佐吉大仏 ヒラメ記(代表:永田章のブログ)

佐吉大仏代表永田章(ヒラメ)のブログ 佐吉大仏の他にも地域の紹介等

テレビに出た佐吉大仏

CBCテレビの取材がありました

cbc1 (2)


CBCは東海地区を代表するテレビ局ですが、本日取材して頂きました。

cbc2

番組は午後4時頃からの報道番組「チャント!」内の「なりゆきアフロ」というコーナーで、副島淳(そえじま・じゅん)さんが案内人で、地元の人に聞いてなりゆきで取材するという番組です。
ですから、私は留守で女房が対応しました。
上の写真は後からスタッフだけで大仏さんを撮りに来たもので、副島さんとは会っていません。


cbc3 (2)
女房の話では、副島淳さんは大仏さんの中に入ったそうです。彼は大変な巨漢として印象に残っていますので、よく入れたものと驚きます。

放映日時は7月12日(金)午後5時から6時までの間の10分間です。見られない方も多いと思いますが、後日ネットでも配信されると聞きましたので、どなたも見ることが出来ます。

「佐吉大仏」東海テレビ「スイッチ」に出ました。

東海テレビ「スイッチ」と言う番組内に「ご朱印巡り」というコーナーがあります。

DSC_0440
東海地方の神社仏閣を訪ね、ご朱印を貰ってくる趣向です。


DSC_0441
今日は岐阜県羽島市竹鼻町のお寺で、佐吉大仏もその一つ。


DSC_0447
当番組は生放送ですが、取材は既に住んでいます。


DSC_0435
案内は物真似タレントの神奈月さん。たくさん写真がありますので、今日は佐吉大仏だけ。


DSC_0399
中々神々しいような大仏寺。私はこの右側に住んでいます。


DSC_0408
私であります。私の肩書きはその都度違いますが、今回は「大佛寺代表」となっております。
衣を着ていないので、住職というわけにもいかないでしょう。


DSC_0400
早速ご案内。後ろ姿に年齢を感じますが昔から猫背と言われてきました。


DSC_0391
お堂のご案内。時間は結構かかっていまして全行程90分位です。テレビは数分ですが、食べ物の添え物ではなくてお参りが主ですから、良い番組に仕上がっていました。


DSC_0404
ここでは丈六仏についてお話ししています。今回は仏像について学術的な話になりました。今まで勉強してきたことが結構役に立ちました。



DSC_0403
佐吉大仏は普通の大仏と違い、うつむいていませんから、少し高いところから撮らないと、本当の顔が分かりません。左の方が瞑想中の釈迦という感じかなと思います。


DSC_0402
神奈月さんも見上げるとすぐに「良い顔」と言われましたが、本当に素晴らしい大仏さんです。


DSC_0405
梯子を掛けて胎内に入って頂きました。どうしてこうなったかもテレビでは説明されました。


DSC_0432
笑み満面の神奈月さんの表情で、今日はおしまいとします。有り難うございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC_0433
真ん中「佐吉大仏」は手書きで、書道の先生に書いてもらいました。


東海テレビ「スイッチ」の撮影終了

東海テレビ「スイッチ」の撮影がありました。

DSC07679
待ちに待ってやっと到着。しかしこの後・・・


DSC07683
町に繰り出す。更に待つこと2時間。


DSC07684
終わった後の記念撮影。説明時間は80分くらい。スッカリ疲れました。

この番組は東海テレビ(木)「スイッチ」の中の「ご朱印巡り」のコーナー。10時25分くらいから放送されます。「スイッチ」は生放送ですから、案内の神奈月さんは、午前中は名古屋のスタジオで出演。終わってから羽島来訪。お疲れ様です。

佐吉大仏が何分くらい出るか分かりませんが、地域の皆様は是非見て下さい。


テレビ放映の予定 東海テレビ7月9日(木) 

