佐吉大仏 ヒラメ記(代表:永田章のブログ)

佐吉大仏代表永田章(ヒラメ)のブログ 佐吉大仏の他にも地域の紹介等

羽島の行事

連休中のいろいろ②:まちかどコンサート2019

去る4月27日(土)、私の家の隣にある青山スクエアで「まちかどコンサート」というイベントが開かれました。

4まちかどコンサート

プログラムは3部構成で①竹鼻中学ブラスバンドの演奏、②佐吉音頭、③大城バネッサショーでした。

まちかどコンサート15

まちかどコンサート16

私は家で留守番で、時々覗いては写真を撮りました。

佐吉音頭1 (2)
私に取りましては何と言っても最大関心事は「佐吉音頭」の発表で、その模様です。

佐吉音頭2 (2)
ステージ上では踊りのグループが艶やかな衣装でご披露。

佐吉音頭3 (2)

6まちかどコンサート
前の方では町内のご婦人方が大佛寺の半被を着て発表。

佐吉音頭4 (2)
私は本当に感激しました。

チャチャチャ体操1 (2)

チャチャチャ体操2 (2)

まちかどコンサート13 (2)
続きましてチャチャチャ体操。上の3枚は我が家の物干しから撮ったものです。

この曲は、軽運動用に青山るみさんが作詞、元殿様キングズの宮地おさむさんが作曲したもので、毎月一回青山スクエアで行っています。

5まちかどコンサート
作詞された青山るみさんも先頭で指導されました。

青山るみさんのご長男が光司さんと言われて、近年タレントの観月ありささんと結婚しましたので、知っている方も多いと思います。

まちかどコンサート14 (2)
スーテージ上は来賓の方々。左から二人目が松井羽島市長、黄色のジャケットの方は、るみさんの旦那さんの馥(かおる)さん。その他に県会議員と市会議員の先生方。

まちかどコンサート18

まちかどコンサート20

トリは演歌歌手の大城バネッサショー。沖縄出身で羽島市在住。時々テレビの歌謡番組にも出演します。

まちかどコンサート10 (3)
これで最後ですが、左端が我が妻。実行委員会のメンバーとして活躍しました。


上鍋屋町老人会の交通安全教室

一年も終りに近づきましたので、今までブログにアップできなかった出来事を順次ご紹介しようと思います。

11月28日ですが私の町内・上鍋の老人会を対象にした交通安全教室が佐吉大仏のお堂で開かれました。写真を数枚連続してご披露します。


交通安全教室1


交通安全教室3


交通安全教室2


交通安全教室4


交通安全教室6
下3枚の写真は竹鼻交番長金子さんのお話ししている時の様子です。後で確認し合ってビックリしたのですが、金子交番長は、私が若い頃勤務していた岐阜県立加茂高校で、卒業学年を担任した時の生徒さんでした。お互い余り記憶が鮮明でなく、それは大変有り難いことでした。


朝のさわやか体操

昨年から我が家の隣の「青山スクエア」で、毎月第一日曜の朝15分程ですが、近所の方が集まって「朝のさわやか体操」を行っています。

チャチャチャ1
これは物干しから写した所です。私は世話人の一人で司会進行を務めていますが、体操の最中に急いで物干しに上がってシャッターを押しました。


ちゃちゃちゃ4
内容はラジオ体操第一・第二及び青山るみさんが作詞した「るみとバネのチャチャチャ体操」です。
ラジオ体操は男性陣が前に出て模範。


ちゃちゃちゃ5
チャチャチャ体操は、近所の女性陣が師範であります。


チャチャチャ3
終了後にはお土産として「美里のご飯」がいただけます。


チャチャチャ2
この日は「青山スクエア」を羽島市に寄贈し、尚且つ、「朝のさわやか体操」では「美里のご飯」を提供していただいている国際クラブの青山馥オーナーがみえましたので、青山オーナーを囲んで参加して頂いている市会議員の方と共に記念写真。
右から星野市議、伏屋羽島市教育長、青山オーナー、堀市議、私、原市議です。

