≪成蹊大学体育会OBOG会長連絡協議会≫の総会にお招きを頂き623日、欅の大木が繁り立つ成蹊大学に行って参りました。みなさま良くご存知の成蹊、私たち甲南の拠って立つところである旧制私学七年制高等学校の五学園。中でも成蹊は建学者中村春二先生と我が甲南平生先生は教育者として親交が有り、草創のころの支援者も関東関西の財界人と忘れてはならない共通の歴史が有ります。

 

成蹊大学でも甲南摂津会と同じ組織を作ろうと言う機運が盛り上がりお付合いが始まりました。成蹊の貴島会長はラグビ―部、御厨副会長はサッカー部とそれぞれ半世紀以上続く定期戦校としての伝統が今に繋がりました。

 

お招きを頂くにあたり本学学長の長坂先生よりお祝いのメッセージを預かりご紹介をさせて頂きました。『今、改めて、大学スポーツのあり方が問われています。文武両道、人物教育の一環としての大学スポーツを大事にしていくという精神は両校共通していると思います。・・・甲南摂津会の皆様にご理解と多大なご尽力をいただいているところです。引き続き、交流の機会をいただき、ご指導、ご鞭撻をいただけましたら幸いです』

 

成蹊のみなさまには来年に予定しております弊会創設40周年記念式典に是非お越し頂きたくお招きいたします。これからも学生スポーツを支える者同士、友情を一層育み親しくお付合いを頂きます様宜しくお願い申し上げます。     記 松田

第5回総会成蹊