絵を載せたりするブログ
DSCN2185



夏コミからもう一か月以上も経ったってほんとですか???何も信じられない…一体何をしていたんだろう…(艦これ)
ろくに絵も描いてないしコミケ以来更新も何もしてなかった事に呆然としたので、数か月前から下書きで放置熟成させていた姉帯探訪記事をあげてお茶を濁しておきます。
来週の名古屋に持ってくものはまだ絶賛作業中です…水曜あたりに情報アップしに来ます



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※絵はありません
※もはや咲-Saki-もほぼ関係なし
作中に村の様子が出てきた訳でもなし、姉帯さんが住んでるのが姉帯村だという記述は全くこれっぽっちもないので、宮守探訪よりさらに自己満な旅となりました。
そもそも聖地がないので聖地巡礼ではないなこれ
地名に浸りたかったのと姉帯城址見学を一応の目的にあてどなく
ただただ姉帯さんを感じたかった…


iwate
岩手県二戸郡一戸町姉帯

旧姉帯村は県北一戸町にあります
村は1957年に廃止され今は地名が残るのみ
最寄はいわて銀河鉄道の小鳥谷(こずや)駅で、駅から少し歩いたあたりが姉帯地区
ちなみに宮守から姉帯までは片道2時間ほど



新花巻を越え更に北へ
県北の風景は県南に比べると何というか野趣味が強くなってくる

来盛
IMG_0722
岩手山好き
しかし神話では嫁を大切にしないクソ男という扱いで非常にショック
手前は北上さまの北上川


姉帯の前に二戸へ
DSCN1834
地図であねたいキャッスルを確認

DSCN1838a
3年後のいわて国体公式キャラ化に先立ち最近都内の駅でも露出の増えてきたわんこきょうだい
このブログはわんこきょうだいを応援しています

DSCN1838
塞さんと胡桃ちゃんのハイブリッドかと思ったら男児だった
二戸にはザシキワラシが出るんで有名な旅館があったが数年前焼けたらしい
明らかにザシキワラシ出て行ってる…


小鳥谷駅到着
DSCN1937aDSCN1937b

DSCN1946
姉帯さんが毎朝通学電車を待つかもしれないベンチ
ヤカン乗せた石油ストーブのある冬の駅待合室とかノスタルジーがやばい

DSCN1935
季節的に咲いていないので見に行かなかったが駅近くには藤島のフジという日本一大きいフジがあるそうで
おそらく日本一大きい女子高生とよねちゃんとの関係は如何に

DSCN1949
駅舎は正直宮守よりも駅してると思う


駅を出て奥州街道を姉帯に向かう
DSCN1963
遠くまで来た

DSCN1966
単なる地名表記を見るだけでニヤけ顔になれるんだからオタクってちょろい

DSCN1982
ちょろい

DSCN1985
ちょろい

DSCN1986
お酒飲んで運転なんてしたらちょー怒るよーってことでしょうか

DSCN1996
やっとこ目的の姉帯城への入り口を発見

DSCN2017

DSCN2026b
案内がおおざっぱ過ぎて心許ない
放置された落石に募る不安

DSCN2028

DSCN2026a
途中で犬にすごい吠えられるし道はこんなんだし
更にこんな道が上り坂で思った以上に延々と続くし怖い


引き返そうかと思ったときポカっと視界が開け城址の全景が
味気ないほど綺麗に整備されていた
DSCN2055

DSCN2031
全然歴史に明るくないので詳しく知らなかったが16世紀九戸南部氏方についた姉帯氏はここで豊臣軍と戦い敗れたそうである
不意に神妙な気分になり疚しい気持ち(姉帯さんの残り香嗅ぎたい)でここまで来たことを恥じる

DSCN2057


DSCN2054
隅に建てられた東屋の中には交流ノートが置いてあり、全国各地の姉帯さんが自分のルーツを探しにここを訪れているようだった
私も何か書こうかと思ったが邪な気持ちが文章から滲み出そうなのでやめておいた



下山
姉帯さんの「最後のバスに間に合わないんだー」発言から毎朝使っていると思われるバス停「姉帯」を目指して歩く
DSCN2058

xa146vdx


DSCN2069
門前(メンゼン)だ!!
とよねちゃんを追っかけリーチしたい


道すがら左側に姉帯小学校と姉帯児童館の文字が
DSCN2127
やはりというか何というか廃校済み

DSCN2077
看板が片付けられずそのままになっているのが物寂しいDSCN2088
奥に進むと可愛らしい木造校舎がそのまま残っていた

DSCN2089
姉帯魂

DSCN2128
ふと思ったけど姉帯さん小学校はちゃんと行ってたのかな…
特に言及されなかったけど自分が転校してることに半年近く気付かないとか…前の高校は籍置いてただけで実は通ってなかったんじゃないかと…




