本は、岐阜県立と羽島市立の両図書館から借りてきて読んでいます。年金暮らしで手元いささか不如意ですし、置いておく場所もないからです。

処で、アマゾンを見ると良書をタダ同然で買うことが出来ます。

若い頃に帰り、世界文学や思想とかも読み出してきますと、クラシックなものは手元に置いておきたいという気にもなり、イロイロ物色をして、極めつきに安くて(1円~100円+郵送費、シェイクスピアは少し高かった)、欲しいなと思うものを物色して注文したら、8冊届きました。

DSC06917

見ているだけでもワクワクしてきます。少年時代の夢、教員の頃は辞めたら本三昧になるぞと、やはりこれも夢、その夢が身近になるようで歓びが湧き上がって来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※フェイスブックでも同様の事をアップしましたが、削除しました。
本を読んでいると言うと嫌がられるというか、周り見ても本好きの人は一人もいません。

探せば専門的にたくさん読んでいる方はいるのでしょうが、私みたいにジェネラルと言いますか、ただ憧れを求めて本を読むという人は珍しいようですネ。

これだけ本好きですから、自分でも出したいと思っているかと言いますと、そんな気には全くなりません。イロイロと神経悩ますことなく、ただ悠然と過ごしたいと思っております。