先日2月9日(土)、「摂津塾2019 第2回甲南大学体育会OB・OG業界研究会」(於:岡本キャンパス アイコモンズ)を開催しました。

摂津塾の目的は、「体育会部活動を通して、社会生活をおくる上で必要な能力を学ぶ」とし、
主催は体育会本部、摂津会は共催として、企画運営からサポートを行っています。

摂津塾の2本柱のひとつとして、就活支援に3年前から取り組んでいます。この業界研究会は、「就職活動を踏まえて、自身の方向性を見出していく機会」として、昨年に続き2回目の開催です。

今年は約100名が参加し、当日の朝からスーツに身を包んだ学生の熱気にあふれていました。甲南大学体育会の卒業生が業界アドバイザーを担当し、16業種17名が関西だけでなく関東からも駆けつけてくれました。業界の特徴や仕事の内容などの話を、体育会視点で直接聴けるということがこの会の特長です。
午前中は「体育会学生が就職活動において、何を考え取り組むのか」をテーマに、人事担当者を交えたパネルトークを行い、さらに業界アドザイザーと共に業界のしくみなど全体像を学びました。
午後からは、業種ごとのブースに分かれ、質疑応答を行いました。

開催後のアンケートの反応は、参加学生全員が「満足」と回答しており、大変有意義な会であったといえます。
コメントとして、「親身になって話をしてくださった」「普段聞けない話をきけて、働くイメージがついた」
「就職活動に向けてやる気が出た」などの意見が多く、就職活動に弾みがついたことがうかがえます。

運営支援者として、ブースでの学生達の真剣な表情と時折笑顔で嬉しそうに話している姿を見て、嬉しくもあり誇らしい気持ちになりました。業界アドバイザーの皆様の丁寧で熱心な対応に、この場をお借りして心より御礼申し上げます。

就職活動はいよいよスタート、学生達の就職活動にエールを送ります!

業界研究会①
業界研究会②
業界研究会③