2013年03月21日

2013.03.21 THURSDAY TALK LIVE

2013.03.21
hillsパン工場 presents 10th Anniversary week
〜THURSDAY TALK LIVE〜

<出演>
寺尾 広
車谷 啓介
斉田 才

<ゲスト>
亀井 俊和
大賀 好修

image

  続きを読む

Posted by kano_dream at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月20日

7周年

ff32acde.jpg
9e5ae996.jpg
hillsパン工場7周年NIGHT

出演者:さぁさ、Shiho、植田真梨恵、岡崎雪
オープニングアクト:NICO

何やらチケット余ってるから来てほしいと1時間前に連絡が入ったので、
とりあえず仕事終わりに久しぶりのパン工場へ。
チラホラと知っている顔ぶれが外で立っていました。
一部の知り合いさんは紅白出場した某アイドル声優のライブ@大阪城ホールへ行っているそうな。

そういえばここの地下に降りるのがかなり久しぶり。半年以上ぶりになると思います。
突然だったので今日はバーカウンターの椅子に座ってのんびり観戦。

オープニングアクトのNICOはGIZAクリからの刺客な女性2人組
…う…ん?スクールから出てるわりには歌がそこそこなのはなぜだろう?

アクトはサクッと終わって本編へ。
今日の出演者はGIZAとの関係が長い人が多いですね。

最初の出演はShihoさん
いちばん最初に見た時は星田紫帆名義で出ていました。
「真面目なロッカー」なShihoさんは今日はアコースティックスタイルでの登場。
歌声にすごくまったりゆったりとさせてもらいました。

バンド入れ替わりの間に思い出話。ちょうど7年前のこの日、初回ライブのオープニングアクトにB'zの稲葉さんが出演、
さらに次のライブではZARDの坂井さんが登場したとか。
その頃は見ていないですが、今では考えられない…当時でも考えられないくらい豪華すぎる出演者でした。

そして今日のバンドメンバーはこれまた久しぶりにGIZAで固めてきました。
Gu.大賀さん、Key.大楠さん、Ba.麻井さん、Dr.亀井さん
これがGIZAのパン工場ライブだと言わんばかりのメンバーですね。

さて、次の出演者は植田真梨恵さん。
インディーズ活動も3年くらいになるのでしょうか。それでもまだ10代とびっくりな若さです。
ファッション誌で連載が始まったり、来月には東京で舞台に出演予定だったりと知らない間に活動の幅が広がっています。
高音部の力強い歌声が印象的でした。

次はコーラス歴10年を経て去年末にJazzでメジャーデビューした岡崎雪さん。
雰囲気も一気に変わって「オトナの時間」になりました。
このhillsパン工場をコーラスとして7年間支えてきただけに実力は今日の出演者の中でナンバーワンでした。
最後までアダルトな歌声を聞かせてもらいました。

最後の出演者はインディーズから去年3月にメジャーデビューしたさぁささん。メジャーデビューからちょうど1年くらいですね。
アコギ片手にさわやかな歌を聞かせてもらいました。
聞いている人を優しい気持ちにさせてくれる歌声でした。

そしてアンコールでは出演者全員で1曲
これぞパン工場でのライブっていう感じがしました。

今日はライブは久しぶりにこれぞGIZAって感じのライブでした。
またこういうライブを見たいですね。

  

Posted by kano_dream at 21:43Comments(0)TrackBack(0)

2009年10月04日

今日はライブ

fe13eefd.jpgSPEEDのライブを見に行きます!
SPEEDは数年ぶりなのですごく楽しみにしていました!
前回も大阪城ホールだったような気がします。

今回はベスト中心に旧アルバムからの選曲もあるみたいなのですごく楽しみです。

あと1時間くらいで開演…早く行かないと。
  

Posted by kano_dream at 14:07Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月14日

2009.2.14 AIKO KITAHARA LIVE 2009 〜春風が舞う頃には〜

a607ca1d.JPG今日は北原愛子さんのバレンタインライブに来ています。

現地でファンの人達を見るだけのつもりでしたが、
どうやらチケットが余ってる人がいたらしく、急遽譲ってもらうことになりました。

何の準備もせずにスーツで来ているのでうしろでのんびり見るとします。

あ。セットリストはどこか他の方のを見て下さい。

さて、ライブですね。
誰が何と言おうとのんびり見…見れるわけないですよね。

スタートから5曲一気にテンション高めな曲をセレクトし、
この段階で腕が頭の上に上がってました。

MCを挟みながら次はゆったりできる曲をこちらも5曲ほど続けます。

この段階ですでに夜勤明けのカラダは休憩を求めていたのは言うまでもありません。

ここで衣装チェンジかな?
この間を繋ぐのはバンドメンバー、インストを挟んでメンバー紹介。
それぞれのソロでキレイにメンバーを紹介してました。
紹介では大楠さんのキーボードとPONさんのボイパが特に切れてました。

