看護師求人の医療21ランキング

老健の半数 救急増 急患受け入れ困難で調査

琉球新報 2月14日(月)10時10分配信

本島南部の救急病院で病床満床のため、救急搬送受け入れが難しくなったことを受け、県老人保健施設協議会(平良直樹会長)は、救急搬送について緊急調査し、13日までに結果がまとまった。施設からは「高齢化、医療ニーズの高い利用者が増えている」などの指摘があり、回答した24施設中12施設が「救急搬送が増えている」と考えていることが分かった。
 背景には「ついのすみか」といわれる特別養護老人ホーム(特養)が満員だったり、療養病床削減の影響で、本来は短期入所で在宅復帰を目指す老人保健施設(老健)が重症化した人を受け入れざるを得ない状況があるとみられる。
 1月の1カ月間に救急搬送した回数は93回で、1施設当たり3・9回。救急搬送した理由は血液中の酸素の濃さを示す「酸素飽和度」の低下が25件と最も多く、発熱が19件、誤嚥(ごえん)性肺炎疑い9件、意識レベル低下7件などだった。
 救急搬送が増えたと思う理由は高齢化など以外に「急変時の対処で急性期病院での治療を望む家族が増えている」「90歳以上が増え、複数の疾患を抱えていて、重篤になりやすいから」などの意見があった。
 そのほかにも「みとりを行っていないため、急変時は救急搬送となるケースが増えつつある」「夜間は1人になる看護師の体制上、施設では対応できず、救急搬送している」などの声もあった。
 平良会長は「老健は病院と家の中間施設と位置付けられ、安定期に入った高齢者の在宅復帰が目的だったが、最近では特養ホームに入れないため、利用者の重症化が見られる」と説明している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000003-ryu-oki

ドクターヘリ:県、きょうから運航 岐阜大で記念式典 /岐阜

毎日新聞 2月9日(水)11時59分配信

 県のドクターヘリの運航開始を記念する式典が8日、基地病院の岐阜大付属病院で開かれた。ドクターヘリは9日午前8時半から運航を始める。
 県によると、ドクターヘリは川崎式BK117型。7人乗りで、最大で傷病者2人を載せたストレッチャーを搭載することができる。巡航速度は毎時200キロで、岐阜市から高山市まで約30分で飛行する。機材も積んでおり、医師や看護師が現場ですぐ治療を始められるという。県防災ヘリの救命搬送に比べて準備に時間がかからず、現場到達が20分ほど早くなるという。
 式には古田肇知事や岐阜大の森秀樹学長らが参加。岐阜大付属病院のヘリポートで、ヘリを背にテープカットに臨んだ。小倉真治・同病院高次救命治療センター長は「面積が広く山間部の多いこの県で、ドクターヘリは大きな恩恵をもたらすだろう。運航開始はうれしいが、責任も感じる」と話した。【岡大介】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110209-00000042-mailo-l21

育児休職後の復職もサポート 奈良市で看護職就職フェア

産経新聞 2月6日(日)7時59分配信

 県内での病院勤務を希望する看護師や看護学生を対象にした「看護職合同就職フェア」が5日、奈良市の県文化会館で開かれた。参加者は、各ブースで県内の22法人25施設の担当者と勤務内容や採用条件について真剣に話し合っていた。

 今春卒業予定の看護学生や、出産などで現場を離れて復職を目指す看護師らの就職をサポートするのが目的で県看護協会が4年前から実施。

 2人の子供を連れて訪れた奈良市秋篠町の女性看護師(38)は「結婚を機に九州から奈良に来ました。県内の色々な病院を知ることができて参考になりました」と話していた。

 看護現場で働く人を確保するには「離職を防ぐとともに、出産や育児を抱える就職希望者への復職のサポートが大事」(県医療政策部担当者)といい、院内託児所の充実などを目指しているという。

 同協会の寺川佐知子会長は「フェアが1人でも多く就職できるきっかけになれば」と話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110206-00000014-san-l29

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