かの的きまぐれ日記

ちょっとエッチなOL花乃子のきまぐれなブログです♪ 会社ではおとなしくて真面目だと思われてる女の裏の顔です・・・・・。 自傷癖がありますので、苦手な方は見ないようにしてください(>_<)

40センチ入っちゃった・・・・

いつも拍手コメントを読ませて頂いてるのですが、前回の記事のコメントで『子宮底部を破壊してみては?』的な書き込みがありました。

やってみようと思い、ここ1ヶ月ほど子宮口拡張をしてました。

おかげさまで私の子宮口はガバガバです(笑)

仕事中も何かを突っ込んでました・・・・

子宮口は直径1.5センチほど開いてます。

ガバガバになったので、何かを突っ込んでみたくなりますよね(>_<)

生理前の私は誰も止められません(笑)

暴走してしまいます。

弟が暇そうにしてたので呼んできました。

使うアイテムは『お風呂のかき混ぜ棒』です。

ちょうど床に立てれる仕様なので最高ですね。


dbcdc1b6.jpg


長さは50センチあります。

ローションを使うので弟も一緒に浴室へ。

ローションを膣に大量に流し込みます。

そして、かき混ぜ棒にもローションをタップリ塗ります。

かき混ぜ棒に跨がり腰を落として膣に挿入します。

ズブズブっと腰を落としていくと先端が子宮口に当たりました。

ですが、いくら子宮口を1.5センチほどまで拡張したとはいえ3センチ近くある棒の先端は入りません。

『ん~入んないかぁ・・・・』

・・・・・・・・・・。

『ねえ、私に抱きついて全体重かけて』

弟『わかった』

ガシッ

弟が後ろから私に抱きつき、足を床から離して全体重をかけます。

私も同時に足の力を完全に抜き、全体重をかけて腰を落とします。

ズブッ!!!

一気に私のお尻が床近くまで落ちました。


3865ae39.jpg


『かはっ』

さすがに2人の全体重をかけたので、棒は子宮口を突き破りました。

40センチ近く体内に・・・・

弟『姉ちゃん大丈夫?』

『う・・・・・・・あ・・・・・・・・』

声が出ません。

というより息ができない(>_<)

(汚いので省略しますが、この時嘔吐しました)

ものすごい勢いで棒が子宮口を突き抜け子宮底部を突き上げたわけですから・・・・

下腹部に電気が走り、お腹に凄まじい衝撃が来ました。

50センチ有るかき混ぜ棒は10センチほどしか膣から出てません。

(浴室が暗いので写メも暗くてスミマセン)


ボブサップにお腹殴られたらこんな感じなのかな?

苦しい・・・・・

弟『え?入りすぎじゃね?マジ大丈夫?』

『うぅ・・・・・・・・』

下半身が痺れてきました。

でも・・・・・

やるなら徹底的に・・・・・

ですよね。

苦しさに耐えながら四つん這いになります。

『・・・・・・・蹴って』

弟『え?』

『・・・・・棒おもいっきり蹴って』

弟『いいの?』

10センチほど膣から出てる棒を弟が思い切り蹴ります。

ガスッ!

『うぶっ!!』

お腹の中がグシャってなるのが解ります。

息が詰まります。

ガスッ!

『うぐっ!』

私は四つん這いの姿勢が保てなくなり、うつ伏せに倒れ込みます。

弟『これじゃあ蹴れないな』

弟が私の両足を掴みます。

そして強烈な電気あんまをしてきます。

ガスガスガスガスッ・・・・

『ああぁぁぁぁぁぁあっ!!!』

お腹の中が押し潰されます。

と、ここで失禁&痙攣してる私を見て弟がレフェリーストップ(?)

弟『そろそろ終わろう、死にそうだし(笑)』

『うぅ・・・・・・・・・』

弟『抜くよ』

ズチュッ

『ああっ!』



自力で立てないので部屋まで運んでもらいました(>_<)

ずっと不思議なんですけど、何で子宮の中イジメると吐いちゃうんだろう・・・・

消化系の内臓じゃないのに。

フトモモとかに電気走るのも謎だし(笑)


まあともかく・・・・

月曜日仕事行けるかな?(汗)






いざ!ヌーディストビーチへ♪

GWを利用して、ついに念願のヌーディストビーチに行っちゃいました!