今日突然電話がかかってきまして、来週18日撮影に来て頂けることになりました。

DSC_0282


DSC_0277

残念なことに私は番組名もタレントさんも知らないのですが、誠に目出度いことであります。

立ち寄り場所は「本覚寺」と「佐吉大仏」、及び「兎月園」でみそぎ団子をいただきます。

撮影はまだで、この18日(木)なんですが、予告して良いと言われましたのでご連絡します。

打ち合わせをしながら番組を作っていくようなもので、私が余りしゃべりすぎたせいか、演出の方から町の案内人に起用すると言われました。

さぁ、どうなりますか

岐阜チャン:「昭和がらくた劇場」で佐吉大仏紹介

5月25日(日)、岐阜チャン「昭和がらくた劇場」で「佐吉大仏」が紹介されました。


DSC01243
左側が岐阜チャン会長の杉山幹夫氏で、岐阜県のメディアの中心人物です。彼がキャスターを務める番組で、小学校の時に遠足で来られたそうです。私が生まれる以前です。


DSC01244
長い時間でなかったのですが、ポイントを抑えて魅力的に「佐吉大仏」が映されていました。


DSC01239
大変素晴らしい横顔でないかと思います。


DSC01245
昔の写真も紹介して頂き、的確なテロップが付けられています。


DSC01246
DSC01248
『・・・二宮尊徳らと並んで・・・』とあります。四年半前、名鉄windで初めて大きく採り上げて頂いたときも、佐吉翁について、そのように書かれていました。
その時はいくら何でも贔屓の引き倒しになると、首を傾げたものです。しかし明治時代の徳育関係の資料を調べると、決して大げさな表現ではないことが分かってきました。
岐阜県の方に、これがどれほど大きな事か分かって頂きたいと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと、どのようなことが番組で紹介されたか一枚ずつ写真でご紹介。

DSC01242
新幹線「岐阜羽島駅」前の大野伴睦夫妻像。鶴の一声で決まったという半世紀前の有名な話。


DSC01241
                   竹鼻祭りの夜山車の様子


DSC01250
                        千代菊酒造


DSC01252
                      羽島市映画資料館


杉山会長、80半ばにおなりでないかと思われますが、隣りの笠松町の出身で竹鼻の思い出と言えば、大仏さん、竹鼻祭り、千代菊、そして映画と言うことになるのでしょう。


岐阜チャン「昭和がらくた劇場」撮影ご報告

DSC01166

岐阜県のローカルテレビ局ですが、岐阜チャンが撮影に来てくれました。
同局の看板番組「昭和がらくた劇場」で、竹鼻訪問が話題になります。看板というのは、キャスターの杉山幹夫氏は、岐阜チャンの会長で、岐阜新聞のオーナー家の当主です。

DSC01154 (1)
DSC01156 (1)
上の二枚は、事前撮影と言いますか、大仏さんだけを朝撮りに来たところです。


DSC01158
DSC01157
今回は珍しく私は出演せずに、会長さんと相方のオカダさんのみの撮影となりました。
上は、英語の説明があって大変よろしいと杉山会長が褒めているところです。


DSC01163
私は余り記念撮影をお願いしないのですが、今回は岐阜県のメディアの一番中心人物ですから、お願いして写真を撮りました。
女房は入る予定はなかったのですが、会長が一緒にと言われ、断るのも何ですから・・・




《テレビ出演の記録》⑧毎日放送「昔の人は偉かった」

3月28日(金)午後5時~5時半 毎日放送「昔の人は偉かった」で佐吉大仏が紹介されましたので、私の所だけですがテレビから写して記録に残していきたいと思います。

DSC00473
こういう番組で、結構人気が高いと教えて頂きました。私の所は東海エリアですから、知らないだけで、今までで一番たくさんの人が見られた可能性はあると思います。


