ちょっと前の話で恐縮ですが

5/29(日)17:30~
金ケ崎まちづくり研究会さん主催
による
第2回まちづくり講演会
お休み処かみしも(本町)にて開催されました
110529-2
20名超の地元の皆さんがご参加
110529-1
今回の講師は
西 和夫 先生(神奈川大学客員教授)
nishiphd
実はこの先生、ご存知の方であれば
センセーがなぜこんな片田舎に!?って思われるような
すごーい方なんですよー
110529-3
今回は『町づくりに金ケ崎要害の魅力を取り入れる』というテーマ

そのお話の中で印象に残ったのは
無くなったものに対して
アレがあったらな~と思ってもしょーがない
あるものの価値を見つけて行きましょーよ
※かなり内容を口語訳してます
という部分

伝建群はもちろん素晴らしいものとして
それはとりあえず、おいといて
奥州街道沿い(旧4号線町上・町下近辺)にも
充分魅力的な建造物があると
センセイはおっしゃいます

(´・ω・`)はにゃ~??
ジモティーにしてみれば
ぶっちゃけ地味すぎる
フツーの田舎商店街なんですけど

しかし
建築探偵西和夫の事件簿シリーズ的目線からすると
とても魅力的な建物に溢れているそうなのです!
例えば
さかたさん
坂田さんの染物小屋
そして
まるまん
料亭丸萬さん
これはパワーポイント画像
西先生はこの講演会に先立ち、本町通りを歩き
何軒か実際に訪問され中まで調査されていました

なんと!!
全国的に見ても
「登録有形文化財」になってもおかしくない
建物だらけなんだそうです
Σ( ̄ロ ̄|||)マジかよ!!

ちなみに
「登録有形文化財」になるには
築50年以上であればよし

実際の丸萬さん
まるまん1
時々宴会でお邪魔させて頂きますが
失礼ながらそういう目線で見たことは・・・(;´Д`)
まるまん4
これ廊下
まるまん3
これ床の間
この二階の30畳ある宴会場が
建設当時からすると
とても素晴らしい出来なのだそうです
まるまん5
これは商工会女性部総会の際の写真
まるまん2
ちょうど床の間の下部にあたる一階の天井
西先生とお弟子さんの女子大生、感嘆の天井

すすすすいませんでした
これからはもう少し
有難い気持ちでお邪魔いたしますm(_ _)m

そして
高橋紀雄前金ケ崎町長宅
前町長1
この塀と門や
前町長2
現在は
向井理が飛び出すかのような秘密基地ガレージになっていますが
居宅内部も
書院造りと数奇屋造りが混じっている
とても貴重な建築物なのだそうです

どーりでこの講演会に出席されていた前町長さんは
えらいご機嫌だったのですね

さらには
今蔵1
今蔵豆腐もち店さん
※大きくてガッチリした豆の味が濃いお豆腐
 なかなかタイミングよく手に入らないんですよね~~

さらに
だんご1
坂本さん宅

かーらーの~
かねそう1
金葬さん
かねそう2
この建物は以前
写真館として使われていたとのこと
西先生曰く
こんな建物は見たことがない!
どの分類にも当てはまらない特異な例だ!と
絶賛しきりでした

他にも
旧梅田商店さんや
以前銀行の建物だったというくさかい電器さん
旧川口理容さんetc...etc...

これら
「登録有形文化財」になれる素質が
充分あるそうなのです!

当たり前の風景すぎて
視界に入っても本当は見えていない建物
そういう所にも
素晴らしい価値がある
そういうことを我々自身が理解したとき
街はまた
輝きを取り戻すことができる!
ということなのでしょう

築50年オーバーですよ
上記写真のような建物ですよ
あなたのすぐ目の前にもあるのでは?
もしや
あなたが現在お住みの建物が
登録有形文化財(になれる)なのでは??

今、新築されたという方は
2061年には
有形文化財に登録されますよ
但しその頃まで
日本が存在すれば
文明が存在すれば
地球が存在すれば
ですけど

すし10
これは寿し重さん
築50年をクリアしているそうです

いやほんと
あなたは普段から
価値のある物に囲まれて暮らしているし
あなたは普段から
大切な人の隣で暮らしている
それに気づいた人だけが
幸せになれる
ってことなんじゃ~ないでしょうか


講演会が終了後
第2部の懇親会
お休み処かみしも、と言えばそう
郷土料理(?)『ずるびき膳』です
ずるびき2
この精進料理に
ずるびき3
この『ずるびき』がつきます

地元の様々な旬野菜などが細切れにされ
トロトロのあんかけ状態に煮てあります

その名の通り
ズルズルズルっと頂きます

※それが語源だという話もありますが定かでは・・・
実に
カレーは飲み物です状態

さらに古代米のご飯がつきます
ずるびき1
皆さんお膳を囲みながら
金ケ崎の町づくりの未来について
熱く語った夜でございました


どうですか?
こういう方々がいらっしゃるということは
まだまだ金ケ崎も
捨てたもんじゃないでしょ??


【するびき膳】
「お休み処かみしも」にてお召し上がり頂けます
要予約(会食の2日前までにお願いします)
7名様以上~の受付となりますのでご了承下さいませ
電話 0197-42-3303(9:30~15:30)


今日もあなたに
そしてあなたの町の隠れた有形文化財に
きっといいことComeOnかもん♪

◇◇◇このブログはランキングに参加しています◇◇◇
br_banner_skycomeonbr_banner_rainbow
◇◇◇あなたのクリックが私たちの力になります◇◇◇
義援すてっか圧縮

二畳で豊かに住む (集英社新書)
二畳で豊かに住む (集英社新書)
建築史に何ができるか―町並み調査と町づくり
建築史に何ができるか―町並み調査と町づくり
建築史から何が見えるか―日本文化の美と心
建築史から何が見えるか―日本文化の美と心