DSCN2178

DSCN2141




バス停到着
長かった
DSCN2190

DSCN2149
意外にもJRバスと岩手県北バス、二つも路線があるようだ
二つのバス停の間の距離は数メートルほど

DSCN2144DSCN2151
アッこれは…18:50分に宮守を出て最終バスに間に合うとかそういうレベルじゃない…おかしいな…
というかこれくらいの距離ならバス使わなくても自転車あれば駅まで余裕だよなぁ
やはりもっと山奥なのか…


DSCN2163
この辺で折り返して駅に戻る

姉帯戸田線は一戸町姉帯とお隣の九戸村戸田字妻ノ神を結ぶ県道だそうで
九戸について調べていたとき姉帯に女の大蛇が、戸田に男の大蛇が住んでるという昔話を読んだがこの県道はちょうどその男女の大蛇の住処をつないでいる



hebi
関係ないけど姉帯さんと大蛇って絵になると思う


ところで「妻ノ神」は臼沢塞さんでお馴染みサエノカミの当て字バリエーションの一つ
トシさんの言ってた「土地の縛り」というのがこの戸田の妻ノ神=塞ノ神≒道祖神のことだったらどうだろうと思ったけど考え過ぎである
あと戸田といえば松本の戸田氏の家紋は六曜紋だったけど、姉帯さんの六曜は本当にどこから来たのか…




DSCN2297
土産はやっぱり姉帯製菓



-------------------------------------------------------------------以下雑感------------------------------------------------------------------------


姉帯さんの村は宮守と違って漫画内で描写がなかったので、立先生も具体的に場所を決めたり取材に行ったりはされてないんだと思います。
宮守好きの方には宮守巡礼は絶対行った方がいいよ!と自信を持ってオススメできるのですが姉帯は…
冒頭にも書きましたが聖地が一切ないので完全なる自己満足紀行となります。
原作で姉帯さん分を摂取できず胸が張り裂けそうだという方、姉帯という地名を見るだけで心満たされる方は楽しめるんじゃないかと思います。私はめっちゃ楽しかったです。自分で書いててうら悲しさが漂うのが嫌だな…

姉帯さんの村は何かネット引かれてなさそうだし、変な因習とかありそうだし、何より「土地の縛り」なんてものが存在するらしいし、外界から閉ざされた山奥の限界集落といった印象がありました。
歩いた感想としては、そんな姉帯村がIGRの駅から数km、というさほど奥地でもない場所だったのはいささか肩透かしな気も。少女が座敷牢で幽閉されたりもしてなさそう。
私の想像する姉帯村は日本の最奥タイマグラとかそんな感じでしたが、その辺りに比べたらかつて日本のチベット(放送禁止ワード)と呼ばれた岩手においてはむしろだいぶ都会な方と言えると思います(電車の接続の良さで言ったら宮守より…)。地形的にはもちろん充分山奥なんですが。

作中のイメージに近い姉帯村があるとしたら、もっと姉帯戸田線を進んだ一戸と九戸の間の民家が少ない辺りかなあ。そのあたりの地域に関しては、地元の資料でも「落人が箕を作り隠れ住んだ秘境」みたいに書かれてたんであながち見当外れでもないかも。箕作りといえばサンカ、サンカと言えば山人、山人と言えば姉帯さん、みたいな無理矢理な連想ゲームもできなくもない…かもしれない。まあ岩手にはそういう「落人の秘境」が腐るほどあるんですが…。
すべて妄想の域を出ないのが空しいけど、宮守が敗退した今、妄想もそうやって前向きに楽しんでいくしかないね。


今回の全体マップ
DSCN2198

おわり





12/14追記
>作中のイメージに近い姉帯村があるとしたら、もっと姉帯戸田線を進んだ一戸と九戸の間の民家が少ない辺りかなあ。
とか適当なことを上に書きましたが、ナナセユキミさんがなんと実際に姉帯戸田線の車載動画をアップして下さいました。(その1~その8まで)
その1はこの記事で私が歩いた範囲(小鳥谷駅~姉帯)、その2からはさらに人里を離れ名古根・面岸・九戸村境へと進んでいきます。晩秋という季節の寂しさも相俟って期待以上の山奥感。
とりわけ県道沿いに突如現れる面岸集落(ここも旧姉帯村)は、確かに「落人が箕を作り隠れ住んだ秘境」っぽくあり、漫画の姉帯村のイメージと重なる所があります(ごく個人的に、私の中では姉帯さんの村の場所は面岸のイメージになりました。上面岸バス停からのバス通学)。
姉帯さんの故郷に思いを馳せる際はぜひ参考に。姉帯さんを日々乗せていると有力視されている面岸線バスとの遭遇もあります。