DSC00476
並んだ方が感想を述べられるのだろうと思いますが、顔見知りの人も多く、番組のステータスは感じ取られます。


DSC00487
赤線がついている所を歩いて、その間の偉人を紹介していく番組内容でした。大仏さんが真ん中に映っています。誇らしいことです。


DSC00489
「佐吉大仏」は大仏さんでなく、建立者の永田佐吉翁の紹介が主でした。


DSC00496
大仏さんももちろん映されまして、なかなかしっかりと撮れていました。この写真は、後日二回目に撮り直しに来て撮したものであります。


DSC00497
このお二人が歩いて旅して歩き、質問や説明を行うと言う主旨でした。


DSC00502
30分の番組で、その内佐吉翁に関する紹介時間は5分くらいでした。しかし十分事前調査がなされており、佐吉翁の事蹟について要領よくポイントを突いた説明で、今までの旅番組の中では、一番内容が濃いモノであったと思います。


DSC00505
私も十分活躍させて頂きまして、後半部分は私の説明シーンばかりでした。誠に晴れがましい限りでしたが、いかんせん東海地区では放映されていませんでしたので、反応はファイスブックのお友達からお寄せ頂いた一件だけでした。

しかしながら、多くの方のお陰で、徐々に知名度が高まりつつあります。有り難いことです。


《テレビ出演の記録⑧》 〝思い出の「ゴリ夢中」〟

DSC09561

テレビ出演の記録はこれで最後になります。中京テレビ「ゴリ夢中」は私が最初にテレビに出演した番組で2011年1月16日の放映です。
色々思い出満載の番組で、画像を入れながら記憶を辿りたいと思います。

DSC09585

事の起こりは、名古屋栄に本社を置く映像会社から「大仏さんを見学したい」という電話がかかったことです。
翌日ゴリ夢中のディレクターのYさんが訪ねてきました。
ゴリ夢中では4回にわたる羽島シリーズを作成予定で、「佐吉大仏」に知ったきっかけは、このうどん屋さんで名所として聞いたからです。ゴリさんが尋ねていますが、彼はシナリオに沿った演技をしています。

DSC09586

羽島シリーズ4回と言いましても、1回は海津市にある「お千代保稲荷」、残り3回が羽島市で「佐吉大仏」、「千代菊酒造」、「長谷虎紡績株式会社」の順です。
番組提供が名鉄で、地域を代表する所を選択していますが、「お千代保稲荷」が海津市と一切紹介されず、最初から羽島シリーズと銘打って作られていたのには驚きました。

DSC09584

私はテレビなど思いもかけず、Yさんを教材を作成する会社の編集員だと誤解して、昼過ぎから大仏さんだけでなく、羽島全体のことをお話しして、その上で車で案内して、帰る頃には夕方でした。

彼女の言ったことで二つ印象に残った発言がありまして・・・

◎お茶を出した女房に向かって、「奥さん旦那さんに疲れられませんか?」

◎帰る時フトした感じで、「永田さんの夢は何ですか?」

正直で精神の漲る最高にステキな女性でした
化粧っ気もなく、小野洋子を思わす、ずんぐりむっくりのご体型のウーマン。
何故ジョンレノンが、小野洋子と結婚したのか、長らく不思議でしたが、初めて納得できました。

DSC09574DSC09569








二時にカメラを持ってくると言われましたので、Yさんを待っておりました。そうしましたらゴリさんが来られて「説明して欲しい」と言われました。私は人を持っているので、困ったなあと思いながら、話をして出ていったら、テレビカメラが撮されていたので、ビックリ!
「それは何や!」と怒っている所であります。

DSC09567

やがて事態が飲み込めてきて、テレビに出るのはここからだと思っていましたら、タバコを吸っている所から映っていて、親戚から「ヤクザの親分みたいだ!」と言われました。

DSC09564

この頃まで、私はテレビや新聞を全く見ていなくて、ゴリさんという人を知りませんでした。
テレビの案内人のような方かなと推測しながらのご案内です。

DSC09562

ゴリさん「願い事は何ですか?」・・・私「関係ありません。」
ゴリさん「願い事をしなければ、一体何をする所なのか?」

この会話はテレビに出ませんでしたが、以降「佐吉大仏」を考える上で非常に印象に残りました。
私は虚を突かれた様に感じて、一瞬言葉に窮しました。
しかし、〔参拝=ご利益〕という発想は、標準化している様で、これ以降は、ご利益否定の発言は避けることになりました。
ご利益を生き方全体に及ぼす事として捉えると共に、理由が何であれ参拝のきっかけになれば、それもイイのでないかと思うようになりました。

