絵を載せたりするブログ

だいぶん遅くなりましたが、3人が幼馴染みだった件についてなんやかんや。


tokesupo
タケスポのローカル感好き


立先生のHPにおいてハッキリとしましたが、やはりというか何というか幼馴染でしたねぇ。
公式で確定する前に幼馴染みバージョンと幼馴染みじゃないバージョン、どっちも妄想しといてよかったです。
しかしちょっと気になったのは、立先生は幼馴染、ではなく腐れ縁、という言葉を使っていた点。そうなると若干ニュアンスも変わってきますね。これをどう捉えたらいいのか…。
高校で麻雀部に入るまではそこまで本格的に仲が良い訳ではなかった可能性もあるかな。

兎にも角にも、胡桃と白望と塞は小学生から一緒だった=おそらく宮守町内にご実家があるわけで…
今まで勝手に生え抜きトリオとか呼んできたけど、本当に生え抜きっ子だったんですねえ。
3人揃って宮守外から通ってきてる可能性もまぁあるけど、咲日和においてシロが自分の家からリヤカーを引いてきたエピソードを踏まえると、おそらく高確率でシロの家は宮守にある=3人とも宮守にお住まいなんじゃないかと想像します。この3人に関しては、宮守の中のどの辺りに住んでる…というのを前々から脳内で勝手に設定していたので嬉しいです。


えー、そういう訳で3人は、夏は浴衣着て田瀬湖の花火大会に行ったり、冬は銀河の森総合公園の小山をソリ(米袋で作ったやつ) で滑って遊んだり、mm1でお使いの買い物中にばったり出くわして若干気恥ずかしくなったり、お休みの日には家族で北上の百貨店に出掛けたり、南部囃子の踊りの練習に貴重な放課後を費やしたり、小学校の総合学習で呼ばり石とかひとはねの謂われについて祖父母に聞くのが宿題になったり、社会科で遠野街道の歴史について学ばされたり、学芸会で銀河鉄道の夜の劇をやらされたり、中総体で一関なり盛岡に行くと「宮守の学校です」って言っても通じないから仕方なく「遠野の学校です」って言うハメになったりして育ったんだ…。全部妄想だけど…。


息苦しくもどこか母の如くな安心感を抱かせるあの盆地で、四季を共にして育ってきたんですね…。
腐れ縁3人の匂やかな思い出を少しでも知りたい。でもあんな風にサラッと書かれたということは、これから先特に作中で触れられることはないんだろうなあ。ペーソス。



前に載せたこの絵 
ms3
の場所は、小学校(ちょっと高い所にある)から宮守駅もある粡町のメイン通りに降りる一番近い道です。多分通学路にしてたんじゃないかな~と思って描きました。








----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

↓以下戯れ言

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


唐突ですが私地図を眺めることが趣味なんですけど、
ある日つらつらしてるうち、宮守町とアメリカはコロラド州の田舎町・フェアプレイの緯度が大体一緒であることに気が付きました。
フェアプレイとは米国産カートゥーンアニメ「サウスパーク」の町並みのモデルと言われているアップタウンです。(※)

サウスパークに対して私が抱える煩悩に関してはここでは割愛しますが、ザックリいうとロッキー山脈の懐に抱かれた雪深い田舎町・サウスパークで育った幼馴染みの少年たちのお話です。
北上山地の懐に抱かれた雪深い田舎町・宮守で育った幼馴染みであるところの宮守女子とは前々から親和性高いな…と思っていましたが、まさか緯度まで近いとは…


緯度地図
どうやら近いぞ


早速正確な数字を調べてみる。
こっちが宮守で 
miyamori



続いてこっちがサウスパーク(フェアプレイ) 
fairplay


39度21分と、39度13分。
う~~んピシャリとはいかないまでも、同じく北緯39度域の近いほう。町の規模も大体一緒なあたりにも思わず笑みが…。

つまりこれは宮守の地で東を仰いだとき、そのはるか太平洋の彼方にはサウスパークが存在しているということ…この芳しい事実!(好きな作品同士の共通点を探して喜ぶタイプのオタク)
このフェアプレイ、景観がほんとにサウスパーク!なので興味ある方は是非ストリートビュってみて下さい。 



sp
サウスパークフォントが初めて日の目を


サウスパーク吹替版の功労者声優であるところのすずき紀子さんが全国編で霞ちゃんの祖母上様役で出演なさったのも多分縁ですね。




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


そのあたりの盆地一帯を実際にsouthparkと呼ぶので特定のモデルではないけれど、向こうのファンの人達にいわゆる聖地扱いをされていて、作中では何度か登場人物のセリフの中に出てきます

