絵を載せたりするブログ
kurumi_oshiri
宮守の尻担当は胡桃ちゃんだと思ってるよ派



遅くなりましたが(気持ち的にはもう一ヶ月前のことのよう)夏コミお疲れ様でした。
スペースが風が通る場所だったおかげか、去年の地獄のような暑さに比べたら涅槃のような涼しさでして、売り手も買い手も大分快適なコミケだったのではと思います。
うちのスペースにお越し下さった皆様ありがとうございました。
温かい励ましのお言葉、差し入れも本当にありがとうございました。
生で頂ける感想はドクドクと心に沁みます。多謝。
新刊の通販は今回再販した既刊と一緒にメロンブックスさんで始まっておりますので、遠方にお住まいの方、イベントに来られなかった方はご利用頂ければ幸いです。

toshi
頒布したタオルの裏。
実物とは会場で初めて対面したのですが、想像通りの色が出てくれていて一安心。
タグにトシさんがいたのです。(右上の洗濯マークはC86と掛けたジョーク表示なので実際に86°のお湯には浸けないようお願い)

しかしサークル参加のイベント中はどうしても頭がおかしくなっているので欲しいと思っていた本を買い忘れることがしょっちゅうある。今回もでした。
他の方の作った本が読めることを楽しみにサークル参加している部分が少なからずあるので、本末転倒…という言葉が毎回脳裏に浮かびます。次こそは…。

そして最後に、今回胡桃ちゃんのスケブを頼んで下さった方…受け取り時間が伸び伸びになり、不誠実な対応になってしまい大変申し訳ありませんでした。この場を借りて改めてお詫びさせて下さい。



それでは、毎回至らぬことばかりですが。
夏コミありがとうございました。












---------------------------------
---------------------------------------------------------------
以下新刊についての反省をダラダラと


脱稿後、ストーリーのアレさに落ち込むのは毎度のことではあるのですが、今回はほんとに後悔しかなく…。
痒いところに手が届かない感じの内容になってしまい、読んで下さった方には慙愧に堪えない思いです。
しかし一週間経ってようやく落ち込みの底に辿り着いたので浮上してきました。
駄目な所はどこか分かってはいるつもりなので、次に活かせるよう頑張ります。

とにかくネームを描いてから見直したり練り直す期間が必要だ…ということを痛切に感じたので、今度はちょっと長いスパンで、一年後目標に今回の続き…いや続きじゃないなあ、同じ設定のシロ塞サイドの話を描きたいです。(それまでに原作で新しい設定が出たらその時はその時で。むしろ出てほしいっす)
ひとつだけ、、初場所で遠藤が出てくるような時間帯にも関わらずラストシーンで外が妙に明るいのは、ひとえにトーンを貼る時間がなかったからだという事をお詫びしておきます…

さしあたって次の冬コミはお休みしまして、今後のイベント予定も全くの白紙。
だったのですが。
昨日の朝に突如として別のシロ塞本(軽め)のアイデアが降ってきたので、11月のオンリー、もしくは年明け1月あたりのイベントに参加してぺロッと出そうかなあと考えています。そのときクリアファイルも新しい柄でまた作りたい。
あと絵も描きたいしフィギュアも作りたいし宮守探訪記もいい加減にアップしたい…。
やりたいことはまだ色々あるので、手の付けられるとこからやっていきます。


しかしこの一週間モヤモヤと色々考え続けた結果、最終的に何より先に白望山登りに行きたい。という気持ちに収束しました。
熊…熊に気を付けねば…。

Comments

    • かーめ's comment
    • 2014年08月24日 03:51
    • 夏コミお疲れ様でした。
      新刊読ませて頂きました。ため込む胡桃ちゃんぎゃんかわ。上目遣いの姉帯さんまじぎゃんかわ。
      せんべえ食べてるところに胡桃ちゃんとエイちゃんが入ってきて姉帯さんがぱたぱたするところの流れが好きです。
      だべっている宮守いいですよね。本編ではあまりありませんしなおさら。
      土日に麻雀打ちに高校へ集まって昼に道の駅まで下りてラーメンすする宮守とかたまりません。