DSC09578

撮影終了後、Yさんが自宅に訪ねてきて、アルバムを全部見せて欲しいと言いました。
何の関係があるのかと思いながら、言われた通りにしました。

DSC09580

これは小学校4,5年生の頃の写真ですね。父、祖母、妹と同級生の女の子が一人映っています。そんなに親しいわけではないのですが、お寺の娘さんで、お父さんが後に京都永観堂の管主になられました。佐吉翁の関係で祖母と大変親しかったわけです。

DSC09581

これは20代最後の頃、高校で英語を教えていた時の写真です。この番組は、ゴリさんそっちのけで、私の一代記になってしまいました。

DSC09589

撮影時間は1時間半に及び、その間しゃべり続けました。これは1時間近く経った頃でないかと思いますが、周りには近所中からいっぱい人が集まっていました。

DSC09583

まだこの頃は、母もそんなにボケておらず、事態の掌握が出来ていましたので、テレビを視て大いに笑いました。

もうこの番組から月日が経ちましたが、Yさんが言われるには家の中に入り込んで色々話し込んだのは、番組を撮り出して、初めてだったそうです。
私もおかげで記憶に残る素晴らしいテレビ出演になりました。誠に感謝しております。

《テレビ出演の記録⑦》NHKホットイブニング岐阜


DSC09534 2013年2月28日NHKホットイブニング岐阜

 ふるさと人物伝 ~永田佐吉~

 これは一年間にわたり岐阜県の著名な人物12
 人を採り上げ、その足跡を紹介した企画です。





DSC09556
この番組では、津田左右吉、下田歌子の様な日本的な人から今日忘れ去られた人まで、人物に焦点を当ててじっくりと紹介されました。
12人の中で、明治時代以前で採り上げられたのは永田佐吉ただ一人という栄誉に浴しました。

春日局、森蘭丸、円空上人と岐阜県出身で全国的に著名な方はいますが、確実な事蹟を辿りにくいと言う理由で永田佐吉一人に絞られたわけです。


DSC09536
これは戦後の復刻本ですが、「修身」の教科書の永田佐吉のページの紹介です。

DSC09537
これは明治時代の岐阜県の尋常小学校の歴史と地理の教科書です。実物です。岐阜県では色々な教科で時間をかけて学びました。本の方は、現在は羽島市歴史民俗資料館に展示されています。


DSC09541
歴史民俗資料館が保有している永田佐吉の徳行を描いた日本画です。これをパネル化したものを大仏寺に展示しています。


DSC09542
大垣市の中山道沿いの大島堤という所にある永田佐吉建立の道しるべの紹介です。


DSC09545
永田佐吉直筆の軸も紹介されました。親孝行の歌としてもっともよく知られているものです。
バックが緑で中々テレビ映りが良いようですが、私の家の庭です。小さな庭ですが画面の切り方によってはよく見える好例です。撮影には相当時間をかけていました。