自由参加ですのでどなたもお気楽にどうぞ。車は大仏寺駐車場にお願いします。



平成29年度「朝のチャチャチャ体操」最終日

チャチャチャ2 真四角 (2)
我家の隣「青山スクエア」で毎月第一日曜に実施していました「朝のチャチャチャ体操」も3月4日に最終日を迎えました。


チャチャチャ体操6
毎回思ったよりも多くの方が参加しました。


チャチャチャ4 (2)
チャチャチャ体操7

模範演技を行っているのは、上鍋のおばさん方とこの歌の作詞・歌の青山るみさん。真ん中のグレイの服の形がるみさん。左端が私の女房。

大変好評でしたので、平成30年度も続行することになりました。

チャチャチャ平成30年度 (2)

これが一年間の計画です。誰でも参加でき、お土産に「美里のご飯」が頂けますから、近くの方はふるってご参加下さい。


チャレンジデイ (2)
内容は似たようなものですが、これは別途で行うチャレンジデー羽島市の計画です。こちらも行ってまいりますので、よろしくお願いします。


「羽島市能楽を楽しむ会」 佐吉大仏での発表会

◎写真がたくさんありますので、気楽に眺めて下さい。

会1 (2)


会2
地元の竹鼻小学校・中学校の児童・生徒も会に協力して行います。


会5 (2)


会4
「羽島市能楽を楽しむ会」牧野元子会長による挨拶


会6
伏屋羽島市教育長の挨拶。県会議員や市会議員の方々、山車保存会の会長、竹小・竹中の校長先生など多くの来賓の方々にも来て頂きました。


会8


会10 (2)
創作能「竹鼻の大仏」から。独吟は牧野会長。


会11


会12
竹鼻祭り囃子から「三木利」、「六斎」、「早神楽」


会16


会15
舞囃子(猩々)


会19 (2)


会43


会18
幸若舞「敦盛」、敦盛を舞われるのは、金剛流シテ方竹市幸司能楽師です。


会20
竹鼻祭りの奉芸である「からくり」の時に演奏する「人形」という曲の演奏です。


会22


会23 (3)
愛知県からお招きしたゲストの竹市幸司能楽師による謡い指導の時間で採り上げる題材は結婚式によく謡われる「高砂」です。


会25 (2)


会26
会場の皆様方も先生に続いて一生懸命に謡ってみえました。


会30


会41
間に仕舞の披露がありました。


会33 (2)


会48 (2)
最後は宝暦治水の逸話を題材にした創作能「竹鼻の藤」。


会38
羽島市邦楽連盟の野田会長のお礼の挨拶。


会40
一時間半に及ぶ発表でしたが、皆様満足して帰られました。

新春早々ですが、また来年のお楽しみです。



町内の左義長風景

今日は地元上鍋屋町の左義長の日です。

左義長6


左義長3
準備が整いました


左義長5


左義長11
お札やお守りと言った神聖なものは、この火にくべて燃やします。


左義長1


左義長8


9左義長


左義長10
やや分かりにくいのですが倒す方向が年ごとに違い、今年は南東向きだそうです。


左義長12


左義長13
下火になってきましたらお餅を焼いて、一年の無病息災を願って食べます。


左義長14
我が家のお餅で、今日の昼はぜんざいとして食べるのが習わしです。


町内老人会の交通安全教室

11月29日(水)10時半より、町内老人会の交通安全教室が開かれました。

交通安全教室6 私の挨拶
最初に挨拶したのは、他でもない上鍋老人会長の私。


交通安全教室 係長
警察署の方はなんと5名見えたのですが、先頭で挨拶されたのが警務課係長加藤警部補さん。沢口靖子さんを思わせるきれいな方でした。


交通安全教室
会場は大仏寺のお堂、佐吉大仏に見守られての交通安全教室でした。


交通安全教室2b
コント風の説明で、笑いながら楽しく聞くことができました。


忘年会
12時からは早めの町内忘年会。この後にビンゴゲームを行いました。私は忙しすぎて、写真を撮るのを忘れてしまいまして残念。新年会では忘れないようにしたいと思います。


