かにまるの研究室

たのしいことしたいですね

こんにちは、かにまるです。
タミヤのM5A1 を可動化する記事なんて久しく書いていませんでしたが、リモコンが完成したのでとりあえず記事書いときます。

C63aWHbU8AAVuil
ケースの穴あけ
ケースはテイシンのTB-54を使いました。
C60H29_U0AEKFbt
C60H3oEU0AAZGyK
中の基板はこんな感じ。左の緑色の基板は秋月で買ったステップアップDC-DCコンバータです。
あとはArduino化した328PとTweliteDipが載ってます。
C64U2NEVoAEekot
ケースに部品を付けたところ。ジョイスティックはaitendoで買ったものです。
C64XRfuV4AAkOu3
Tweliteのアンテナがちょこんと出てます。

リモコンの方はこんな感じになりました。リモコンに関しては以上です。
NT京都2017(3月19日)に出展予定なので見に来ていただけると嬉しいです。
おわり 

こんにちは、かにまるです。
いきなりですがTweliteでシリアル通信をしようと思ってた時に引っかかったところをメモ代わりに書いておこうと思います。 
当然のことですが送信側、受信側で2台、Tweliteが必要になります。Bluetoothでも同じようなもんですね。でも今回はTweliteです。

シリアル通信なのでモノワイヤレスのページからシリアル通信のアプリをDLして、Twelite用プログラマでTweliteに書き込みます。(Twelite R(トワイライター)を使う場合なら別ですが、Twelite RもFT232R(FTDIのUSBシリアル変換IC)が載ってるだけですので、秋月のこういうのがあれば書き換えできます。あとタクトスイッチをジャンパワイヤが必要かw)
それから、TeraTermを使い、シリアルポートを選択してOKを押します。設定から、シリアルポート設定→ボーレートを115200に設定、+を3回押してインタラクティブモードに入ります。 
無題
自分の場合はこんな感じに設定。
親機の方なのでデバイスIDは121(親機)に設定。ボーレートは38400に、UARTモードはD(プロンプト無しチャットモード)に、他にトリガー文字の設定で無入力タイムアウトの時間を10msに変更しました。
特に、無入力タイムアウトに関して
> 無入力タイムアウト:0なら無効、10-200 を指定します。あまり小さい値を指定すると、1バイトごとにタイムアウトするようになりますので、十分な時間を設定してください。
モノワイヤレスのページに書いてあるので、注意が必要ですね。自分の場合はこれでいけました。

あと、ボーレートの設定はTweliteDIPだと20番ピンをGNDに落とさないと有効にならないので注意が必要ですね。
とはいえこの記事のことはモノワイヤレスのページに全部書いてあります。自分が見落としていただけでした。

というわけで、備忘録的な記事でした。おわり。

どうも、かにまるです。ほぼ一での更新ですが今月は2回目ですね。
今回はタイトル通りの記事です。3Dプリンタ買っちゃいました。
3Dプリンタといっても安い中華モノです。RepRap prusa i3のクローンですね。
フォロワーさんにこの機種を教えてもらって、アリエクで購入しました。ありがたい。
自分はP802QSAを購入しました。オートレベリングのセンサと500gのフィラメントが2つついてます。
中華製ということを踏まえて買うべきですね。シャフトの長さとか、穴の場所とかがちょっとずつ違います。ワッシャとか先に買っておくといいと思います。てか必要です。
とりあえず組み立てに必要なもの
・M3、M4のワッシャ、スプリングワッシャ
・ヤスリ
・プラスドライバー
六角レンチ、ニッパー、マイナスドライバーはキットについてきました。
 C4hn8FVVYAAbLw4
到着したときの箱
これの下にフレームとかシャフトとかヒートベッドとか入ってました。
C5W5GpQUkAAkiVO
いきなりですが組み立て後の写真です。まだ配線もテストプリントもしてませんが…

C4nk86lVUAEM5SN
組み立て時にパネルとシャフト(?)の隙間が空いてしまったので…
C4nDteYUcAEVUwL
(汚い絵ですが)こんな感じに、パネルとシャフトの間にワッシャーを入れて調節しました。

C5W79wFUYAIbnys
あと、左側の台形ねじが斜めになってしまったので0.3mmのプラ板を入れました(赤色の部品と金色の部品の間に挟まってる白いやつ)。これでいい感じに動きます。
うまく部品が動かないときとかは、製品のレビュー(フィードバック?)を見てみるとヒントがあるかもしれませんね。

自分がいろいろやったのを書きましたが、加工は自己責任でお願いします。当たり前ですがw 

そうそう、自分が購入したやつには、ヒートベッドに使うスプリングが入ってなかったので、販売者に連絡を取ったら(もちろん英語)、 追加で送ってくれることになりました。思ってたより販売者が丁寧だったので気長に待つことにしましたw


アリエクを使うときは個人輸入になりますし、販売者とのトラブルもよく聞きますが、基本的に自己責任ですから、トラブルは自分で解決するのが基本…だと思います。今回の場合はなんとかなりましたが次はどうだかwって感じですからまあその時はその時ですね(適当)。ggればある程度の対応方法は出てきますし。

結局なにが書きたかったのかよくわからなくなってしまいましたが、今回はこの辺で。
3Dぷりんとできるようになったら そのうち記事書きますw
 

↑このページのトップヘ