自遊空間

kanmuri0123@hotmail.com  ←応援バナーキャンペーン用メールアドレス

【エロゲ】世界と世界の真ん中で

kanmuri0123@hotmail.com

↑応援バナーキャンペーン用メールアドレス

nisida1986-img600x450-1391431115sclzhh27453

nisida1986-img600x450-1391431115axdfcg27453

































「世界と世界の真ん中で」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】
プレイ時間は私のプレイ速度で15時間くらいというボリュームで、いつもの作品のボリュームと比べるとかなり少なめですね。
私の攻略順は、「遥 ⇒ 美紀 ⇒ 愛良 ⇒ 小々路 ⇒ 菜緒」という順番でプレイ。
菜緒ルートというか菜緒メインのちょっとしたシナリオは、他4人をクリア後にプレイできるようになります。
おすすめ攻略順としては、小々路と遥は後の方でプレイするといいかもですね。

【グラフィック関連】
原画は萌木原ふみたけさん。
相変わらず萌木原ふみたけさんの描くキャラの可愛さは魅力十分で、ホント素晴らしいの一言。
今回もケモノ耳としっぽが付いたヒロインがいて、萌木原ふみたけさんの描くケモノ娘が大好きな私としては大満足でございました。。
CGは綺麗ですし、グッと来るCGが大変多くて、この大変萌えられる絵の数々を堪能するだけでも買った価値はあるってもんです。

【音楽関連】
ボーカル曲が3曲、BGMが29曲という内容。
BGMはどの楽曲もとても素敵でプレイが心地良かったですね。
ボーカル曲はこのブランドではお馴染みのKiccoさんによるOP・ED曲は相変わらず素敵でしたし、愛良による挿入歌がこれまた心打たれる感動的な一曲でたまりませんでした。
この可愛い歌声に加えて感動的な歌とか・・・そんなの虜になりますって。

【演出・システム関連】
システムについてはとても快適ですし、文句なしですね。
今作のシステムで目を惹くのがConstellation Episodeというシステムですかね。
本編にちなんだ星座のエピソードという発想がなかなかに面白くて良かったです。
あと、今回もケモノ耳と尻尾が動きもしっかりとあって良かったんですけど、もう少しぱたぱた動く頻度は高いと嬉しいなぁと個人的には強く、強く思います!

【シナリオ関連】
良くも悪くもいつものLump of Sugarのシナリオって感じですかねー。
良い雰囲気に浸りながらほんのりと感動できるシナリオは良かったものの、先ほども書いた通り全体的にボリューム不足な感じなのでもう少しこの雰囲気に浸りたかったなぁというところですね。
ただ、ヒロインの内心描写はいちいち可愛い反応の連続ですし、ヒロインの可愛さは十分すぎるほどしっかりと堪能できるので基本的には、細かいことは考えずただひたすらヒロインの可愛さに萌えて悶えろ!・・・そんな感じですかね。私は大満足でした。
あと、ほんの少しでしたが奈緒メインのシナリオなんかも収録されていて、個人的にはちょっと得した気分で嬉しかったですね。
ただ、中途半端に堪能してしまったせいか、今では菜緒が攻略したくてしたくして仕方ないです・・・!菜緒攻略パッチ・・・はよ。

【エッチシーン】
エッチシーン数は、各ヒロイン4回ずつの合計16回というボリュームでした。
いくつかのシーンは2回戦があったりして、ワンシーンのボリュームはそれなりにある感じ。
今回もグッと来るエッチシーンのCGが数多くあって満足感は上々ですね。
特に美紀の足コキのお尻も同時に堪能できる姿勢が大変に素晴らしかったです・・・グッジョブ。

【ヒロイン】
世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!
■朱音 遥
このほわ~んとした雰囲気と声がとても癒され和みますね(*´Д`*)
遥先輩は、肩もみされてる表情やら公園の遊具の中で乱れる姿やらフェラ時の横顔とか、頻繁にエロかった印象ですね。押しつぶされるおっぱいは良いものだ。
とりあえず、私もお尻を押さえてしっぽでパタパタされたい!!

