●看護士の転職相談

看護士になっても転職希望ありますよね? そんな相談なら、中途でも求人募集のある 看護士の転職情報をご紹介します。

看護士の転職相談後の業務

転職した後に看護が業務ではあるが診療補助として、医師の
指示の下に、医師の診療上の補助をおこなうことが法律上
認められている。

具体的には、採血や薬剤の投与、日常生活の援助である。
心電図・脳波測定・超音波・肺機能検査 などは法律上行うことはできるが、専門知識が必要なため通常は検査技師の業務である。


転職後病院など救急救命センターは、病棟ごとに配置されている
ナースステーション(詰所)であり、コール(呼出)がかかれば
出動する仕組みとなっている通常24時間交代勤務である中核を
担う病院では、違う病棟から応援に来たり、相談救命に回ったりする。

テレビドラマの影響か、転職希望が多く、相談も多発。^^


 独自の救急車を所有している場合転院搬送などのため救急車
やヘリで輸送業務をおこなうことがある。
そういった病院への転職希望の相談も最近多くなっている。

また夜勤など体力的にきついなどの相談理由で開業医院で働いたり、
検診や介護現場で働いたり、転職も多く海外協力などその働き場は、
多様である。

看護士の転職相談などでの概要

日本において看護師は、法的には「厚生労働大臣の免許を受けて、
傷病者若しくはじよく婦(褥婦(じょくふ)/出産後の女性)に対する
療養上の世話、又は診療の補助を行うことを業とする者」と
保健師助産師看護師法(略称「保助看法」第5条)に定められている。

転職の相談においても、まだ理解していない人もたまにいる。

また日本には准看護師(じゅんかんごし)の免許があり、法・制度的
にみた看護師との違いとしては、准看護師は知事免許であり
国家免許ではないこと、看護業務を医師、歯科医師または看護師の
指示を受けて行なう(保助看法第6条)ことがあるが、それ以外の
職務内容等については特に看護師との違いや規制は設けられていない。


そのため転職相談でも、条件の違いがあり、准看護師が看護師と
ほぼ同様に看護業務を行っていながら、給与等に違いが生じている
という実態が知られている。

同法第31条において、医師、歯科医師、看護師・准看護師以外の
者が看護を行うことが禁止(業務独占)されており、同法第42条の3
では「看護師」や紛らわしい名称を用いることが禁止されている。

転職の際にも、そういった相談も含めてプライバシーや、
また同法第42条の2では「正当な理由がなく、その業務上知り得た
人の秘密を漏らしてはならない。」と守秘義務が課せられている。


 看護師の養成教育(看護教育)は、これまでは看護専門学校で
中心的に行われてきたが、近年は医療の高度化や看護職の地位
の向上などを背景に4年制の看護学部や医学部保健学科が
転職相談も増えてきており、2007年4月現在で看護師養成教育機関
の定員の32.5%は4年制大学での教育を受けており、[1]、今後は
さらに大学を卒業した看護師が増えるものと考えられる。




看護師とは・・・転職相談もあり

看護師(かんごし)とは、医療、保健、福祉などの場において
以下の事柄を行う医療従事者の呼称である。

医師等が患者を診療する際の補助
病気や障害を持つ人々の日常生活における援助
疾病の予防や健康の維持増進を目的とした教育

現代では、看護師の業務を行うためには、多くの国でその国が定めた
看護専門学校や看護大学等の養成課程における基礎看護
教育を受けた上で国家試験等の資格試験に合格し、看護師免許を
有している必要がある。これは転職の際にも有利である。


日本国においては、2002年3月以前まで法律上、女性を看護婦
(かんごふ)、男性を看護士(かんごし)として区別していた。
また転職の相談も増えてきた。

詳細は、名称変更を参照。 女性の看護師が、「看護婦」と呼ばれて
いた時代には「白衣の天使」という別名があった(ナースキャップ、
衣裳、靴、ストッキングのすべてが白色だったことから)。

現在は白衣高血圧が懸念され始め、色んな相談により次第に
全身白をまとった女性看護師は見られなくなった。

現在は、おもにストッキングを肌色や黒にするなど白衣高血圧を
引き起こさないための工夫がなされた。

転職先においても、薄いピンクや、緑色の服があり、
白色でダサいという相談もなくなった。
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

看護士の転職相談ならココ!

QRコード
QRコード
お勧め!
タグクラウド
  • ライブドアブログ