2019年7月6日AB第3期がスタート!
ここまで2期4年に渡り務めさせて頂きましたが任期満了となり、水野先輩と共に退任する事となりました。

 ↡ 写真前列、長坂学長・片山副理事長を挟んで今回退任するメンバーです。
アドバイザリーボード集合写真19.7.6ABには弊会から、丹羽副会長(アメリカンフットボール部OB)、西川副幹事長(ラグビーフットボール部OB)が引続き参画をさせて頂いております。

このAB、折に触れブログでご報告をさせて頂きましたが今少しご紹介をさせて頂きます。

2015年7月の初会合に水野先輩と共にご案内を頂き出席をさせて頂きました。冒頭、片山副理事長から、このボードが創設に至った経緯がご紹介され、また長坂学長の「教育改革方針について」と題する様々なアクションプランについて圧倒的かつ情熱溢れるプレゼンを聞かせて頂くスタートとなりました。

以来、年に二度開催されるAB。そこでは教学執行部の皆様と共にその日のテーマに添った本気度一杯の熱い議論がくり広げられました。時には事前に宿題が送られてきたことも有りました。

少子化の波、私学の危機が叫ばれて久しい中、2014年に誕生した長坂執行部ですが、当初に掲げられた目標をわずかな期間で目に見える形で実現し、様々な分野でその成果を挙げられ、我が母校を見違える様な姿に導いて下さいました。

学園創立100周年を迎え、アイコモンズや白川台キャンパスが完成と、まさに変貌する母校の成長と発展の過程をつぶさに見せて頂き、実感をさせて頂いた4年間、アドバイザリーボードでした。会議の最後には長坂先生から退任メンバーに感謝状を頂きました。私たちの方こそ感謝、感激致しました。

長坂学長・執行部、そしてそれを支えられました学長室の皆さまの益々のご活躍を祈念致しますととに、私たち卒業生もこれからも母校の発展を見守り、しっかりと応援をして参りたいと思います。

本当に楽しい4年間でした、ありがとうございました!


記 松田