ここからは衣装を変えて後半戦。
後半戦は6曲くらいだったと思います。
前半とは違って曲席をどんどん煽ってきます。
コール練習では右側と左側だけでなくてチョコをもらった人やチョコをあげた女子(あれ?男子は?)なんかもありました。

あとは最後まで突っ走って客席もノリノリでした。
そこまで乗せられたらカラダが勝手に動いてしまいます。

アンコールではライブTシャツ&タオルで登場。
新曲の春風が舞う頃にはではライブタオルがくるくると回っていました。
その中に非公式グッズのタオルも5〜10枚くらいはあったような。
Special Days!!では歌いながらチョコを客席にばらまいていました。
うしろにも投げてて上手側に投げたときはちゃんと届いたのに。
下手側に投げたときは照明とかに当たって届かないんです。
最後の最後に未発表曲のパラダイスを披露しました。
退場時は最前列の人たちとtouch meしていました。

ラストのラストでまさかのダブルアンコールか?
と思って期待したら愛子さん登場でメッセージを届けてくれました。


さすがはワンマンライブということでいつものパン工場よりも盛り上がりがよかったように思います。
客の入りも250人以上入った感じですしまだまだ勢いはあるなと思います。

これからの活動にも期待が持てますね。


久しぶりのライブレポでございました。
  

Posted by kano_dream at 20:55Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月11日

2008.10.11 KITAHARA NIGHT

e53721e0.JPG
チケットを何とか手配できましたたので、
北原愛子さんのバースデーライブを見てきました。

実はチケット枚数を急遽増やして当日券を若干ながら用意していたみたいです。

今日のライブ前アナウンスはコーラスの岡崎雪さんでした。
しっかりとハッキリと楽しい前説でした。

ライブは「君の瞳に恋してる」から始まり、
「Crazy↑↑↑」でテンション全開

続けて「TANGO」で客先を一体にしていました。

MCでは話の内容を考えずにその場の勢いで話していることが判明。
ここでゆっくりと秋らしく「Season」

秋から冬へ「冬うらら」
今日はいつも以上に客席のうしろの方までいいノリをしている気がします。

このあたりからしっとりとしたコーナーへ。
「もしも生まれ変わったらもう一度愛してくれますか」

「雨の中」
「ダイジョウブ」
「Message」

ここでラテンのリズムでハッピーバースデーが流れてきてスタッフがケーキを…。
思わず涙が出てきていました。
ここで完全に次の進行を忘れてしまって他の人に聞いてました。

ここで新曲、ゴルゴ13のタイアップがついているようです。
「その笑顔よ 永遠に」
軽いテンポで熱すぎないけどノリのいい曲です。

「もう心揺れたりしないで」
「恋の引力」
「SAMBA NIGHT」

ここからメドレー?
「special Days!!」〜「Sun rise train」〜「grand blue」〜「常夏のエトセトラ」

まだまだ続きます…と思いきやあと2曲
「DA DA DA」
「AMORE〜恋せよ!乙女たちよ!!〜」
サビでの掛け声をコーラスの岡崎さんが客席に向けてカンペを出してます。
でも少し間違えたような。

アンコールの始めには今回の海賊グッズ、Tシャツが本人から紹介。
前回のタオルと共に海賊グッズは本人公認みたいです。
製作業者の方お疲れ様です。

そしてメンバー紹介+HPやライブ前に集めたバースデーメッセージを紹介

最後に
「また会おうね」
最後に歌詞を間違えたのもご愛敬です。

今日はバースデーライブということでいつもよりも客席の一体感があったように感じます。
セットリストはゆったりコーナーとイケイケコーナーを
完全に分けたメリハリのある組み合わせでした。

しっかりと楽しめるライブでした。

最後のアナウンスは北原愛子さん本人でした。
  

Posted by kano_dream at 20:33Comments(3)TrackBack(0)