2009年02月12日

歴史

IMG_0069

観光荘には一本の古い木があります
恥ずかしながらつい最近までどこかの古民家から持って来た木なのかな?
程度にしか思っていなかったのですが、社長に聞いてみた所

「ヤナがあった頃に土台として使われていた栗の木」

なのだそうです。
栗の木はとても強い木で、縄文時代の遺跡からもしっかり残っている事があるそうです、その栗の木を選ぶ先人の知恵というのはすごいな〜と感心するばかりです。
拡大した写真に写っている逆T字型の道具は、ヤナの竹の隙間に入ったゴミを掃除する熊手の様な道具らしく、長い間使った影響で先端部分のゴミを引っ掛ける部分がすり減ってなくなってしまっています。
使えなくなるまで道具を使いきっているのだなあと、改めて道具を大切に使う心も残っている道具から学ぶ事があると感じました。
今はもうヤナは無くなってしまいましたが、その名残をしっかりと残していきたいと思います。

ヤナとは

IMG_0072やな道具


Posted by kankoso at 22:40