DSC09544

DSC09543
永田佐吉は絵も本当に上手いので、このように部分も時間をとって、映し出されました。


DSC09547
当然大仏さんを忘れることは出来ませんので、最後に登場しました。

DSC09555
横顔です。正面から見上げるのとは異なって。非常に端正な顔をされていると思います。


DSC09550
番組は結構充実していまして、昭和42年の永田佐吉彰徳祭の模様も紹介されました。


DSC09551
しおらしく線香を灯していますが、ディレクターの注文に応じてポーズを作ったものです。

DSC09553
インタビューでは、真面目な顔をしてしゃべっております。番組に合わせてと言うことです。


DSC09549
今回は永田佐吉に正面から取り組んだ番組で、大変素晴らしい内容であったと思います。

《テレビ出演の記録⑥》ウドチャンの旅してゴメン

今回は3年ほど前に放映され時々再放送されるメーテレ「ウドちゃんの旅してゴメン」の記録です。

DSC09458

ウドちゃんは丁度竹鼻別院の「藤まつり」期間中に訪れます。

DSC09463
                      竹鼻別院の門をくぐって

DSC09466
ウドちゃんは、藤を愛でます。非常に分かり易い説明がついています。県指定の記念物です。

この後に、格子戸の家並みが続く、チョット風情のある路を歩いて行きます。

DSC09459

この通りを歩き看板を見つけます。

DSC09460

大仏さんがあることを発見して、それでは行ってみようかという段取りになります。

DSC09470

私は二階の部屋から見ていまして、アレッ!とか思って出ていき、ウドちゃんとご対面です。

DSC09477

非常に感心したのですが、説明をしようとすると「先ずお参りしてから」と言われて、敬虔な様子で合掌されました。この方は本当に低姿勢で驚きました。

DSC09473DSC09475







佐吉翁の説明もきちんと入れて頂き、大変有難かったです。

・この後で二人でタバコを一服したのですが、ウドちゃんはマルボロで私は「そんな強いタバコを吸っては健康に悪いではないか」と云おうと思ったのですが、五十歩百歩ですから止めました。

・後日撮影隊が佐吉大仏を撮りに来ましたが、25、6歳の一番若い人がディレクターで、「東大卒?」と不躾な質問をしましたら、高卒でした。創造性ある人は学歴に頼らないと感嘆です。

後から撮した写真を・・・

DSC09483 (1)


◎ 番組で紹介されたグルメを二つ

・竹鼻名物〝みそぎ団子〟

DSC09484
DSC09468


・千代菊酒造〝レンコンリキュール〟

DSC09485
DSC09481

《テレビ出演の記録⑤》 花咲タイムズ~アジアン


DSC09427

今日は2010年11月6日CBC放映の「花咲タイムズ アジアンの旅」の記録です。

画面でお分かりのように3カ所ポイントを挙げていますが、その順でご案内。


名物グルメ

DSC09444
DSC09429
羽島市竹鼻町は田んぼと言えば蓮田。レンコンは県内一の収穫量。名物レンコン料理。

DSC09457

DSC09456



あんな所に入っちゃった

DSC09435

DSC09437
DSC09438
馬場園さんは抜群の笑顔ですね。この方は頭が高速度に回転しているようで、ディレクターそっちのけで、撮影隊に「こうする あーする」と指示を出し、それに従ってスタッフは動いていました。
大仏の胎内に入り、最初に言ったことが「無心になる」でした。その言葉にも驚嘆しました。

DSC09431
最初は神妙に合掌しました。「佐吉大仏」の放映はお笑いの方が多いのですが、皆さん神仏に対する敬いの気持ちを持っておられて、いつも感心させられます。


旗をあげて船で木曽川を渡りましょう

DSC09447DSC09446









DSC09448DSC09443









「愛知県営西中野渡船場」と書いてありますが、協力し合って観光に役立てています。
多い日には百人くらい利用されるそうです。ご利用の方は市の商工観光課に問い合わせて下さい。

DSC09441
こんな昔の写真もテレビで紹介されました。昔は木曽川は交通の最大の手段でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC09449
画面に吹き渡る風のように、誠にさわやかなアジアンの羽島の旅でした。

《テレビ出演の記録④》わくわくワクワクドライブ珍道中


DSC09418

今回は平成23年2月「大垣ケーブルテレビ」放映の「わくわくクドライブ珍道中」
リポーターの女性を知らないのですが、中には知ってみえる方もいるようです。マイナーなだけに至って気楽で家族的雰囲気で撮影できました。

DSC09410
パネルの前で佐吉さんのことを説明しています。とても人なつっこいお二人だと思いました。

DSC09416DSC09417







パネルも映して貰えて非常に有難かったです。

DSC09408
               佐吉像も適切な説明を付けて紹介されました。

DSC09412
DSC09414
大仏さんの胎内に入胎。「地上じゃないみたい。雲の上にいる様な感じ!」と川崎さん(右)


