2月10日(土)、アイコモンズにて、摂津塾2018「体育会OB・OG業界研究会」を開催しました。

摂津塾とは、「体育会部活動を通して、社会生活をおくる上で必要な能力を学ぶ」を目的に行う、体育会本部主催のイベントで、甲南摂津会は運営と企画の協力・支援をしています。

本年の摂津塾は学生達の高い要望に応え、就職活動に直結する「業界研究会」を、体育会初の試みとして開催しました。甲南大体育会若手OB・OG11名をアドバイザーとして迎え、午前中は業界・業種の理解を深める講義形式、午後は各ブースでアドバイザーと質疑応答ができる対面形式で行いました。

参加学生は93名、外は冷たい雨が降る中、会場は熱気に包まれていました。午前は講義やアドバイザーの話に熱心に耳を傾け、午後のブースでは真剣な表情ながらも、先輩たちと和やかに話が弾んでいる様子が見受けられました。これからの就業の方向性に対して、じっくり考える機会となったと感じます。就職活動に弾みをつけ、今後も進んでいけるよう応援しています。

(参加学生アンケートより)
「体育会特有のつながりを活かした会でしたので、より深い話を聞くことができました。」
「親身になって、お話を聞いてくださるOB・OGの方に、企業の話から個人的な相談にものっていただき、とても良い機会だったと感じた。」
「興味のなかった業界でも、話を聞いてみることで視野が広がった。」
「ネットや本で調べる情報より、実際に働いている方たちの生の声で聞くことで、その業界のイメージをつかむことができた。」
「OB・OGの皆さんが、様々な質問に答えてくださって、自分にとって大きくプラスになったと思う。また、つながりを大切にしたいと思った。」

記:摂津会常任幹事 摂津塾担当 赤穂

摂津塾④摂津塾③摂津塾①摂津塾②