2017年08月04日

アルミ型材 加工会社 大阪♯ 7年がかりの夢の実現へ 第七話



  知床国立公園から ウトロに戻った後

知床横断道路を使って 羅臼岳の傍を通り

DSCN3948













知床峠へ


DSCN3953










ここからは 見晴らしがいい日は 北方領が見えるはず・・・・・・・でしたが


DSCN3951

この日は残念ながら 晴天にもかかわらず うっすらとしか見えまっせんでした










羅臼の町を目指して出発

DSCN3954














 羅臼に行く目的は 二つ 

一つは ネイチャーガイドさんもお薦めの 食堂へ

危うく見逃すほどの小さなお店でした
DSCN3960









到着は 午後2時過ぎ 遅い昼食だったからでしょうか?! 

食堂に到着時は 我々メンバーだけでしたので

各々好きな魚貝類を頼みました

いっぱい歩きましたので お腹もペコペコ状態

DSCN3956














 私が頼んだのは これです↓ おいしそうでしょう!

魚介類がいっぱいのっていて 白ごはんが見えません

いや~本当に美味しかったので

ついご飯のお代わりをしてしまいました!!

DSCN3958

(ウトロでは ウニがあったのですが 羅臼ではウニはシーズンが
終了しており 残念ながら食べられませんでした)






このお店の裏は すぐに海 写真では判りずらいですが

海面に見える茶色いモノは  高級な羅臼昆布がぎっしり海面下に漂っていました

DSCN3961


(写真をクリックすれば なんとなくワカメが・・・)












 食後は もう一つの目的の海岸べりにある 露天風呂に入りに行くこと

ここは学生時代にも来たことがあり 思い出深いところであります

DSCN3966DSCN3967












海辺の掘っ建て小屋

もちろん入浴料は 0円


DSCN3975

(衝立の向こう側が 女性用)










偶然キャンピングカーで関東の所沢市からご夫婦で来ておられた方

バイクのツーリングで来られていた計3名で入浴!


DSCN3968












北方領を望みながら 国際政治の難しさを考慮中

DSCN3972


(けっして女湯は覗いておりません
私の視線は まっすぐ 国後島を見ておりますので
ご安心下さい)












 目的達成の後は この日の宿のある 斜里町へ

どこまでも続くまっすぐな道
DSCN3979











広大な牧草地

DSCN3981












デッカイドウ 北海道であります


最終回 第八話は次週月曜日に続く




kankinss at 05:20│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字