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!
■月館 美紀
なんというか恋する乙女な美紀の可愛さ爆発ぷりがとにかく悶えた!!
主人公にどうにかして自分を女の子として意識させるために必死のアピールの応酬・・・そして自爆する美紀。終始ニヤニヤでしたね。
そして、告白後の帰り道での「告白……してよかった……」っていう美紀の呟きは実にグッと来ました。
美紀シナリオは恋愛シナリオとしてはこの作品で一番好きなシナリオですわ。

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!
■白取 愛良
顔が赤くなってる愛良の立ち絵が可愛すぎて悶えるし、歌は超絶可愛いしどうしよう、愛良をお持ち帰りしたい。
とりあえず、私も愛良のスカートの裾を直す振りをしてスカートの中に手を入れたいです。おまわりさん、私はここです!
感情があまり表に出ない愛良も良いですが、昔の表情豊かな愛良もこれはまた格別の可愛さがあってたまりませんね。
愛良シナリオでは耳かきシーンの愛良が可愛くてすごく好き。
というかヒロインが耳かきをする側じゃなくてされる側っていうのも珍しい光景なような・・・。

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!
■近江 小々路
素直な良い子で、礼儀正しくて、体は弱いのにすごく元気で、それでいて健気な小々路がとにかく可愛い。あぁ、小々路可愛い。可愛すぎるよ(*´Д`*)
小々路の純粋さと控えめに恥ずかしがりながらもグイグイと攻めてくる姿は色々とたぎるよね!たまらなかったです。
ちょこちょこ入る美紀との相談シーンは、美紀との仲の良さとか小々路の中で美紀がどういう存在なのかとか色々と垣間見れて頬が緩みますね。

【まとめ】
今回も可愛いヒロインにとにかく萌えてイチャイチャを堪能して悶える、そんなキャラ萌えゲーな作品でしたね。

いつもの作品以上にボリュームがないですけども、萌木原ふみたけさんの描くキャラの可愛さは魅力十分ですし、ヒロインの可愛さに萌えて悶えたい!という人には満足できる内容ですね。
萌木原ふみたけさんの絵が好きなら、この萌えられる絵の数々を堪能するためだけに買っても損はしないはず。私は大満足です。

それにしても、菜緒の攻略ルートはどこですかーーー!!?
公式サイトでキャラデザを見たときからなんでこの子がサブキャラなんだよぉぉーー!!と嘆いており、製品版にはもしかしたらという淡い期待をしていましたが、結局攻略ヒロインには昇格せず・・・。
菜緒攻略パッチ・・・私はいつまでも待ってます。

【エロゲ】まじこいS

ファンディスクのつもりが続編に変更となったというだけあって、どっちつかずの中途半端な作品。

 前作ヒロイン5名のエロシーン拡充としては十分だが、エロ以外の+αが少ない。
 追加エロが目当ての人間にすれば1キャラあたりの回数に不満が出そうなところ。
 この追加エロと武蔵小杉、伊予、弓子だけ切り抜いてミドルプライスのFDになってればあまり文句もないんだが。


 続編シナリオはオープニングイベントから東西交流戦とかなりとばしてるが、共通ルートはここがピーク。
 その後は転入生の紹介イベントと紋様のイベントを軽く流したらすぐに個別ルートへ。
 この時点で西方十勇士はもちろん、武士道プランの四人も新ヒロインの二人もまだかなり描写が少ない。
 ここが本作で最大の不満点。キャラが売りなのにそこで手を抜いたら元も子もないだろう。

 この辺が後々で響いてて、前作のリュウゼツランルートのポジションにあたる小雪ルートではほぼ全キャラ入り乱れての戦いになるものの、どのバトルも薄っぺらくて随分と白けてしまう。
 日常からの2-Sとの小競り合いや、板垣家での共同生活みたいな、敵キャラとの絡みがもっと欲しかった。
 まあ平蜘蛛とか梁山泊とか見ててもネタが尽きてるんだろうなーというのは思うんだけど。


 Sからのヒロイン5名はまず昇格組がほとんどシナリオなくて拍子抜け。
 旧作組はエロシーン追加だけでもよいが、昇格組は前作と同程度のシナリオは用意してほしかった。
 このレベルならヒロインと銘打たずに、武蔵小杉や伊予と同列の扱いでよかったんじゃないだろうか。