DSC09420
少し上の方からも撮影されました。テレビは非常に丁寧な作り方をされていて嬉しく思いました。


◎最後に松田えりかさんが言われたことで非常に記憶に残っていることがあります。

「そう言う風なら、私でも拝むことが出来る」・・・仏教と言いますと、先祖の霊とか浄土とかを想定しがちです。又仏様に助けてもらうという言い方もします。現代の学校教育を受けてきますと、素直に信じる方が難しいですね。佐吉翁の人生やお釈迦様に対する敬意と言うことでしたら素直に頷けるのです。敬いの気持ちを持って学ぼうという姿勢の表れが合掌という仕草に繋がるということなら、「私も出来る」と彼女は言ったのです。

仏教は広範で色々な捉え方が出来ると思いますので、決めつけることは出来ませんが、佐吉大仏の在り方の一つとして大きな示唆を与えて頂けたと思いました。

《テレビ出演の記録③》〝そこ知り板東リサーチ〟

3回目の今回は、3年前CBCで放映された「そこ知り板東リサーチ」。
残念ながら、板東英二さんの不祥事(脱税)により番組打ち切りになってしまいました。

DSC09401

この番組は女性ディレクターの方と長時間打ち合わせをして、半分ディレクター補佐のような役割でした。

〇「水をテーマにしたいのですが、どう捉えて良いか分からない。」
〇「水は災いと恵みの両面がある。恵みと捉えるべきである。」
夜の九時頃、会社から電話がかかってきて、1時間以上話をして、上の結論になりました。

DSC09360
羽島十カ所以上廻ったのですが、大仏寺はお堂の写真から紹介されました。


DSC09364
「結構口が悪いので、絶対に怒らないようにして欲しい」と何度も念を押されての撮影でした。


DSC09366
ビビる大木さんが映っていますが、テレビを視るまでこの人の存在を知りませんでした。
ほとんど板東さん一人で話を進めていきました。


DSC09369
DSC09372
DSC09373

板東さんが手にしているのは岐阜県の明治時代の地理の教科書で、下の写真の左上のものです。本番中に抱え込んでしまわれて「欲しい」とか云われて、やんわりとお断りしました。


DSC09381
DSC09380
笑いを取った珍場面ですが、木魚の「ばい」でけいすを叩かれたので、慌てて止めに入っている所です。
今でこそ云える事ですが、経台の上に「般若心経」を見つけられ、「僕も詠める」と板東さんは読み始められました。耳を澄まして訊いていますと「キーニョームーリョージューニョライ・・・」。これは「正信偈」ですね。「般若心経」にはカナが打ってありますが、勝手が違い坂東さんも内心では相当緊張されていたと思います。

写真でお分かりのように、坂東さんは壇の上に座ってみえます。今はこの壇がありません。車いすや足の悪い方にも使って頂ける様に取り去りました。

DSC09385
去り際の表情で、すっかりご満悦です。次の場所で「住職になった!」と言われたそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

折角ですので、面白そうな所を三か所ほど選んで、ご紹介します。

DSC09400
黄金堂(羽島市江吉良町2340 ℡058-391-6556)さんです。

DSC09386
地元産のヨモギを使った草餅で総理大臣賞を取りました。草餅と云いますとお千代保稲荷を思い浮かべる人もいるかと思いますが羽島の方が美味いと思います。味は好みですが。
忘れてならないのは「佐吉もちどら」と云いまして、大仏さんをパッケージに使った美味しいもちっとしたドラヤキ饅頭がある事です。(一個140円、草餅は100円だったと思います?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次はO農園のいちご

DSC09387
DSC09389
最近余り聞かないのですが、この頃はしょっちゅうテレビに出ていましたO農園のイチゴ
右下4個桐箱に入れて1万円。こぶし大の特大サイズは、その希少価値で一個3万。
口をあんぐり開けてテレビを視ていました。小さいのはもっとリーズナブルです。相当甘いと聞いていますが。私は食べた事がありません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC09390

最後は一乗寺内の喫茶店「亜伽」

DSC09394

ディレクターから、「羽島に面白い喫茶店はないか?」と訊かれまして、当時は余り知らなかったという事もありますが「市外からわざわざ来るような喫茶店は無い。但しお寺の中にある面白い喫茶店が一つあります」と云って紹介したのが一乗寺「亜伽」です。

