DSC_0645

お地蔵さんのお堂の奥に見えているのが大仏寺「お茶所」であります。


DSC_0637 (1)-2
入ってすぐの室内の様子です。右に見えますのは友人木版画家堀江良一さんの作品。


DSC_0644
天井近くに掛けてありますのは、羽島市内在住の色鉛筆の画家の石井さんの作品。


DSC_0643 (1)-2
こちらは今小・中学校の校長先生ですが昨年度まで岐阜県美術館で学芸普及員をされていた美濃市の家田さんの作品。


DSC_0639
最後になりますが、今日岐阜のギャラリー「いまじん」で購入してきました出口友佳子さんの作品を真ん中に、左が浅村理江さん、右が堀江さんで、相当若い時の作です。
利用されるのはご老人が多いのですが、抽象3作を目にされてどんな感想を抱かれるでしょうか。


このお茶所ですが、会合とか茶話会で利用して頂く目的で作っております。私の願いは「佐吉大仏」にもっと自然に接して頂く事ですから多いに利用して頂きたいと思います。広い駐車場もあります。夜間も自由に使えます。お金は要りません。活溌に使って頂きたいと望んでおります。

お申し込みは「大仏寺」☎・FAX 058-391-5032です。