聞く所によりますと、今年で最後の七夕祭りが昨日・今日とありました。

DSC01846
これは昨日の様子で、催しが始まる前で閑散としています。往時と比べれば吹き流しの数も全く少なく、潮時というのも致し方がないと思います。


DSC01847
ここが商店街の一番中心の御坊瀬古(ごぼぜこ)前広場になります。


DSC01873
一日明けて、さすがに祭りの雰囲気が出て来た御坊瀬古広場です。意外と頑張っていまして色々な催しが企画されていましたので、連続して数枚、写真でご紹介します。


DSC01860

DSC01859

DSC01871
ビンゴゲーム大会

DSC01875

DSC01876

DSC01880

DSC01883


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC01889
夜も近所で太鼓の音がしていましたので、まだやっているのかなと思って、撮ってきました。


DSC01891

 
振り返りますと、この七夕祭り、棟続きの親戚が菓子屋をやっていまして、だいぶ前から飾り付けの準備に入ります。当時は千代紙のようなものを何枚か重ねて、花をを作っていましたが、私も手伝いました。手先が不器用なので、花らしくならずに苦労したことが懐かしい記憶です。

新幹線開通50周年と言うことで、おもちゃの新幹線の乗り物が催しに登場していました。
今や新幹線の駅は日本中至る所にある普通の駅でしょうが、未だに新幹線「岐阜羽島駅」が唯一の自慢では、停滞振りが察せられます。

来年から形を変えて別の企画もあるようですが、殆どがサラリーマンですから、商店街は関係の無い方向に持っていかないと市民参加のイベントにはならないでしょう。

「竹鼻商店街七夕祭り」にはさよならの日でした。別に七夕を止める必要はないので、羽島市幼稚園・保育園連合七夕祭りにでもすれば大いに盛り上がるのではないでしょうか!