お盆の棚経

今日はお盆の中日で、菩提寺の本覚寺さんからお盆の棚経に来て頂きました。

DSC_0257


DSC_0259
小学校の5年生のご長男と1年生の次男さんを伴っての盆行です。子供のうちから少しずつ教えていきたいというご住職のお考えで、誠に見習うべきだと思います。

進学塾とかピアノや野球とかも結構ですが、家を継いでいくというのも大切なことで、今日忘れられ勝ちなことを教えて頂いた様です。


DSC_0262
大仏さんにも合掌して頂き有り難うございました。


DSC_0243


DSC_0245
こちらはその本覚寺でありまして、昨日東京から帰省した息子夫婦と一緒に本覚寺に墓参りに行ってきたときのものです。

新旧交代で、少し前までの私達夫婦の姿でもでもあります。


チャレンジデー2017協賛イベント 大盛況

青山スクエアに「Challengeday」の横幕が掛けられました。

IMGP0776

当初は上鍋屋町と隣の下町一丁目の老人会で控え目に行う計画でした。

IMGP0780

IMGP0779
それがドンドン大きくなってきまして、参加賞まで出ることになりました。


IMGP0786
松井聡羽島市長の挨拶。ご案内差し上げたわけでないですが、行事が市を挙げたものですから、各会場を朝から廻られます。羽島市教育長さんもお越しでした。


IMGP0787

IMGP0789
始めにラジオ体操。会場の「青山スクエア」が一杯になっていることが良くお分かりと思います。


IMGP0794
こちらは青山るみさん。これからるみさんが作詞した「歌声チャチャチャ体操」を行います。


IMGP0800

IMGP0797

IMGP0804
普通の日に竹鼻の町中でこんなに大勢の人が集まるのは、何年振りだろうと感慨深い思いがありました。人が集まると元気にも成れますので、時々行えたら良いと思いました。


IMGP0806
最後に冷たいお茶を飲んだり、参加賞の「美里のご飯」を頂いたり、朝の会話を楽しんだり、実に爽やかに朝の一時を送ることが出来ました。


「チャレンジデー2017」と「唄声チャチャチャ体操」

チャレンジデー2017という運動行事が羽島市であります。どういう行事かということは、下の写真の左下ポスターの部分を見て頂くと分かります。

DSC_0455

上の案内は私が作ったものですが、私の町内老人会の女性陣が盛り上がりまして、我が家の東隣の青山スクエアを利用して、朝の軽運動を行うことにしました。

ラジオ体操は分かるのですが、ここに「唄声チャチャチャ体操」なるものが入っています。

これは一体如何なるものか?

DSC_0438
青山るみさんが作詞して、「女の操」で一世風靡した宮地オサムさんが作曲した、軽体操用の歌です。一緒に写っている大城バネサさんは、るみさんが同居させて育てている演歌歌手です。


DSC_0433
DSC_0436
るみさんと気楽に呼んでいますが、私と同じ町内で100㍍足らずの距離、年は一つしか離れておりません。子供会で一緒にお祭や火の用心の見回りをした仲であります。
今では大違いでありまして、国際クラブ理事長。他にも肩書きはものすごくあるのですが、旦那様と一緒にカンボジャに14の学校を寄付したり井戸は数知れず、羽島市だけでなく近隣の町に奨学金や図書費を寄付されたり、その他諸々。
その他諸々には、当佐吉大仏も入っております。誠に有り難う御座います。


DSC_0474
演歌歌手として、地元の岐阜ローカル局ですが、「るみとバネサの夢追いかけて」というレギュラー番組を持っておられます。この番組のスポンサーは全部旦那様や息子さんの会社でした。

今日は何と るみさん作詞の「仏の佐吉音頭」のご紹介もありました。左の男性は作曲者の岡千秋さん。「長良川艶歌」ではレコード大賞受賞、「浪花恋時雨」では都はるみさんとドゥエットして紅白歌合戦で歌われました。

ご長男には東京の会社を譲られていて、彼は昨年、青年実業家として女優の観月ありささんと祝賀の宴を挙げられました。

お金があるのは何と素晴らしいことかと思わざるを得ませんが、お金持ちでも実は人のために使える方は数少ない。
日本中のお金の或る方々に、青山夫婦を鑑とされて、善行に励んで貰いたいものです。