ちなみに動画その1では
5:05 姉帯城址入口
6:45 姉帯小
7:59 姉帯バス停
が確認できて思わず懐かしく。また行きたい。
ナナセさんどうもありがとうございました。

Comments

    • 名無しさん's comment
    • 2013年09月21日 19:40
    • 倒れたままの小学校の看板が物悲しい・・・
    • すがり's comment
    • 2013年09月21日 21:16
    • 行動力に感動しました。
    • 姉帯さんかわいい's comment
    • 2013年09月21日 23:28
    • 私もこの夏に姉帯村へ行ってきましたよ。
      「姉帯入口交差点」は日和ファンとしては外せない聖地です

      この先、舞台として姉帯村が登場する可能性は限りなく低いのでしょうが
      姉帯さんの気配を感じられただけでも十分に行った甲斐はありました。
    • hannover's comment
    • 2013年09月22日 03:46
    • 姉帯さんが学校を出る時間から考えて上り線、下り線のどちらの電車に乗ったにしろ最後のバスに間に合うような駅ってほとんどないんですよね。以前調べた感じだと花巻や盛岡のような主要駅ぐらいだったでしょうか。
      ひょっとしたら姉帯さんが乗るバスというのは山人と常民を繋ぐ謎の乗り物だったりするんでしょうか。
    • わーい's comment
    • 2013年09月22日 07:39
    • 山人といえば山と人、山と人といえば白望山と迷い人、白望山と迷い人といえばシロs
      無理矢理一倍です
      はともかくすごいです!空風に感余り在る冬の故里、何より姉帯さん愛の深さを感じました
    • エリア53's comment
    • 2013年09月22日 12:23
    • >地名に浸りたかったのと姉帯城址見学を一応の目的にあてどなく
      >ただただ姉帯さんを感じたかった…

      この気持ち、すごくわかります。
      自分も夏に別の場所ですが地名だけ出ていて描写されてない所を訪れて来ましたがとても楽しかったです。
      姉帯小学校、閉校して10年以上経つそうですがいい校舎ですね。
      機会があれば訪れてみたいなぁ・・・。
    •  's comment
    • 2013年09月22日 15:52
    • あんなのが出たんですから、世界トッププロは青い肌とか腕が4本とかザラでしょうね
    • おかると's comment
    • 2013年09月22日 17:57
    • 5 姉帯さん、たしかに大蛇と相性が良い感じがしますね。
      永水の巫女さんとは違う、もっと、神に近い存在、その一族の一人が、姉帯さん。
      ちょーかっこいいよー。
      背が高いのも、神人だからかも。巨人族や巨神とか、古の神々は大きいイメージがあります。
      アニメの全国編で、宮守をきっと深掘りしてくれると思います。期待。
    • ななしろみ's comment
    • 2013年09月24日 06:28
    • いいですねー、宮守女子聖地巡礼
      東北まで行くのはなかなか難しいので羨ましいです
    • s's comment
    • 2013年10月01日 21:35
    • 動機が不純であれ何であれ、文章と写真から情念のようなものが伝わってくるのが
      素直に羨ましいと感じました
    • つん's comment
    • 2013年11月14日 01:24
    • >名無しさん
      物語を感じます。

      >すがりさん
      旅先ではアクティブになるタイプです。

      >姉帯さんかわいいさん
      「姉帯入口交差点」…。あー!なるほど「普通の人用の入り口」ですか。撮り逃しました。
      そうそう、気配を感じられるだけで満足なんですよね…おたくって楽しいですね…。

      >hannoverさん
      わーいつもサイト拝見してます!

      >上り線、下り線のどちらの電車に乗ったにしろ最後のバスに間に合うような駅ってほとんどないんですよね。以前調べた感じだと花巻や盛岡のような主要駅ぐらいだったでしょうか。

      hannoverさんのこの指摘からちょっと考えたことがあるのでいずれ記事にしたいです。

      >わーいさん
      すばらしいシロ塞回路。

      >エリア53さん
      共感して頂いてありがとうございます…。姉帯小、レトロ・木造・薄桃色ですごく可愛い小学校でした。

      > さん
      ブルーメンタール姉妹?