Comments

    • 's comment
    • 2015年05月05日 23:13
    • あの三人の腐れ縁は多分良い方の腐れ縁だと思います、近すぎないって感じの。
      宮守ローカルネタはローカル過ぎて訳わかめでした……まあどこの地域でもこういう地域特有の行事はあるもんですね
      サウスパークは僕もつんさんの影響を受けて見始めました。あんまカップリングとかの目線では見ませんけど、風刺が効いてて面白いなーと思います。アメリカは自由な国ですね。緯度のつながりには驚きです
    • エス's comment
    • 2015年05月06日 03:43
    • サウスパークコスかわいいーかわいいーー
      まさかそんな共通点があったとは!宮守の5人も妖怪化したらサウスパークみたいなことになるかもしれませんね
    • たぬき's comment
    • 2015年05月06日 14:09
    • 中総体や高校の地区予選大会の決勝戦のライバルはおそらく盛岡・平泉・そしてあまちゃんの聖地の久慈なのだと思います。俺の妄想ですけどね。
    • のらいぬ's comment
    • 2015年05月06日 15:48
    • この3人、小さいころは毎日べったりだったんじゃないでしょうか。他にあまり子供もいないような環境で。
      成長するにつれ人間関係は広がるものの、中学高校と行く先々で一緒になることが妙に多くて苦笑する、そんな腐れ縁。
      そんな関係もさすがに高校3年の今年が最後と予感して、複雑な思いになっているのではないかなあ。三人三様に。

      そして一枚目のイラスト、胡桃より小さいシロがかわいい。眠いのか怯えているのか泣いた後なのかよくわかりませんが。
    • getlit's comment
    • 2015年05月06日 17:13
    • タケダスポ~ツ!懐かしい。
      北東北にしか無いんですね、今知りました。
      宮守勢も安比高原でスキー学習したのかな?
      有珠山は皆スキー上手そう、成香ちゃん以外。
    • おにぎり's comment
    • 2015年05月06日 20:37
    • 県民を凌駕する岩手に関する知識量恐れ入ります・・・
      タケダスポーツは今なんやかんやでネクサスになっていますね

      宮守女子の日常を妄想するとしたらマルカンデパートで十段ソフトクリームを食べただろうなと思いました
      安いけど女の人が一人で食べるのには少し大変だからみんなで分けて食べてると考えると何とも微笑ましい
    • ななし's comment
    • 2015年05月08日 15:57
    • 5 そういえば、宮守駅の建て替えが終わったみたいですね。とてもキレイになったみたいです。今後行く予定はもうありますか?
    • うみ's comment
    • 2015年05月11日 15:16
    • つんさんのそのサウスパークへの熱意はどこから湧いてくるんですかね…
      僕は昔サウスパークを見ていて時間が無限に引き伸ばされていくような、現実感が自分の中からこぼれ落ちていくような感覚がしたのを覚えています
    • つん's comment
    • 2015年05月13日 23:00
    • >あさん
      私の影響でですか、それは嬉しい。
      緯度のつながりは多分世界で私しか喜ばないようなことだよな…とは思ったけど、無理矢理共有したかったんです。
      嬉しいです。

      >エスさん
      サウスパークの服装って色鮮やかで、子供に着せると真価を発揮する可愛さなんですよね。
      二頭身宮守はイケるかもしれない。姉帯さんだけ4頭身の大人体型で。

      >たぬきさん
      久慈の高校の海女麻雀、今ちょっと想像してみたけどすごい面白そう。
      アバターが海に潜って当たり牌探してくるの。

      >のらいぬさん
      宮守みたいな小さい村での「幼馴染み」は、そうでない環境の幼馴染みに比べて、その言葉の重みも感慨も大分違ってくるんでしょうね。のらいぬさんのコメントで想像を深くできた気がしました。
      一枚目のシロは…、小さい頃は今より輪をかけてぼんやりした雰囲気の子供だったんじゃないかなーと思ってあんな感じに。

      >getlitさん
      今でもCMやってるのかな?
      全国区かと思いきやタケスポはローカルブランドだし、
      ローカルレストランと思いきやベルはびっくりドンキーとして全国展開してるし…いやはや。
      有珠山は確かに上手そうですね、スキーウェアのゆあんちゃんはカッコいいだろうなあ。