平成29年竹鼻祭の様子

平成29年の竹鼻祭は好天に恵まれ、多くの人で賑わいました。「佐吉大仏」にも、ご覧のように多くの方に来て頂き、私は殆ど大仏寺にいましたので、近くで撮った写真ばかりですが、項目に分けてご紹介したいと思います。


<竹鼻祭の佐吉大仏>

DSC_0311


DSC_0342


DSC_0353


<大仏寺駐車場で山車の展示>

山車の曳行は隔年毎で行われ、今年は六台曳行され、残りの七台は三箇所で展示されました。その内の三台が大仏寺駐車場で展示されました。

DSC_0310
左から下鍋、上鍋、川町の順。


DSC_0334
カラクリ、布袋踊り、手踊りとそれぞれに個性があって面白いですね。


DSC_0334 (1)-2
川町の山車には祭見物に来た子ども達が乗せてもらえて、良い思い出になりました。


DSC_0304


DSC_0302


DSC_0303
豪華と言うほかない川町の横幕と見送り。


DSC_0308


DSC_0307
こちらは下鍋屋町。


DSC_0306


DSC_0305
螺鈿細工。


DSC_0357
私の町内、上鍋は何と言っても布袋様が人気者で、こちらは會所に展示してある先代布袋様。


<六幸市(ろくさいいち)>

家の隣の「青山スクエア」では協賛イベントとしてフリーマーケット「六幸市」が開かれました。

DSC_0298


DSC_0300
二枚の写真は我が家の物干しから写したものです。


DSC_0315


DSC_0312
時間が経つにつれ多くの人で賑わってくるようになりました。


DSC_0326
山車もこのように通っていきます。


<上鍋屋町の會所前での芸の披露と山車曳行の様子>

DSC_0316


DSC_0318


DSC_0319
大西町の山車がやって来ました。大西町は竹鼻の中でも一番屈強な方が揃っていて、他の町内のようにゴムタイヤを装備して、回転しやすくしていませんので、見ていて力が入ります。


DSC_0320


DSC_0322


DSC_0325
上鍋屋町の會所前で芸を披露して、次の會所に移っていきます。大西町はカラクリですね。


DSC_0327


DSC_0328


DSC_0332
入れ違うように宮町の山車がやってきました。宮町は可愛らしいお嬢さんの手踊りの披露。


<大仏児童公園の賑わい>

DSC_0336


DSC_0339
隣の「大仏児童公園」を覗いてみましたら、サイドにびっしりと自転車が置かれ、ビックリしました。


DSC_0343
公園内では多くの親子づれや子ども達が楽しそうに遊んでいました。昔と比べると、年齢層が若くなって、明るくて健康そうな感じがしました。結構午後も遅くなっていましたが、見て頂くと分かりますように全くゴミが落ちていないことにも驚きました。


DSC_0344


DSC_0346
一番奥に設置してある「仏佐吉彰徳碑」の前が整備されて、すっきりと見やすくなりました。公園の奥行きも自然と拡がり、奥の方に来て遊んでいる子ども達もいました。


<夜山車(よやま)の準備>

DSC_0348


DSC_0349


DSC_0350
今年は上城と今町の二町内が夜山車を曳くことになり、その準備に大わらわです。


DSC_0354


DSC_0355
準備が整いました。出発は「佐吉大仏前」と言うことになりますネ。


<夜山車の曳行と上鍋會所での芸の披露>

DSC_0358



DSC_0359


DSC_0361


DSC_0363
ここまで上城。


DSC_0364


DSC_0365


DSC_0373
続きまして今町。


<夜山車の追っかけ>

夜山車と言いましても、上鍋は一番最初で宵の口。余り暗くなくて夜山車の感じが稀薄であります。そこで、他の町内の方に山車を追っかけていき、その雰囲気を味わってきました。

DSC_0375
夜山車が出なかった頃は、六時過ぎには香具師も引き上げていましたが、夜山車に合わせて香具師も店開きを続け、観光客も結構沢山残っていて、イイ感じでありました。


