◎先ず岐女短の学生さんからご紹介
岐女短1 (2)
羽島市の「テキスタイルマテリアルセンター」での研修の途次、佐吉大仏にも立ち寄っていただきました。10名ずつくらい2班に分かれてのお越しです。


岐女短2 (2)
岐女短と言いますと、岐阜県ではお嫁さんにしたいNo.1の学校で、そういうことは遠い昔話ですが、何となく心浮き立つものがあります。


岐女短3
日頃老人会の方との付き合いが多くて、親戚縁者を見渡してみても、平均が70歳代くらいですから、若いお嬢さん方がまとまってみえると、まるで未知の世界の方々を前にしたいるかの様なおかしな気分でした。


岐女短4 (2)

岐女短5
学生さん達は大仏さんのお腹の中に入って楽しくはしゃぎ、引率の先生お二人は神妙に「般若心経」を唱えられるという、微笑ましい場面が繰り広げられました。


◎山内寿美さんのご来訪

同日アーティストの山内寿美さんにも来訪していただきました。

大仏胎内に入られている時の写真です。

山内寿美4

山内2

山内1 (2)


山内さんと最初にお会いしたのは

岐阜市の画廊「いまじん」で行われた山内寿美展を観に行った時です。

その時の模様は、当ブログの2017年9月24日にアップしていますので、関心ある方はそちらの方を見て下さい。

山内展5 (2)

「いまじん」の個展は本格的なものですが、過日岐阜県不破郡垂井町のコーヒー専門店でも小品展を開かれましたので、行ってきました。

名前は忘れたのですが、フランス風と言いますかスイス風と言いますか、洒落た名前の喫茶店でした。

写真は数多く撮れなかったのですが、数枚続けてご紹介します。

山内8 (2)

山内展1 (2)


山内展2 (2)

山内展3 (2)


山内展6 (2)

ご説明によると、環境問題や人間の血液の流れという深遠なテーマだそうですが、私は作家さんから受けた印象に左右されているのか、「垢抜け」した小品の並ぶ展示という感じがしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初に書くべき事ですが、皆さんご参拝有り難うございました