      先日白見山登山してきました。南側からのルートです。
      340号と土淵バイパスが交わる地点から貞任高原を登ってなるべくオフロードを避けました。
      白見山登山口からは背丈より高いササが茂ってたり大変ハードでした。
      ネットの登山記事はそんな苦労したように書いてないのですが……。
      斜度が急で下りはササに掴まらないと転がりそうになるほどです。
      熊さん関連は登山道に1カ所だけそれっぽい足跡がありました。
      むしろ鹿っぽい足跡がたくさんありまして、貞任高原では鉢合わせしました。
      マヨヒガに誘ってはもらえませんでしたが、山頂に着いたらシロがいて登山口まで送ってもらった気がします。
      ご無事をお祈りしています。
    • 's comment
    • 2014年08月24日 10:03
    • 夏コミお疲れ様でした
      本当に行きたかったです、本当に
      念は届いてたようなので安心しました
      冷静に考えると漫画を描くってすごく大変なことなんだな、と最近思い始めました。週刊誌の人たちは本当に凄いですね
      白望山はいつか行ってみたいなと思っています
    • 通りすがり's comment
    • 2014年08月25日 01:48
    • とにもかくにもおつおつしたー
    • 塞さんは最高's comment
    • 2014年08月25日 18:13
    • 夏コミお疲れ様でした。同人業界には疎く恥ずかしながらかんむりとかげ様を知ったのがつい最近なのですが独自の解釈と原作へのリスペクトを昇華させた想いがアツく伝わるつん先生の本には感動さえ覚えてしまいました。地方在住のため通販による購入となってしまいましたが、いつか直接購入したいと思います。これからも頑張ってください。応援しています。
    • 's comment
    • 2014年08月25日 21:38
    • こんにちは。夏コミお疲れ様でした。

      新刊、通販で購入して拝読しました。

      豊音ちゃんがたくさん出てきてうれしかったです…。ちょーかわいかったです。
      (胡桃ちゃん主人公の話なのにすみません)

      豊音ちゃん絶対占い大好きですよね。
      朝のワイドショーの星座占い血液型占いとか、
      毎朝各局の全部チェックしてそう。
      で、結果はあんまり気にしてなさそう。

      ところで、あとがきに「唐突な展開」と書かれていましたが、私もたしかにそう思うんですが(笑)
      私はすごく好きです。感想を言うのはすごく苦手なので、うまく言葉に出来ないんですが…
      「ストーリーのアレさに落ち込む」必要はないと思いますよ。
      むしろ、ストーリーよりも一コマ一コマ、一ページ一ページの丁寧さに惹かれるっていうか…
      例えば、幼少時の胡桃ちゃん、塞さん、シロの三人が、麻雀牌をいじってるシーンとか…

      ていうか表紙も含め、デザインお上手ですよね。
      同時に売られていたタオルの購入は見送ったのですが、
      画像を見た限りですが版(っていうのかな)が少しズレてる(?)ところとか…
      めっちゃかわいいと思いつつ…すみません。
      実際に使うなんてかわいそうだから無理だし、かと言ってポスターみたいに飾るのももったいない気がするし…

      慢性的な宮守女子不足の昨今ですが、
      毎回萌えをありがとうございます。
      これからも期待しております。
    • あいうえ's comment
    • 2014年08月28日 03:24
    • 夏コミお疲れ様でした
      当日はお忙しい中お相手して頂きありがとうございました、今回の新刊もとても素敵でした
      グッズの方も手に入れたかったのですが既に完売していたのは残念です……
      つんさんの次の本も楽しみにお待ちしております
    • つん's comment
    • 2014年09月06日 08:25
    • >かーめさん
      白見山の情報、どうもありがとうございました!
      ネットで探しても中々最近の山行記事が見付からなかったので、コメントとても参考になりました。
      先日登ってきたのですが、実際かーめさんに笹の状況を教えて頂いていなかったら軽装も軽装で行くところでした…。
      (しかし琴畑集落を突っ切ったせいでもろオフロードを行くはめに…)
      ともかく、感謝至極です。
      近々登山記書く予定なので、そしたらまた白見の思い出を共有できればと。

      >あさん
      念をありがとうございました。
      漫画は大変ですねえ、正直漫画描ける人って異星人に思えます。

      >通りすがりさん
      どもどもした

      >塞さんは最高さん
      ありがとうございます。ストレートに応援の言葉を頂くと照れますね。
      これからも気の向くまま描いていきたいです。

      >のさん
      読んで頂き、言葉を尽くして頂き、ありがとうございます。救われました。
      私も豊音ちゃんはかわいいミーハーだと思っています。
      あとタオルの版ズレ!そうなんです、あんまり上手くいかなかったのですが気付いてもらえて嬉しいです。
      慢性的な宮守女子不足が、いつの日か本誌で解消されることを祈りつつ。

      >あいうえさん
      コメントありがとうございます。
      コミケでは結局、後でご挨拶できず申し訳ありませんでした…。
      シロ塞合同、家に帰って読んだのですが頁をめくってもめくってもシロ塞というのは素晴らしいものだなあ…ととみに思いました。
      最近シロ塞創作も少なくなり寂しい思いをしていたので、こういう企画を立ち上げて下さって本当に感謝します。
      今回はご協力できなくて申し訳ありません。
      次回があったらぜひよろしくお願いします。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字