絵を載せたりするブログ
(下に追記アリ)
やったーけんたにの冬服(仮)だー!!
待望の関西のセーラーワンピース! 
正味な話劔谷の夏服って、”育ちの良いお嬢様”っぽいオーラはあれど(すごくいい生地使ってそう)、あんまり土地柄みたいなものを感じなかったんですよね。彼女らの地元・芦屋には芦屋学園という超有名セーラーワンピもあるし、ベタすぎるからあえて避けてるのかな?とかいろいろ深読みしてましたが…そこに、今回の冬服(仮)。
兵庫のお嬢様校ときたらやっぱワンピ制服でしょ…という最早概念化された願望を完膚なきまでに叶えてくださいました。 

mo-1


この前時代的佇まい。絶対昔から変わってない伝統の制服だよこれ~~~。新興私立みたいに安いMCなんて絶対しないんだよ~~~。 
しかし気になるのは首元。夏服と同じ丸襟ブラウスが覗いてるけど、あわせ付近を見るにセーラーブレザーという訳ではない?つまり純粋なセーラー服の下にブラウスを着用しているのか…?正気か…?
セラブレにしてもヨーク付きのものにブラウスを合わせるなんて流石に見たことない…虚をつかれました。
中々に中々強引なデザイン。でも好き。今までで一番好き…。

 mo-2



そこで強引さを説明する仮説。
この摩訶不思議な劔谷冬服(仮)、「兵庫のカワイイお嬢様校制服」というお題で真っ先に名前の上がる二校、
神戸山手女子の冬服(セーラーと紐リボン要素)
松蔭の冬服(エリとベルトとワンピ要素)
を足したイメージなのではなかろうか。
(松蔭は特に冒頭の”兵庫のお嬢様校ときたらやっぱワンピ制服でしょ…”というテンプレイメージの形成に大いに貢献している)

mo-3
図解


身頃の縦線も松蔭風味と考えれば理解しやすい?

あとブラウス部分、松蔭からイメージを引っ張ってきてるとすれば、スナップで取り外しできる付けエリという線もあるかな…。なんかそれが正しいような気がしてきたな…。ヨークデカいし…。

mo-4
袖口は想像



身頃の縦線の別案として、ちょうどこないだの本で描いた平安女学院と同じく胸元からプリーツが入っているという描写の可能性も。でもなーこれ見よがしにボタン付いてるからなーやっぱ開きそうだな。
袖口とかスカートのヒダはどうなってるのかなー 。
早く全身描かれないかなー。



満足した…。
本にも書いたけど京都はセーラー不毛の地なので、京都の子がブレザーなのも納得。 
やっぱ立先生、地域性にも気を配って制服組み立ててるんやなあ~~ということが伺いしれて嬉し楽しい更新でした。



11.3追記
中学校の話だけど関西圏ではごく一般的なセーラーの下にブラウスを着ることもあるそうです!(ブラウス+ジャンスカ+セーラーという構造らしい)あと東北でもあるそうです!(こっちは寒いから)
自分の無知を棚に上げ正気か?とか失礼なこと言いまして立先生ほんとごめんなさい!! 

Comments

    • 's comment
    • 2015年09月04日 01:43
    • たしかに兵庫の2校を足した感じになっていますね。腰のベルトがウエスト部分を引き締めて良い感じです
    • おかると's comment
    • 2015年09月04日 06:51
    • 5 デザインって、地域性があって、関西はベルトもしくはウエストにポイントがありますね。原点があるのかしら?
    • 赤味噌's comment
    • 2015年09月05日 14:55
    • 5 椿野美幸さん、まさかのエース格上げ
      これは後で修正されない(断言)
      おもち大増量が、作者の覚悟を示す

      しかし、そのままでなく(一応)翻案した制服マデ持ってくるとは…
      …ペン入れするときに何が起きたんですかね…?
    • つん's comment
    • 2015年11月03日 01:04
    • >あさん
      制服のベルトってお嬢っぽさがたまらんよね。

      >おかるとさん
      松蔭人気の影響かなあ?あと最古のセーラーワンピ平安女学院もベルトでウエストしめるデザインでしたね。その流れが今も生きてるのかも。
      ワンピじゃないセーラーも裾しぼってある形多いですね。

      >赤味噌さん
      本誌夏服でびっくりしましたね~
    • ふぁん's comment
    • 2015年11月04日 21:38
    • 袖口の2本ラインはぴったりでしたねー流石です。
      紺地のワンピースに紺色の紐ネクタイでしたけどこういうあえて(?)色を合わせた組み合わせって多いんでしょうか?
    • つん's comment
    • 2015年11月29日 22:42
    • >ふぁんさん
      追記書いた直後に立先生のHPが更新されていたとは!!
      冬服は身頃の色が変わるせいで紺一色になるケースは多いですね。
      劔谷冬服は違ったけど、個人的にカラー(エリ)とラインの色を合わせてあるデザインが伝統校!って感じがして堪らなく好きです。白エリに白ラインとか。
    • 's comment
    • 2016年09月28日 14:12
    • 1年前の記事にコメント失礼します。
      ブラウスとセーラー襟の組み合わせは神戸の愛徳学園を意識したデザインのように思えます(ここはセーラー襟ではなくセーラー襟っぽいなにかですが)
      向かって右側のボタンもここのタブリエ(作業着)に似ています。
      既にご存知だったらごめんなさい
    • つん's comment
    • 2016年10月22日 16:02
    • >いさん
      愛徳のワンピ、帽子も含めて本当に素敵ですよね。
      私も大好きな制服なのですが、劔谷冬服との繋がりには今まで全く思い至りませんでした…。
      並べてみると確かに全体の雰囲気というか、デザインの方向性に近似があるように思えます。
      特にタブリエは言われてみれば「マジや…」と目から鱗です。
      貴重な示唆をいただき、どうもありがとうございました!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字