木屋のガネ

夏、日が暮れると道路は歩行者天国。アカテガニのねぇちゃんやベンケイのにぃちゃんで路上は真っ黒になった。 今は道路など恐ろしくて歩けん。 でも、木屋を守り孫子を残してやる。ず〜と ずっと              

星のない観察会観天望気で一抹の不安を持ちながら、近代機器情報に負けて決行し、大失態をやらかしてしもうた。ごめんなさい。

お知らせ
5月27日(金)開催の初夏の星空観察会は天候の都合により、一日延ばし5月28日(土)午後7時開催とさせていただきます。
地方気象台にご相談したところ、26日夜、日本海にある前線が27日には四国南部に移動する。28日は北西の高気圧に押されて更に南下するので27日に較べて雲の層は薄いと解析してくれました。
添付図(ボートルスケール)に示されているように、第4展望台はクラス2(代表的な真に空が暗い土地)に位置しています。この場所で少しでも良い条件で観察し楽しんでいただきたく、延期させていただきました。
尚、今回は阿南高専さんが協力団体として加わってくださり、先生方が会場に望遠鏡を持ち込み星観察等の指導にあたってくださいます。
以上 お知らせいたします。

星空観察会
南阿波サンラインの第4展望台で惑星や球状星団の観察会を行ないます。今回は、日没から始めます。フルート演奏を聴きながら星空を眺める。いまから想像してみてください。

魚食PR
牟岐町あわび祭りに岸壁釣り体験受入れ・タッチングプール開設で参加。一人でも魚ファンが増えればと、釣った魚を焼いてあげて食べてもらったり、焼いた干物を試食してもらった。頭をとってあげると食べてくれる。ちょっと侘しいね。

できました
やっと できました。うみの木「千年サンゴ」の魅力、千年サンゴと活きるまちづくり協議会の活動を発信していくために、ホームページを開設しました。ご覧ください。
https://www.sennensango.com

戻る
むぎ・てばアート展、イベント「さんごちゃんと遊ぼう」は元気なお子さんがいっぱい集まってくれて、大きな声で「さんごちゃんの歌」を唄ってくれた。なんか励まされて終ったアート展でした。展示品を撤収し田んぼの畦道
に座って五剣山を眺めています。これで気持ちが戻るんです。

最終イベント
牟岐・出羽島アート展はあと4日で終わります。ここに来てインフレンザーが流行り、最終イベントも困ってしもうた。

3月はきつい!
岩瀬さんの講演会」おかげ様で沢山の方に聴講していただきました。ありがとうございました。大島には千年サンゴだけではなく「次の千年サンゴが、こんなに在る」聴く人すべてに希望とロマンを与えてくださる講演会でした。このあと3月は20日のビーチクリーンアップ、25日さんごちゃんと遊ぼうとイベントが続きます。3月はきつい!。

千年サンゴの講演会
なぜ千年サンゴが大事なのか。 ただ大きいだけが大事なのではない。大きいサンゴが私達に教えてくれるものの話を四国海の生き物研究室代表岩瀬文人氏が解り易く、楽しく解説してくれます。狭い会場ですが是非どうぞ。

いっぱい
昨日開催いました「千年サンゴdeトークショー」狭い会場がいっぱいになりました。皆様のご協力に感謝です。

↑このページのトップヘ