以前のブログでご紹介しました、地元ケーブルテレビ局のキャッチさんの特別番組『池上彰と考える 地域のミライ』に三代目が本日出演したんだコマ~!ではココからは三代目にバトンタッチ!



 はい、池上彰さんがてっきり総合司会を務めるのかと思っていたら、ふかわりょうさんが司会でビックリした三代目です。「え~っ!」と最初は思いましたけど、めっちゃ良かったし面白かったです。ふかわりょうさん、見直しました!って、なんで上から目線なんだ&そこじゃない!って話ですね(笑)。

21.03.21ikegamiakira2

 今回は『シリーズ 地域の今 コロナ禍を生きる』に出演した、30社50名がzoom(ビデオ会議アプリ)で池上彰さんと地域のミライを考える、という内容です。その内容も産業や教育、そしてこれからの未来についてなど、この西三河を幅広い視点から捉えて見直されていて、参加しながら「そうなんだ~!」と、とっても学びになりました!

21.03.21ikegamiakira3

 その映像を見た後、最後にリモート参加者に取った事前アンケートをふまえて、今の想いをフリップに書く、というコーナーがありました。

21.03.21ikegamiakira4

 ちなみに、三代目が書いたのがコチラ↓

21.03.21ikegamiakira5

 「不要不急は控えてください」という言葉を聞かされ続け、不要不急産業の代表のようなきものを扱う自分たちは「どうすればイイんだ!」という、切実な思いから考えた続けた言葉を書きました。特に緊急事態宣言下では、お店を時短&自粛営業しながら、「お客さんが買ってくれている価値ってなんだろう?」と考えていました。

 今ではその自分たちが提供する&提供したい価値は、『自分や大切な家族を喜ばせたい、という想いに応えるきもの&機会を提供する』、と思っています。やっぱり、人は自分の人生を楽しみたいし、自分の大切な人を笑顔にしたいですからね。

 そして続けて伝えたかったのが、『このコロナ禍で人は本当に大切なモノは何かを考え、大切じゃ無いモノは選ばれなくなった』ということです。つまり生活に本当に必要なモノや大切なモノは買うけど、どうでもイイ中途半端なモノはもう買われない、ということです。きものというモノを通して、人生にヨロコビを感じて頂けなければ、もう自分たちは必要じゃ無いので成り立たない、退場しないといけないと考えています。

21.03.21ikegamiakira6

 この数字は、まさにそういうことなんだと思います。そんな現実もふまえながら、今日ご一緒させて頂いた皆さんや、池上彰さんが提言されていたことから学んで、より喜ばれるお店に成長していきたいと考えています。

 と言いたかったのですが、実際はふかわりょうさんに当てられた時に考えがまとまらず、あわあわ&噛んでうまく答えられなかったのが実際です(汗)。そんな三代目のコメントがカットされなければ放映されるカモ、ですよ(笑)。

21.03.21ikegamiakira1

 この特別番組は3月31日(水)の20時30分から放映です。是非、西三河地域の素晴らしい方の取り組みと共に、三代目のあわあわ&カミカミっぷりも合わせてご覧くださいね。きっと、地域のミライに希望が湧く番組ですよ♪

↓詳しい内容はキャッチさんの特別ページをご覧ください!
https://www.katch.co.jp/ex/chiikinomirai/

ご来店予約&お店の詳細はココをクリック:きもの和楽かね宗HP