今回の宮崎県知事選挙。
そのまんま東さんが勝ったのか
はたまたその他候補が自滅したのか
その真意は定かではありませんが。

ただ宮崎県民の中で
政党への不信感が極まっていたことだけは
否めない事実だと思います。
特に自民と公明の組織票が少なかったのにはビックリ。
やっぱり前知事の汚職逮捕が影響を及ぼしたんですかね。

たしかに当選された東さん、
しがらみのなさ」と「知名度」では
抜きん出ていたと思います。
そしてテレビで演説とか見てましたけど
さすが元芸人さんだけあって話し方が上手。
よくここまで腰の重い無党派層を動かしたよ、うん。
知事選にしては投票率もかなり高かったみたいだし、
ぜひこの勢いで議会に新しい風を通してもらいたい。

ただ正面切って対峙するだけじゃ田中康夫さんみたいに
ボイコットされてしまうだけだと思うから
上手に上手に少しずつ少しずつ
県政を動かしていって欲しいと思います。

新知事が金と権力の長いなんちゃら
巻きつかれないことを祈って止みません。
そしてこの流れが4月の統一地方選挙と夏の参議院選挙にも
反映されることを祈って止みません。

このままの支持率で自民公明政権が継続しちゃったら
共謀罪法案」「ホワイトカラー・エグゼンプション」「消費税率アップ
などの愉快な法案達が参院選終了後にサクサク可決されちゃうよ♪

・・・以上、昨日に引き続き
職人の想論垂れ流しでした〜。