629-30日、体育会本部主催「フレッシュマンキャンプ」が滋賀・大津で開催され、摂津会からは山本副幹事長/松崎の2名が参加し、講話をさせていただきましたのでご報告させていただきます。

ご存知の通り、フレッシュマンキャンプは体育会本部主催の恒例行事で、体育会所属の各クラブに入部した新入部員を対象として毎年開催されており、今年も各クラブから数多くの新入部員がフレッシュマンキャンプに参加されておりました。

公式戦等で参加出来ないクラブがあり、当日の参加は29団体 219名でした。

29AM、フレッシュマンキャンプに参加の新入部員は、大学から大型バスに分乗し、会場となる滋賀・大津のアヤハレークサイドホテルまで移動。会場ホテルに到着し、少しの休憩の後、フレッシュマンキャンプがスタート。

来賓として、スポーツ・健康科学教育研究センター  鵤木所長、学生部兼スポーツ強化支援室 中村課長もご出席されご挨拶されました。

P_20190629_120548 (002)

 
鵤木所長からは、クラブ・競技を続けることを通じて得られるもの(スポーツに関する知識、コミュニケーション力、マネジメント力、戦略力、実行力)、KONANスポーツサーティフィケイトのお話をいただき、中村課長からは、フレッシュマンキャンプの意義、KONANスポーツ アスリートサポートプログラムのお話がありました。

その後、摂津会メンバーから講話させていただき、先ずは、松崎から「甲南摂津会とは?」ということで摂津会の活動方針/内容等の話をし、その後、山本副幹事長からは、4年間で取組むべきことや、甲南教育の特徴である「徳育・体育・知育」等の講話をさせていただきました。

P_20190629_124042 (002) 

令和元年の新入部員のこれからの頑張りと成長に期待し、今後は各クラブの中核メンバーとなってクラブでの活躍してくれることを切に願っております。

我々甲南摂津会も、現役部員がより一層 輝き活躍できるよう、現役活動の支援に取り組んで参ります。

<追記>
今年は嬉しいトピックスもありました。部員不足で休部しておりましたスキー部に新入生2名が入部し、フレッシュマンキャンプにも参加してくれておりましたので、併せてご報告させていただきます。

 

甲南摂津会  幹事長  松崎剛士