佐吉大仏 ヒラメ記(代表:永田章のブログ)

佐吉大仏代表永田章(ヒラメ)のブログ 佐吉大仏の他にも地域の紹介等

2019年06月

安藤真司銅版画展を見に行く

岐阜県可児市の画廊「梵」で開催中の「安藤真司銅版画展」を見に行ってきました。

安藤真司5 (3)
作品の前の安藤氏。氏は神奈川県にお住まいですがお生まれは岐阜県御嵩町で、毎年故郷近くの画廊で個展を開催されています。


安藤真司3 (2)
一枚私と一緒に撮りました。一応これはアリバイ証明で、余分な部分をカット。


安藤真司6 (3)
1960年生まれで同地区の加茂高校をご卒業。東京芸大の修士を修了しておられるのですが、そちらはパスしまして、安藤さんが加茂高校在籍中、私は英語教師として同校に勤務しておりました。そのよしみもありまして個展に参りました。


安藤真司1 (3)



安藤真司2 (2)



安藤真司4 (2)

Beautiful!  Wonderful!  Incredible!  Decent!  fantastic!  と英語の言葉が次々と浮かんでくる(辞書を引けばですが)素敵な展示会でした     






「父の日」にちなんだ「楽書会」の展示

6月第3日曜は「父の日」です。
papa1 (2)



papa10

写真でお分かりの様に、「楽書会」の皆様方により父親を偲んだ絵と文の展示会が開催中です。


papa4


papa8

素敵な封筒に入れて懐かしい亡き父にお届けするという趣向ですね。


papa11



papa15


papa14
上の角張ったメガネの絵で直ぐ分かったのですが、従妹の作品で音楽の先生をしていた私の叔父に向けられた手紙です。


papa7

最後に部分的に展示してある永田佐吉人形と一緒に写してみました。佐吉翁がこの地区全体のお父さんという感じがして大変好ましいと思いました。



CBCテレビの取材がありました

cbc1 (2)


CBCは東海地区を代表するテレビ局ですが、本日取材して頂きました。

cbc2

番組は午後4時頃からの報道番組「チャント!」内の「なりゆきアフロ」というコーナーで、副島淳(そえじま・じゅん)さんが案内人で、地元の人に聞いてなりゆきで取材するという番組です。
ですから、私は留守で女房が対応しました。
上の写真は後からスタッフだけで大仏さんを撮りに来たもので、副島さんとは会っていません。


cbc3 (2)
女房の話では、副島淳さんは大仏さんの中に入ったそうです。彼は大変な巨漢として印象に残っていますので、よく入れたものと驚きます。

放映日時は7月12日(金)午後5時から6時までの間の10分間です。見られない方も多いと思いますが、後日ネットでも配信されると聞きましたので、どなたも見ることが出来ます。
最新コメント