本日は大仏寺を会場として「岐阜まんぷくジャーニー」が実施されました。

DSC09523DSC09521





















どんな様子か大仏寺の様子をスナップ写真でご覧下さい。

DSC09498
大仏寺の駐車場ですが、最初はバスでレンコン堀りを見学に行きました。

DSC09499
戻ってきてこんな風にして、色々な話をさせて頂きました。しっかり聞いて頂けて感激しました。

DSC09503
けいすや木魚を体験して頂き、大好評。皆さん方とてもお上手でした。仏具についてですが、破損するといけませんので、使われたい方がおみえでしたら、お手数ですが永田の方までご連絡下さい。

DSC09504
机に向かって何か書いてみえますが、これは本日の記念に記帳し胎内に納めようという段取りです。
最後に私が代表して大仏の胎内に納めました。

DSC09505
大仏さんの胎内に入ったり、甘茶を飲んだり、お好きなように楽しんでおられます。

DSC09502
本日は特別サーヴィスで、直筆の軸をお堂に飾りました。一番右の「敬神」という文字は明治5年、時の教文省長官の近衛忠煕公爵が明治教育の手本となる人物を求めて当地に来られ、佐吉翁の事蹟を聴取されて、翁に対して捧げたものです。

DSC09511
お待ちかねのレンコン料理の昼食会の始まりです。料理の説明をされているのは「羽島れんこん友の会」の会長の馬場さんです。「竹扇」のご主人で、れんこん料理のパイオニアです。

DSC09513
私もご相伴しましたが大変美味しかったです。れんこん尽くしですが、れんこんはあっさりしてますので、くどくなる心配がなく、他の素材と組み合わせて幾らでも食べられます。

DSC09514DSC09518








                左のれんこんカレースープが実に美味でした。お肉が一切使われておりませんので、肉嫌いの私の女房もお裾分けして貰いよろこんで食べていました。
右は彩りが綺麗だと思って写しました。「トキメキ何とか」というロマンティックな名前が付けられていました。瓶はれんこんリキュール。試飲したかったのですが、飲むと運転できませんので、諦めました。

DSC09516
しばらくしてパンが出て来ました。「れんこんピザ」、料理全部にれんこんが使われています。

DSC09517
全体の様子ですね。立ってみえるネクタイの紳士は山田岐阜県議ですね。こういう地域のイベントに参加して頂けることは本当に有難いことです。

DSC09524
DSC09525
この後で「孝子佛佐吉双六」を使って双六ゲームを楽しみました。童心に帰り大賑わいでした。

DSC09526
これは本日のお土産。「れんこんパン」と「れんこん」。土の着いたとれたてれんこんです。


DSC09506
私が中央で恐縮の記念撮影。「皆様に満足して頂けて嬉しかった」と馬場会長の感想でした。