      >おかるとさん
      姉帯さんに感じるミステリアスさは確かに神々しさと通じます。

      >ななしろみさん
      思い切って行くべき。後悔させませんから。

      >sさん
      情念…伝わってしまいましたか…。
    • ナナセユキミ's comment
    • 2013年11月19日 00:43
    • 週末、私も旧姉帯村に行ってきました。その際に、姉帯戸田線を車で走行したのですが、「作中のイメージに近い姉帯村」とは、一戸町面岸地区の事でしょうか?(ここも旧姉帯村です。)
      確かに、「落人の秘境」といった雰囲気でした。一応、バスは走っているのですが…姉帯バス停の行き先にも書いてある通りの運転本数です。面岸地区から小鳥谷駅までの自転車通学は、とても無理だと思いました。
      そのうち、車載動画をアップロードするつもりです。
      http://f48.aaacafe.ne.jp/~iwalife/271anetai-toda/ane-toda.htmでは、途中未舗装区間があると記載されていますが、現在は舗装済みでした。
    • つん's comment
    • 2013年11月24日 01:57
    • >ナナセユキミさん
      はい、まさしく面岸地区です!
      上で触れた女の大蛇も面岸に出るそうです。
      県北バスの方の終点は上面岸なので、姉帯さんはそこから乗ってると考えるとバス通学の距離として説得力が出ますね。本数の少なさに関しては、咲-Saki-世界では走っていると思うしかありませんが…。もしくは姉帯さんの為だけに走っているバスなのかもしれません…。
      車載動画、とても興味があります。
      コメントありがとうございました。
    • ナナセユキミ's comment
    • 2013年11月25日 00:01
    • お返事ありがとうございました。
      車載動画、今のところ往路のみアップロードしました。
      http://youtu.be/NUCg0rYntkE
      →http://youtu.be/EKNAJHqDjWg
      →http://youtu.be/IUApqwSkjjU
      →http://youtu.be/YyayzrW_JFU
      復路でバスとのすれ違いもあったのですが、後日アップロード予定ですみません…
      取り急ぎご報告まで。
    • ナナセユキミ's comment
    • 2013年11月25日 22:55
    • 「雪っこ」を飲みながら、車載動画の復路をアップロードしました。
      http://youtu.be/Mv8JKojrfzA
      →http://youtu.be/IcdvcncrO84
      →http://youtu.be/H7vNpl6w0tU
      →http://youtu.be/Kb-9MIguPwQ

      この後、姉帯城址へも行ったのですが、城址までの道程があまりにも荒れ放題だったのが印象的でした。城址自体はそれなりに整備されているだけに、そのギャップが何と言うか…

      ちなみに、10年以上盛岡市民だったにもかかわらず(現在は一応“都民”ですが)、三ツ石神社に行ったのはこの日が初めてでした。ぶっちゃけ、つんさんのブログがきっかけだったという…お恥ずかしい限り。

      あと、個人的にhttp://livedoor.blogimg.jp/kanmuritokage/imgs/d/6/d64658fb.jpgを描いてくれたことが、非常に嬉しかったです。
    • つん's comment
    • 2013年12月13日 00:42
    • >ナナセユキミさん
      おわー大分前にコメント頂いていたのに…お返事遅くなり大変申し訳ありません。
      動画アップありがとうございます!興味深く拝見いたしました。

      おおお、歩いた記憶が鮮明に蘇り想像以上に楽しい…!
      姉帯戸田線の別れ道、私も最初15号線入っちゃいまして、動画その1の8:42のとこで折り返したのを思い出しました(左側に映っている看板に見覚えが)。
      そのあと名子根をちょっとだけ歩いて帰ったのですが、動画を見るとその先である面岸はさすが期待以上に秘境の趣ですね。バスと遭遇できたのも持ってらしゃる…。
      面岸-九戸村境、道路以外人工物が見当たらない区間もあってほんとに姉帯さんの村っぽい。たぶん一本脇道入ったらもっとそれっぽい。
      動画のおかげでより妄想を膨らませることができました。ありがとうございました。
      もしよろしければ、記事中に動画のURLを紹介させて頂いてもよろしいでしょうか。

