遅ればせながら、一応張っておきます。

NHKニュース 去年の殺人事件 戦後最少に 1月15日 6時26分


殺人事件が戦後最少に 刑法犯7年連続減少 警察庁MSN産経ニュース 2010.1.15 05:00
殺人が戦後最少を更新 昨年、コンビニ強盗最多【共同通信】 2010/01/15 05:02

2年前に
平成19年(2007)の殺人発生数は戦後最低
殺された人の数で、
マスコミは警察発表を右から左に流しているだけで、この程度のことも警察が発表してくれないと気付いて記事にする能力がないと記しましたら、マスコミもそれくらいの能力はあってニュースバリューがないから取り上げてないだけだという方々が何故だかいっぱい涌いてきましたが、16年ぶりに記録を塗り替えたこの時よりもさらにニュース価値がなくなった今年になってこういう記事を出したことで私の云うことが正しいとさすがに皆様にもご理解いただけるかと思います。
いまだに記者クラブを開放せよだとか、検察リークがどうしたなんてことを云ってる方がいますが、記者クラブに情報なんてありません。一次情報は各役所や企業が誰でも見れる場所にほとんど出してまして、それを見て分析すれば既存のマスコミなんて簡単に出し抜けます。
たとえば、私の呼びかけに応えて年齢別の自殺統計をアップしてくれた方がいますが、これを分析すれば、既存マスコミの報道がいかに適当なものかが判ると思います。
まともな就職先のないポスドクの方々なんかはこういう分析を次々と発表すれば就職活動として非常に有効だと思いますからどんどんやっていただければ。こういう時代に、専門教育を受けた人が大量に野に放たれているというのは、メディア変革の起爆剤になるはずなんですが、いまのところあんまり生かされてないのは惜しいことです。
とにかく、既存マスコミの調査能力、分析能力のおそまつさは想像を絶するものですから、簡単に凌駕できます。こんな低レベルの相手を凌駕できないようでは、あなたは研究者としても見込みはありません。
既存マスコミ批判なんかやってる閑があるなら、自らどんどんやっていただければ。

天声人語とかいうおもしろコラムが話題になってるみたいですが、これのポイントは「警察庁によれば」ってところで、新聞というのはこの程度のことも人に教えてもらわなければ判らない人々が書いてるわけでして、彼らは情報の消費者に過ぎません。情報というものは自ら生み出していくものです。
毎日新聞は同じニュースでコンビニ強盗:昨年46%増 景気悪化影響かという見出しをつけています。
これなんかまだしも自分で情報を生み出していると云えますな。この程度ではどうしょうもありませんけど。


追記
コメントいただいて、マスコミ陰謀論について書くのを忘れていたことに気付きました。
マスコミは真実を知ってるのに、金儲けのためにわざと治安が悪化しているように煽っていると云う人がいますが、まったくの間違いで、買いかぶりです。
マスコミの人たちは警察発表を聞いてほんとに凶悪犯罪が増えたと驚いて世の中を憂えてそういう記事を書いてるのです。天声人語や毎日の妙な見出しも、深い考えあってのことではなくて、殺人が減ってると初めて聞いて、状況がうまく飲み込めてないだけなんです。
ようするに、新聞記事なんてのは、そのへんのおっちゃんおばちゃんとまったく同じ素人が書いてるのです。
治安が悪化してると思い込んで世の中を憂えてるそのへんのおっちゃんおばちゃんに今回のニュースを教えてあげてみてください。天声人語や毎日とまったく同じ反応が返ってくるはずです。
記者クラブというのはそういう一時資料を読み解くことのできない素人が理解できるように噛み砕いて説明してもらうための場に過ぎません。もっと詳しい情報は別のところで公開されています。
懇切丁寧に説明されても素人記者の理解力がおよばずに間違えて書く場合が多いですし、さらにまずいことに記者クラブで説明する官僚のほうもあまりよく判ってないことが結構あるのです。たとえば、簡単な例では2007年の殺人事件が戦後最低だったことに気付いていなかったとか。ですから、誰かが一時資料を探してきて分析する必要があるのです。
記者クラブなんか入ってもなんの意味もありません。素人が手を抜いて記事を書くには便利なので手放したくないというだけのことで、ほんとに情報を知りたい人はあんなとこ行っても時間の無駄です。