2019年12月14日

山峡の集落 

2019.12月 数年前の屋敷地域の写真を題材として水彩で描いてみたい
2019.12.14屋敷集落トリミング
2020.01.11
DSCN5098

続きを読む

2019年12月08日

霧の物語山を描く

令和元年12月3原色のみで挑戦する .下塗り―明暗を付ける工程まで進んだが、もう少し近景の明るさを抑えようかな。
DSCN5039 (2)
2019.12.14 これで筆を止めようかな。
2019,12.13水彩画きりのの物語山一応の完成画

2019.12 日向野 惇先生のアドバイスを頂き完成させた。


2019年10月22日

河川源流域

着彩最終段階に
DSCN4780

kanetaka2 at 03:29|PermalinkComments(0)水彩風景画 

2019年09月28日

鏑川源流域

今回も過去の紅葉の時期の写真を元にとに川の源流域の風景を描きたいと思う。2019.09.28
IMG_6357
下塗り10月7日
DSCN4713
10月11日
DSCN4752
10月17日
DSCN4763

kanetaka2 at 20:02|PermalinkComments(0)水彩風景画 

2019年09月12日

鏑川(本宿)

流れは大水が出る度に景色が一変する。
これは2018.11.12の景色。この日の写真を参考にして絵にした。
DSCN4651
続きを読む

kanetaka2 at 03:28|PermalinkComments(0)水彩風景画 

2019年06月30日

彼方此方細かいところを手直し

思っていたよりつまらない絵になりそうだが、意外と早く最終段階に来た。
DSCN4422
試行錯誤
DSCN4423


kanetaka2 at 08:20|PermalinkComments(0)水彩風景画 

2019年06月16日

今年のサツキ

DSCN4379
ここの二本、昨年の刈込のタイミングが良かったみたいです。

kanetaka2 at 03:49|PermalinkComments(0)

2019年06月13日

水彩画「奥入瀬渓流」

結婚40周年の記念に訪れた「奥入瀬渓流」の写真を元に書き始めています。この絵のテーマである渓流の水しぶきの表現で滞っています。
DSCN4361DSCN4393
どうどうと言う水の音が聞こえるような表現にしたいのですが、実力以上のテーマなので毎日眺めては試行錯誤の毎日です。でもそれが愉しめる様になってきました。

kanetaka2 at 11:02|PermalinkComments(0)水彩風景画 

2019年04月23日

こだわりの水彩画

どうしても筆が収まらない。
2019.04.22DSCN4166

kanetaka2 at 05:11|PermalinkComments(0)水彩風景画 

2019年03月31日

雪景色

2019.04.14着色中の水彩画「山峡の里春未だ遠い」一応の完成とする
2019.04.14+山峡の春未だ遠い
2016.03.16 この年 山峡(やまかい)の集落に春はまだ遠かった。 
2019.03.29
DSCN4019 (1)
2019.04.8
未だ何か物足りない。もう一点ポイント 近景に一色が欲しい。

2019年01月31日

次に描きたい本宿の景色

自分のキャリアでは難度が高すぎるが、だからチャレンジの価値があると思い2〜3か月かけて自分のレベルなりに纏めてみたい。チャレンジスタート・・・・・・。
2016.03.11春の雪景色044
2019.01.31次に描きたい絵のコンテ春の雪景色DSC_0796
DSC_08152019.02.07
2019.03.17
DSC_0825まだじかんがかかりそううです。



続きを読む

2018年12月07日

丹生湖の草紅葉

>DSCN3514湖底の草紅葉
2018.10.06

DSC_0383
このスケッチを着色してみた。暇を見てこれから色を重ねてゆく津守。

DSC_0496丹生湖の草紅葉スケッチの着色開始

2019.01.09丹生湖の草紅葉着色3
中景の家並みにマスキングをし、湖底部分に薄く色を置く2019.01.09今日はここまでで乾かす。
DSC_0717
2019.01.20丹生湖の草紅葉完成最終DSC_0776
中景の家屋に着色して細部の手直しをして一応の完成といたい。2019.01.20
(ここまで描くのに)随分と楽しんだ)

kanetaka2 at 05:01|PermalinkComments(0)周辺景色 | 水彩風景画

2018年11月29日

燃える秋

今本宿は一歩往還に踏み出すと燃えるような秋たけなわです。
DSC_0286DSC_0285
DSC_0282
これは和見峠の黄葉です。
DSC_0216


kanetaka2 at 04:52|PermalinkComments(0)宿場の景観 | 双渓堂

2018年11月22日

今年の紅葉2

松木下(子供のころ、ここはこう呼ばれていてこの大きい岩はもっと根元まで見えていて水量もこの数倍あり大勢の子供の水浴びの場所だった。この岩を見ると賑やかな子供たちの声が聞こえてくる。今はこの呼び名を知る人はほとんど居なくなった。双渓堂の松は樹齢200年弱と推定され、飛竜の松と命名され双渓堂の屋根越しに見える見越しの松。数年前に枯損の為伐採されて今は無い。又ここは落合とも呼ばれていて向かって右側からは矢川川、左側からは市野萱川が合流していて現在ではここから西牧川と呼ばれている。(ブログ「かねさんの本宿フォトらいぶらりー」参照)双渓堂の名前はここに由来する。
DSC_0085DSC_0089

鏑川上流の黄葉
20181111_202417

kanetaka2 at 05:06|PermalinkComments(0)宿場の景観 | 双渓堂

2018年11月13日

今年の紅葉-1

道端で見つけた高立地区の紅葉  妻と長男

DSCN3734
DSCN3737

kanetaka2 at 11:40|PermalinkComments(0)周辺景色 

2018年11月09日

二階から今年の紅葉を見る


久しぶりに今年の紅葉がきれいだ。スマホで撮影した

DSC_0028二階から今年の紅葉2DSC_0027二階から今年の紅葉1

kanetaka2 at 16:44|PermalinkComments(0)双渓堂 | 宿場の景観

2018年11月07日

水彩画双渓堂

DSCN3697水彩双渓堂最終手直し済
少し手直しを加えて、今はこれまで、これ最終稿。
色々と学習し、楽しめた一枚だった。さて、次は・・・・・

kanetaka2 at 07:44|PermalinkComments(0)水彩風景画 | 双渓堂

2018年10月26日

今はこれまでかな

DSCN3664色々とやってみたがこれまでかな.でも何か物足りない。


kanetaka2 at 14:35|PermalinkComments(0)水彩風景画 

2018年10月24日

陰影をつけた

DSCN3616

陰を付け色を濃くして見た

まだ何処か足りないなー、数日経ってから今一度見てみよう・

kanetaka2 at 13:24|PermalinkComments(0)水彩風景画