DSC09396

喫茶だけでなく食事も出来るようです。ビビる大木さんの食べているもの・・・
DSC09398

最後は興に乗って鐘をつきます。

DSC09399

◎今から振り返ると羽島案内の番組としては「そこ知り板東リサーチ」が最も充実していたようです。板東さん復帰されまして、第二弾を是非放映してもらいたいと願っております。

「テレビ出演の記録②」〝西川きよしのご縁です〟

忘れない所で一番新しい東海テレビ「西川きよしのご縁です」。平成25年1月24日放映

DSC09314

登場されたのは、西川きよし、梅沢富美男、板尾創路のお三方。ビッグメンバーです。

二月くらい前ですがお堂の中に男女二人組を見かけましたので、ご夫婦かなと思ってアレコレ説明しましたら、番組ディレクターと制作者側の方でした。
首尾良く撮影して頂ける事になりまして、撮影は12月の初め頃でなかったかと思います。年末年始の特別番組が入りますので、相当時期がずれました。

DSC09356
お堂には入ってみえる所です。偶然見つけたような会話でしたが、事前の連絡を受けています。


DSC09354
ディレクターが笑いを取りたいと強調されるので、余りずっこけると地域の中には嫌がられる人もいるので心配だったのですが、敬虔なシーンが最初にあり、これでホッとしました。


DSC09355
これが私です。最近何かと目立つものですから、とにかく低姿勢で行くつもりでしたが、梅沢富美男さんが来られたのはビックリしました。


DSC09336DSC09332








DSC09325DSC09326







胎内に入胎したいと申し出がありましたので、ある程度インパクトがあって記憶に残った方が良いと思っていますので、積極的に協力しました。テレビでは西川さんだけだったのですが、梅沢さんも入りました。テレビで胎内が映されたのは初めてです。


DSC09317
入り口の所にチラッと写っていますが、女房と私でお見送りしている所です。静かなようですが10人くらいスタッフの人が取り囲んでいます。
撮影の数日後に西川きよしさんから直接お礼の電話を頂きまして、そんな事は初めてでした。
立派な方だと感心しました。

ところで、お店屋さんはテレビで放映されると、次の日はどっとお客さんが来るようですが、そんな事はありません。チラホラです。しかし「羽島に来て30年になるが、初めて知った」という人もおられましたから、テレビの効果は絶大です。又あると良いなと思いました、贅沢な話ですが。

「テレビ出演の記録①」

暫くシリーズで「テレビ出演の記録」を続けたいと思います。

初めて出たのは平成22年年1月中京テレビ「ゴリ夢中」です。先週の金曜日に東海テレビ「西川きよしのご縁です」に少しですが出させて頂き、これで7回目と云う事になります。

それ以前にテレビに出ると云う事は考えられませんでしたので、全く驚いています。

「佐吉大仏」自体も、テレビで紹介されると云うことは記録になく、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」で地域紹介の中で十秒程度大仏の写真だけが少し写されただけです。
文字通り隔世の感がします。

7回を記憶の順に書きますと・・・
①中京テレビ「ゴリ夢中」            ②CBC「そこ知り板東リサーチ」
③CBC「花咲かタイムズ」            ④大垣ケーブルテレビ「ドライブ珍道中」
⑤メーテレ「ウドちゃんの旅してゴメン」  ⑥NHK岐阜「ホッとイブニング(ふるさと人物伝)」
⑦東海テレビ「西川きよしのご縁です」

⑥を除くと大体食べ歩き的な番組ですね。「佐吉大仏」は地域の名所という扱いです。
お会いしたタレントさんは(敬称略で)・・・
西川きよし、梅沢富美男、板尾創路、キャイーンのウドちゃん、ガレッジセールのゴリさん
板東英二、ビビる大木、アジアン 吉本の方が多いですね。

バックアップを取っていますので、その中から数カット写しまして、思い出話も含めて一日おきくらいにご紹介したいと思います。

DSC09334





最新コメント