目は尾上菊之助さんの女形の魅力を楽しめる、地唄の一人舞踊で魅せます。そして、2幕目は尾上右近さん&中村萬太郎さんの交代制での、『歌舞伎のみかた』案内。これが出色の出来栄えでした♪

 歌舞伎の用語の解説から、普段スポットライトの当たらない裏方さんの仕事ぶりを見せる内容に、にわかファンの三代目にとっても学びが盛り沢山。「歌舞伎に興味あるけど、敷居が高そうで~」なんて躊躇してる方は、ゼッタイに観た方がイイ!と言える内容です。特に三代目が観た若手歌舞伎界随一のイケメン、尾上右近さんの解説は、その『らしさ』が全開で一気にファン度が加速しました~♡

 そして三幕目はその右近さん演じるお坊さんのコミカルな演技を楽しんだ後に、クライマックスの連獅子へ。ザ・歌舞伎といえる、獅子がたてがみを振り回す『気振り(けぶり)』を堪能させて頂きました。尾上菊之助さん&中村萬太郎さんの豪快な気振り、ゼヒ生で観てくださいね♪

20.10.07misonoza2

20.10.07misonoza3

 お客さんが定員の半分以下と少ない割には、きもの姿の方が結構みえたのが嬉しかったです。やっぱり、歌舞伎はきもので観ると気分も段違いですからね♪  興味を持たれた方はゼヒご予約を。千秋楽は今月18日(日)までと、あと10日間ほどです。この今でしか味わえない貴重な歌舞伎をゼヒ楽しんでくださいね♪

 そうそう、ホントは三代目は一人で楽しむより、お客さんと一緒に楽しみたいんです。今回は残念ながらこのコロナ禍のため、お誘いするのを諦めちゃいました。「せっかくなら一緒に楽しみたい♪」という方は、是非ゼヒご連絡を。「どうしても土日でないとダメ~」という場合も、遠慮無くご連絡くださいね。「お客さんからのリクエストなんで♡」と、土日も歌舞伎を楽しめる日を待ってまーす(笑)

↓ご来店の予約&お店の詳細はココをクリック:きもの和楽かね宗HP