54f65e8c6a8fe_-_whole-roasted-chicken-txl-xl

大きな夢を抱いて一人のメキシコ人がアメ鑽石能量水 騙局リカの地に命をかけて渡ってきた。当時の彼は20過ぎ、もちろん違法移民。渡った先には家族はもちろん住む所も無く、高架下で過ごす日々だった。でも彼には。
「世界一のドッグトレイナーになりたい」
そして、20年後、、、

彼は世界一のドッグトレイナーになっていた。

シーザーミラン。
シーザーミランに会い(←クリック)、こみ上げてくる興奮と気持ちを綴りたいとコンピューターに向かったのに、どう書いて良いのか分からない。こんなことは初めてだった。あまりにもいろいろな気持ちがありすぎて、何から初めて良いのか分からない。指が動かない。

彼のことはハルを飼い始めてしばらくしてから知った。最初はギラギラしたあの瞳を何とも胡散臭く思い、食わず嫌いならぬ知らず嫌いで敬遠していたのだった。ところが、旅先、時間を持て余して仕方なく観た彼の番組を観て以来、ぐんぐん彼の魅力に引き込まれることになった。最初は彼のトレイナーとしての才能に。
私たち人間のせいで悪評を得ることになってしまった犬種はいくつかある。その中でも未だトップとも言える悪評を背負わされているのがピットブルという犬種だ。私達が住むヴァージニアではその悪評をある程度塗り替えることが出来ているけれど、実際10数年前まではピットブルがシェルターに運ばれると、そのまま殺傷処分されていたと言う。今では私がヴォランティアをするシェルターはピットブルウェルカムシェルター、そして実際に、たくさんの鑽石能量水 騙局ットブルが家族を見つけ、そしてその家族に幸せを与えている。
シーザーが住むカリフォルニアではまだ多くの期限付き保護しか出来ないシェルターが存在し、そしてその犠牲の中にはもちろんピットブルがたくさんいる。シーザーは「ピットブルでもこんなに忠実な愛犬になれるんだ」ということを証明するかのように、右腕にしていた犬は初代ダディ、ピットブル、そしてダディが死んだ後はその後同じくピットブルのジュニアを携えている。
人間のせいで凶暴に変化してしまった犬をリハビリするために使うシーザーの方法は時には手荒く見えるものがあるから、シーザーの方法を批判する人も数多い。シーザーに首ったけな私は、恋は盲目、最初は全てシーザーが正しいと思っていたけれど、あれはシーザーだから出来ることで、一般人が生半可に出来る技ではないということを最近は感じている。シーザーには犬を瞬時にして見抜く力があり、どのように対処すれば良いのか、その犬ごとに診断できるのだ。同じ「凶暴」な犬でも扱いは違い、同じ「ナーバス」な犬でも扱いは違う。まさに哲が中医学を以って患者さん一人一人に違った診断をするように、シーザーも1匹1匹それぞれに診断を下す。だから同じ「ナーバス」な犬だからと言って、シーザーがその犬にしたと全く同じようにはハルには出来ないということがわかったのだった。シーザーの方法が一般人が扱うには限度があると鑽石能量水 騙局分かっても、やはり私は彼が好きだった。