      盛岡住んでいらしたんですね。三ツ石神社は名須川でしたっけ、あの辺や上盛岡はお寺以外は特に何もないので地元民だとなかなか用がないってのよく分かります。雪っこいいですね…。あれのCMは個人的郷愁の象徴です。
    • ナナセユキミ's comment
    • 2013年12月14日 15:54
    • 動画のURL紹介も、ブログへの埋め込みも、全く問題ありません。
      つんさんに喜んでいただけたようで、私もとても嬉しいです。
      (今の時期は、冬コミ新刊の原稿でお忙しいのは承知の上ですので…)
    • つん's comment
    • 2013年12月15日 01:12
    • >ナナセユキミさん
      ご許可ありがとうございます。早速紹介させて頂きました~。
    • ナナセユキミ's comment
    • 2013年12月15日 12:20
    • 動画のご紹介、ありがとうございました。
      あわせて、動画のコメントを若干加筆しました(バス停の位置など)。

      岩手県道271号線姉帯戸田線については、別の方が今年6月の車載動画をアップロードされています(旧姉帯村域は4:16まで)。http://www.youtube.com/watch?v=qBFCF1p5zYc
      再生速度4倍速なので「忙しい人向け」ではありますが、BGM入りなのが個人的には残念。

      11/16は、盛岡駅で駅レンタカーを借りて三ツ石神社→弓弭の泉(ゆはずのいずみ、北上川源流)→小鳥谷駅から旧姉帯村走行→姉帯城址→花巻への移動でした。
      翌日の11/17は、実はこういう事↓をやっていたという…
      http://p.twipple.jp/fm1z3
      元々内輪なイベントで、かつ他のイベントや高総体ともバッティングしてしまったので、参加人数が少なかったのは残念でした。
      イベント終了後、宮守聖地巡礼(9巻表・裏表紙の場所)をした後、新花巻駅に駅レンタカー乗捨て返却にギリギリ間に合いました。
      駅レンタカーは、盛岡→新花巻間の乗捨て料金が0円で済む(http://www.ekiren.co.jp/annai/norisute/norisute02.html)かつ「レール&レンタカーきっぷ」が使用できますので、ご参考までに。(なお、ニッポンレンタカーは、同一都府県内は乗捨手数料が無料とのことです。)
    • ヒロリン's comment
    • 2014年01月18日 16:37
    • 私はこの姉帯に産まれ、姉帯で育ちました。偶然このブログを見つけ読ませていただきましたが懐かしいです…と言うのも姉帯はもっと古い道路や橋がありましたが幾度となく大雨の洪水により橋が老朽化してしまい橋と共に道路も新しくなったんです。その道路工事に我が家が当たってしまい今は町内の別な場所に引っ越さざるを得ないことになりました。いまだに姉帯に行ってみたりもしますが自然豊かな良い所です。是非皆さんも行ってみて下さい♪
    • つん's comment
    • 2014年02月02日 09:37
    • >ヒロリンさん
      姉帯の方にコメントを頂けるとは!
      返信遅くなりまして申し訳ありません。
      割合不埒な動機で書かれた記事なのでドキドキしましたが、不快感なく読んで頂けたようでホッとしています。
      大雨、洪水…。確かに、蛇行しながら道に寄り添う馬淵川は姉帯を歩いていて印象的でした。
      実は二戸には何度も行ったことがあるのものの、一戸はほぼ初めての訪問でした。街並みのせいか姉帯城のせいか、二戸よりどこか抒情的な雰囲気がありました。
      私が訪問したのは冬だったので、時間ができたらまた改めてフジの季節に藤島のフジを見に行きたいです。
      コメントどうもありがとうございました!
    • ヒロリン's comment
    • 2014年02月07日 14:07
    • いえいえ、こちらこそ姉帯に来ていただけてブログにのせていただいただけでも奇跡的っす♪昔は姉帯祭りをやって山車を引っ張って村中を歩いたりもっと人口はいたのですが子供も少なくなり今は小鳥谷と統合しました。姉帯の春は山から流れる水回りに山草が生えたりとてものやどかな風景ですよ(^^)是非また姉帯に来て下さいね("⌒∇⌒")

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 県名を冠する高校
  • 県名を冠する高校
  • 県名を冠する高校
  • 県名を冠する高校
  • 県名を冠する高校
  • 立先生の更新
拍手
プロフィール
ai4
つん pixiv   メロンブックス

好きな役は純チャン、
好きなシロは小瀬川白望ちゃん。

基本的にブログのコメント返信が遅いです。すみません。気長にお待ちいただけると幸いです。

何かありましたら。
kanmuritokage☆gmail.com(☆→@)
アンテナさん


記事検索
  • ライブドアブログ