      >おにぎりさん
      あっマルカンソフトを忘れていた!
      宮守の高校生が休日にお友達とお出かけするって時、花巻に行くのか、北上に行くのか、はたまた盛岡まで行くのかが気になっています。
      もし地元の方でしたら教えて下さいな。
    • つん's comment
    • 2015年05月13日 23:00
    • >ななしさん
      具体的な計画はまだ立てていませんが、夏までに一度行きたいな~と。

      >うみさん
      ちょっと分かるかも。特に初期の話なんて牧歌的で荒唐無稽で、夢の内容に近いような理不尽さがある。
      私は一番最初は、話のテンポの良さと20分間に凝縮された内容の濃密さに惹かれたように記憶しています。
      でも彼らは劇中でもう18年小学生をやってるので、そういう意味では確かに時間が無限に引き伸ばされているかもしれない。
    • 's comment
    • 2015年05月15日 09:57
    • 5 つんさん素敵です
    • おにぎり's comment
    • 2015年05月16日 18:27
    • >つんさん
      自分の記憶の限りでは個人的に高校生が楽しめるようなスポットは花巻にはあまりないと思うので(花巻市民の方々には申し訳ないですが)
      行くとしたら北上か盛岡だと思います
      北上は駅から歩いて行ける距離に映画館のある百貨店がありますし
      咲日和みたいにみんなで服を買うとしたら盛岡駅からイオンへのバスもあるみたいです
      そこから更に絞り込むとしたらアイスを食べて、マッサージチェアに座っていたのでサーティーワンとヤマダ電機が入っている盛岡南イオンにみんな行ったのではないかなーと
      どちらにしろ電車代は高校生には痛い出費ですから頻繁に行くことは少し難しいでしょうね・・・

      でも咲日和見る限り現地集合っぽかったんですよねー まあ駅だったということで!

      行こうと思えば宮守に下道で1時間くらいで行けるところに住んでますのでいつか宮守でお会いするかもしれませんね
      また岩手に来られる際は事故に気を付けてください 長ったらしくすみませんでした!
    • つん's comment
    • 2015年05月21日 22:45
    • >んさん
      うれしはずかし。

      >おにぎりさん
      お返事、詳しく、ありがとうございます!北上か盛岡ですか。
      そういえば咲日和の買い物回。
      花巻イトヨの中にサーティーワンがあったような気がしていたもので、てっきりあそこが舞台だと思っていました(近いし)。
      地図で確認したら全然別の場所にあったんですね。
      個人的に姉帯村の所在地県北説を支持しているので、盛岡集合というのは位置的に真ん中でちょうといい感じもします。
      前潟の方のイオンは隣に大きい電器店が建ってるから、小さい家電屋とか入ってないんでしたっけ?南かぁ。ふんふむ…。
      近い内また行くつもりですので、お会いしましたらどうぞ、よろしく。
    • まれに's comment
    • 2015年05月27日 14:17
    • 今回の更新を見て宮守聖地巡礼に行くことにしました。ただ白見山の登山は観光協会の方に強く止められたのですがやはり単独行は無理そうな山でしたでしょうか?登らないと心残りになりそうですが熊がよく出るそうで。
      宮守は一番好きなチームなので巡礼楽しんできます。
    • つん's comment
    • 2015年05月30日 17:03
    • >まれにさん

      私の記事で興味を持って下さったとは嬉しいです。巡礼オススメです!楽しんできてください。
      さて、ご質問の件…。ちょっと長くなってしまいましたが、お答えしますね。

      白見山に登るには、現在、

      A・土坂峠から長者森を通って登るコース(北)
      B・樺坂峠から登るコース(南)

      の2種類があります。図にするとこんな感じ→http://livedoor.blogimg.jp/kanmuritokage/imgs/5/2/52e31b07.jpg
      まれにさんが考えていたのはどちらのコースでしょうか?
      私が昨年夏に登ったのはBコースの方なのですが、近々Aコースも登りに行こうと情報を集めていた所なので、いくらかは参考になれるかと思います。

