2017年07月12日

アルミ型材 加工会社 大阪♯ 作業はリズムが大切


 詳しは守秘義務の関係で言えないのですが

関西金属製作所 営業担当のH・O君が 

現在〇〇業界向けのアルミオーダー形材のご注文を頂いて 加工している商品がこれです

DSCN3541










 見事に 小さな穴がいっぱいあいているのがお判りでしょうか?!

(写真をクリックすると拡大されます)


 どのようにしてこの小さな穴を開けるのか?

鉄製の金型(穴をあけるためのピンを付けたモノ)を作り

35トンの力を持った機械にその金型をセットし

DSCN3553












形材を右から左に移動させながら 機械の力でピンを上下させ穴をあけてくのです

DSCN3542











 

 続けて 私が担当するお客様の形材も加工されましたのでご紹介

DSCN3568DSCN3569













 この作業が 実にリズムよく繰り返され 

軽快な音楽をまじかで聞いているがごとくのテンポで進められていきます

その折 私が感じたのは まるでサンバのリズムのようでありました

 やはりプロという方(職人さん)の作業というのは リズムが大切なのが判ります

ギッタン バッコンのような 音では スムーズに作業は進まないのですね!

スポーツのトッププロも リズム感が良いと聞いたことがあります

私は リズム感が乏しい方なので 差を感じます!





kankinss at 05:37│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字