12月2日(日)に「摂津塾2018 講演会」と「摂津塾 冬の就活セミナー」を開催しました。

摂津塾とは、「体育会部活動を通して、社会生活に必要な力を学ぶ」を目的に開催しています。(主催:体育会本部、共催:甲南摂津会)

3年前から学生からの要望が高い「就活支援」をテーマに開催しておりますが、「講演会」への要望も学生から継続してありましたので、本年度より2つのテーマで開催することになりました。就活セミナーは夏に続く2回目、講演会は3年振りの開催です。

〇「摂津塾2018 冬の就活強化セミナー」『体育会学生が冬から春に取り組むこと』
日時場所:12月2日(日)10時~12時 於:平生セミナーハウス
参加実績:3年生対象 参加人数90名
講師:キャリアコンサルタント 赤穂幸子(摂津会常任幹事)
内容:体育会学生の就活スケジュール、冬のインターンシップ、自己PRのポイントなど


〇「摂津塾2018 講演会」 『プロ選手から学ぶメンタルマネジメント』
日時場所:12月2日(日)13時半~16時 於:平生セミナーハウス
参加実績:1~3年生対象 参加人数74名
講師:赤穂幸子(摂津会常任幹事)
ゲスト講師:有限会社ソウルメイト 代表取締役社長 茶原忠督氏 元プロスノーボーダー
主な内容:茶原氏による講演、ワーク、学生とのパネルトーク

競技のみならず、社会でも求められる「メンタルマネジメント」。茶原氏の体験談からは、プロ世界のプレッシャーの中で、揺れ動く気持ちや失敗、そこから何が大切だったのかを考えることなど、トップに立ち続けるに至ったお話を伺いました。選手としてだけでなく、会社の経営者としても、「チームとは何か?」「リーダーシップとは?」などをお聴きし、メンタル面の強化の重要性について考える機会となりました。学生からの質問として、「試合前のルーチンでは何をしていたか?」「自分はやりたいことが見えないのだが?」などがあがり、参加者一同、熱心に聴き入る姿が見られました。

また、思考と体感からの気づきを目的に、全員参加のワークを行いました。何をしているか、写真では謎かとは思いますが、、参加者は大いに盛り上がりつつも、それぞれに「発見があった!」という意見や感想多数でした。

今後の部活動の中でも新たな視点を活かし、メンタル強化から成長につながることを大いに期待できると感じた摂津塾でした。この場をお借りして、茶原忠督様に心より御礼申し上げます。

記:摂津会常任幹事 赤穂幸子

摂津塾講演会②
摂津塾講演会①摂津塾講演会③摂津塾講演会④