      まず私が登ったBコース(単独行でした)は、登山口からの所要時間は往復約2時間、急登もさほどでもなく、最初から最後まで藪を漕ぐ煩わしさがある以外はコンパクトなサイズの山でした。登山道も(藪に埋もれてはいますが)見失って迷うような箇所は意外とないです。
      特筆すべきは登山口の目立たなさですかね…、正直一番大変だったのが登山口を見付けるまでで、辿り着くまで結構な時間迷いました。
      私は琴畑を経由して樺坂峠に向かったのですが、琴畑集落を過ぎたあたりから舗装は消え、軽自動車での進入は難しいような砂利道…獣道?が数キロ続きます。絶対に対向車とはすれ違えない狭さです。
      ちなみにここが登山口(の手前)。ここを左(左です)に曲がると奥の方に登山口の看板が見えます。
      →http://livedoor.blogimg.jp/kanmuritokage/imgs/e/a/ea43b0e2.jpg
      ただBコースには代え難い良所もありまして、登山口入って割とすぐの所に、巨木平(と呼んでいた方がいたのでマネします)という非常に神秘的で美しい場所があります。あそこの景色は私もまた一目見たいなあと思っています。

    • つん's comment
    • 2015年05月30日 17:07
    • 翻って、Aコース。
      こちらはまだ登っていないので詳しいことは言えないのですが、地図で確認する分には登山口は県道のすぐ脇にあり、迷う心配はまず無さそうです。車を停めるスペースも十分にあるっぽい。
      ただこちらはBコースに比べて山頂までの距離が長いため、コースタイムを見るに往復5時間前後はかかるようです。高低差もBコースに比べ若干大きいです。午前中の出発が吉ですね。
      あと白見山頂付近はやはりBコースと同様に藪漕ぎしなきゃいけないっぽいです。

      まとめますと、
      Aコースのメリット:登山口が分かりやすい(県道のすぐ脇)、コースが林道・草地・藪とバラエティーに富む
      Aコースのデメリット:コースタイムが往復約5時間と長い

      Bコースのメリット:コースタイムが短い、巨木平がある
      Bコースのデメリット:登山口まで悪路を延々走らなければならない、登山口が分かりにくい、終始藪漕ぎが必要(しかし運が良ければ刈払いされてるかも)
    • つん's comment
    • 2015年05月30日 17:13
    • こんな感じですね。Aの方は実際登ってみないと分からないことも多々あると思いますが…。
      地図(50000分の1、もしくは25000分の1)、方位磁針、上下長袖&軍手(藪漕ぎ対策)、登山靴、車(足)…最低これらがあれば単独行は十分可能だと個人的には考えます。地形的にガス(霧)が出る日も多いので、出来れば登山用雨具もあった方が安心ですね。

      …とはいえ、白見は登山道がきちんと整備され人が頻繁に訪れるような山とは違い、いわゆる藪山に分類される山です。
      もしまれにさんが山歩き不慣れで少しでも不安がある…という場合、やはり単独行はやめておいた方がいいと思います。難易度がどうこうというより、何かあったら大変、これに尽きます。
      あと、クマは確かに出ます。私も山頂付近でクマによるものと思われる派手な爪痕を見ました。岩手県のHPによると、今年は特に目撃・被害情報が多いようです。音の出るものを身に着けるなどしてクマにこちらの存在を知らせるよう注意して下さい。

      それでは、ダラダラと長くなってしまいましたが…、少しでも参考になれば幸いです。
      充分な準備の上、安全な旅になるよう祈っております。岩手楽しんできてください!
    • つん's comment
    • 2015年05月30日 17:47
    • *補足*
      こちらの記事(http://blog.livedoor.jp/kanmuritokage/archives/40451719.html#comments)に、かーめさんという方がコメントして下さっていたのですが、Bコースの樺坂峠までの行き方、貞任高原を通るとオフロードをいくらか避けられるようです。
      というか色々調べるにつけ、私が通った琴畑集落経由は明らかに悪手でした。
      ご参考までに~。
    • まれに's comment
    • 2015年06月03日 23:17
    • つんさん。貴重な情報ありがとうございます。
      宮守は素晴らしい所でした。あの五人はここで暮らして全国を目指したのかと思うとその姿が目にうかぶようでした。実際行ってみると立先生が遠野ではなく宮守の地を選んだ理由が分かった気がします。登山は今回は諦めました。車が無いもので登山道までのアクセスと、単独行の不安がありまして。ただ姉帯村、盛岡の塞さんの神社、白見山登山とまだまだ宮守女子詣でで楽しめそうです。情報を生かせずに申し訳ありませんでした。次こそは。
    •  's comment
    • 2015年07月27日 02:43
    • この妄想力があるから、あれだけ素晴らしい物が描けるんだなぁ

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字