DSC_0377


DSC_0383


DSC_0384
本町を過ぎる上城の夜山車。


DSC_0386 (1)-2


DSC_0387
今町の山車が中町へとやってきました。


DSC_0401 (1)-x
清酒で名高い「千代菊」まえに設けられた中町會所で手踊りが披露されました。



DSC_0393
凄艶とでも形容したくなる少女だけが持つ神々しいような美しさに圧倒される思いがしました。


DSC_0404 (1)-2


DSC_0406
商工会議所前で今町の山車を見送り、今年の竹鼻祭を感動的に終えることが出来ました。



竹鼻別院藤祭り 初日の様子

昨日は竹鼻別院藤祭り開会式で20分ほど前に出かけて行きました。

DSC_0254
桜もそうだったのですが、今年は開花(藤でも開花というのか?)が遅れているようです。


DSC_0255
別角度から。一本の幹から広がっていることがよく分かります。


DSC_0256
境内の東南に設置してある鐘楼に上って撮ったものです。


DSC_0258
お店も並んで準備に精を出している最中でした。


DSC_0262
開会式・・・来賓の方と主催者側が左右に分かれて腰掛けています。


DSC_0263
市会議員の先生3名と一緒にお茶を一服。文字通り市会の重鎮方で、右から議長、監査、副議長。監査の星野君は小・中学校の同級生でよく遊びました。お互い年を取りました。


「第2回背割堤さくらまつり」初日の模様

DSC_0240
木曽川の堤防を上り、やや南の方にくだりますと、駐車場に降りて行く坂道があります。イベント会場は左の方ですから、どうしても迷います。


DSC_0228
この川を更に何㎞か下流に行きますと、グライダーの発着場が有り、その関係からグライダーが展示してあるのだと思います。


DSC_0230
もう少し賑やかに想像していたのですが、少し寂しいですね。無理もないことで、場所は羽島市の南端に位置していて、羽島市民は殆ど来たことがないところで、馴染みもありません。駐車場の車にも結構「名古屋」や「尾張小牧」ナンバーがあって、今後の活かし方の参考になります。


DSC_0239
敷地内を流れている小川で、石のステップに風情を感じますが、足の悪い方や子どもさんを抱いている方には危なので、中央の一つは安全第一の橋を架けるべきだと思いました。


DSC_0232


DSC_0233
堤防の上から下を写してみました。


DSC_0237
反対方向です。前の建物がツヤ消しですが、伊吹山がくっきりと浮かんで見えました。


「羽島市能楽を楽しむ会」の発表会の記事が中日新聞に掲載

3月20日に行われた「羽島市能楽を楽しむ会」の「第5回佐吉大仏発表会」の記事が中日新聞に掲載されましたので転載してご紹介します。

DSC_0225 (1)-2
 

「竹鼻祭」と「竹鼻別院藤祭り」の写真展示

「芸術家からの年賀状展」は無事終了しまして、3月~5月の予定で堂内の展示を「竹鼻祭」と「竹鼻別院藤祭り」の写真に変えました。下のような感じです。

DSC_0026



DSC_0027



DSC_0028



DSC_0029

これらは今までに撮り溜めていた写真ですので、この機会に展示した写真を中心に元写真の方を紹介したいと思いますので、見て下されば嬉しく思います。


◎ 竹鼻別院藤祭り

DSC_0411



DSC_0412 (1)-y (2)



DSC_0417



DSC_0414



DSC_0440 (1)-y



DSC_0442 (1)-2


◎ 竹鼻祭

DSC00901



DSC04939 (1)



DSC00911



DSC00925



DSC00947



DSC00951 (1)



DSC05010



DSC04929



DSC04928



DSC01003



DSC04985 (1)



DSC00973



DSC00920 (1)-2



DSC_0210 (1)



DSC00044 (1)-y



DSC05005



DSC00903 (1)-x



DSC_0239 (1)-2



DSC00902 (1)-2



DSC00905



DSC05001



DSC04997



DSC_0226



DSC_0215



DSC00938 (1)-2



DSC01012



DSC01020



DSC01019

最新コメント