と申してもまだまだ寒い日が続きます、みなさま如何お過ごしでしょうか?

昨年12月には学習院大学総合定期戦閉会式に参列、1月には阿倉幹事長から報告のあった同志社大学スポーツユニオン(以下DSU)祝勝会にお招きを頂きと、ともに学生スポーツを支える皆様と貴重な時間となりました。学習院では、両学学生部の進行スケジュールにしっかりと組込んで頂いております「卒業生懇談会」、運動部ご出身の方々も多く、両学同窓会の要職のみなさまと共に楽しい時間を過ごさせて頂きました


12 学習院戦閉会式↑ 全ての行事を終え帰途に着く甲南大学同窓会嘉納副会長・吉井幹事長・安井副幹事長、学習院宮地先輩のみなさまです


同志社大学は我が国私学の雄、さすがにその催しのスケールの大きさに目を奪われますが、何よりも学生スポーツの礎を築いて来たという自負と共に、一層の発展に向けたDSUの皆様の意気込みに改めて敬意を表したいと思います。

さて、2月に入りますと冬季種目を除き各チームのみなさまは、シーズン開幕に向け新幹部の選出に始まり、指導体制の構築、更には新歓対策などに余念なくお過ごしかと思いますが、特に指導体制については人材の獲得や、その経済的な支援など課題が山積しています。

本学では「課外活動指導者リスト」を現役学生が学生部に提出し、そこで認められた指導者に学生部長より委嘱状が手交される流れとなっています。ここに顧問先生や体制の構築にあたっては最も大きな役割を果たしておられるであろうOBG会の存在は見ることは有りません。この事についても指導者・OBG会のみなさまとしっかりと議論をさせて頂ければと思います。

4月9日に予定しております第8回監督会議、詳細が決まりましたらまたご案内を致します。ご参集頂きます様どうぞ宜しくお願い致します。

松田 記