 燕と紋様もシナリオは短め。
 それでもさすがに上記のヒロイン達よりははるかにマシ。特に面白いわけではないけど。
 平蜘蛛の斜め上っぷりは凄い。もはや武士とか関係ねえ。
 しかしこれを加味して四天王って言われると、百代は別格としてもまゆっちや揚羽と同格なわけで、なんだか納得いかねえ。


 一番期待してた小雪ルートはまずリュウゼツランアフターと幼少編の両方で救済がなされてるのが○。
 これはどっちも欲しかったのでよくやってくれた。

 しかし梁山泊の襲来からの一連の大騒動は、既に上述したとおり新キャラのインパクトが弱く、鳴り物入りで参戦した燕も設定上の使いにくさからか清楚との一戦はすごくあっさりしたもの。
 と言うか全体的にキャラが増えて出番を回すだけで精一杯のようだ。
 そのくせ会長とか直江母とかどーでもいいキャラにまで見せ場を用意してて、やたら散漫な印象だけが残った。
 ちなみに弁慶は見せ場がなかった代わりに濡れ場があったという新キャラでは珍しい人。喜ぶべきか怒るべきか難しいところ。

 小雪自身は幼少期にフラグ立てたら後は大したイベントなし。
 CGもサブキャラと同レベルなので、「小雪ルート」なんて名称はちょっと御大層に過ぎる。
 ラスボス戦で京と同格の扱いにまで持っていくのは違和感があるが、設定だけ見れば京の対だからまあアリなのかねえ。


 あとは全体的に事前公開された情報量が多いせいで本編中での新鮮味がほとんどなく、出し惜しみって大事だなーとしみじみ感じさせられた。
 また事前に出た設定が作中で全然活かされないこともある。たぶんプレイ後に同じ情報を設定資料集で読めばゲーム楽しんだ後にさらにお楽しみがあって2度美味しい物を、先に知ったせいでゲームに無用な期待を抱き裏切られるという勿体ない結果ことになってしまっている。



 そろそろ叩くの疲れてきたので止めるけど、これやった直後に再プレイした無印まじこいはそれなりに面白かったので、返す返すも残念だなーと。

【ポケモン】アバゴフーディン

 ブログ巡回してたらみつけたのでパクって使ってみてる。

 フーディン(襷)
 キノガッサ(毒々玉)
 アバゴーラ(ラム)
 カイリュー(ゴツメ)
 ハッサム(珠)
 バンギラス(悪ジュエル)

 詳細はぐぐって。
 バンギは孵化歩数多いし面倒くさいので鉢巻テンプレの流用。
 ラティが狩れて挑発できれば何でもよかった。
 でもステロは欲しい。


 とりあえずフーディンとかカイリューとかカントーの懐かしポケを活躍させられるのが楽しい。
 主力技にドロポン、エッジ、気合玉と毎ターン集中かけないと当たらない技が多いので勝率は全然安定しないけど。
 だから日和ってフリーだけ潜ってるw

 ちなみに久しぶりに撮ったBV、カイリュー硬すぎワロチ。
 13-19664-31984


 それよりキノガッサ強すぎて笑えるんだけど、試合時間が伸びがちなのが辛い。
 完全にパターンに入ると、いつ切断されるかと気を揉みながらプレイするので気分もよろしくない。
 フーディンがバンギ呼びまくりでガッサ選出せざるをえないし、何か考えないと。
 別に調子に乗って鉢巻神速相手に胞子&身代わり連打+砂ダメで削り勝とうとしたら、HP計算ミスって砂ダメで自滅したから急激にやる気が萎えたとかそういうわけではない。



 ハイリンクにアナライズヒトデマンとかアナライズコイルとかギガドレ呼び水リリーラを飼ってるので、次はこの辺を使って何かできないかなーとか考えてる。
 まあでも今日も出勤だし繁忙期のまっただ中だし龍玉回収まだだしマジこいも出るしでちょっとポケモンの優先度下げないと。
 ポケモンはそろそろ新鮮な燃料が欲しい時期ではあるね。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