この旅行の為に頑張って貯金しました(>_<)

ヌーディストビーチと言っても2タイプあります。

水着OKでトップレスが多いビーチ(性器は隠す)

もう1つは全裸で性器を露出しても良いビーチ。

もちろん私が行ったのは後者です(笑)

情報収集にも随分と時間がかかりました。

でも、やっぱり行ってみたいって気持ちが強く・・・・

だって露出狂にとっては究極の場所じゃないですかっ!

友人を無理やり誘って旅行を計画しちゃいました(笑)

ご安心ください、私の変態度を理解してる友人ですので・・・・

ホテルで一休みした後、早速ビーチに向かいます。

海外の海って綺麗ですね。


01255cc4.jpg


周りを見渡すと、全裸の人ばかり・・・・・

逆に服を着てると浮いてしまいます。

早速ぬぎぬぎ・・・・

全裸になります。

日本なら逮捕されます。

ですが、ここはヌーディストビーチ!

合法なのです!

全裸で人がたくさん居る所を歩く・・・・

すごい解放感です♪

これまでの人生で味わった事の無いほどの解放感。

高いお金払う価値はありますね。

男性達は性器をブラブラさせながら歩いてます。

目のやり場に困ります(>_<)

『外人さんって大っきいね(笑)』などと友人と話したり・・・・

女性の方々は、うつ伏せで砂の上で寝てる方が多いみたい。

皆さん足を結構開いててオマンコ丸見えな方も(笑)

一つ発見をしました。

地元の方と観光客が一瞬で見分けれるんです。

観光客の男性は目をギラギラさせてたり落ち着きがなかったり、キョロキョロしたりしてます。

観光客の女性は裸を見られる事に慣れてないようで恥ずかしそうにしていたり、さりげなく手で隠そうとしていたり・・・・

地元の方はすぐ解ります。

裸が当たり前って感じで、凄く普通です。

まるで普通のビーチで水着を来ているかのような振る舞いですね。

私のような美女(?)が全裸で歩いててもチラッとも見てきません。

観光客は結構見てきますね・・・・

歩く度にタプンタプン揺れるおっぱいをチラチラ見られます(>_<)

それにしても歩きにくいです。

何故か?

・・・・・・・

私の膣には野球のボール(軟球)が入ってるからです!(笑)

このボールは日本から私の膣に入ってます。

飛行機に乗ってる時もずっと入ってました。

物陰で友人に頼んでコッソリボールを取り出してもらいます。

ズブッ!

『あっ・・・・』

友人の手が私の膣内を掻き回してボールを取り出します。

『ふぅ、苦しかった』

そして観光客が多い場所を選んでにシートをひいて陣取ります。

かなり距離が近いです。

さっそく観光客の方に足を向け、うつ伏せに寝っ転がります。

足を大きく開いてお尻を突き上げます。

自分では見れないので友人に写メを撮ってもらいました。

『うわぁ、エロい』

友人『エロいっていうよりグロいよ(笑)』

野球のボールを入れっぱなしにしていた私の膣はパックリ開いて空洞化しています。


9a32684a.jpg


(画像が運営さんに消されてしまいました。見れた方はラッキーでしたね)


パックリ開いたオマンコを知らない男性に見られて興奮しまくりです!

通りすがりの男性も私のオマンコをガン見してます(笑)

噂が広まったのか、私の足元に人が集まってる気が・・・・

でも全く問題ありません。

何故ならここはヌーディストビーチだからです!

膣がめちゃくちゃ開いてて中が丸見えでも合法なのです!

凄まじい解放感です。

私がシートをひいたのは、ちょうど通り道なんです。

もちろん通り道の方に足を向けてます。

通る人に私のパックリ開いたオマンコを見られます。

ここまでドキドキしたのは何年ぶりでしょうか・・・・

愛液が膣内から溢れ落ちます。

ちょっと触ってみたらグチョグチョ(>_<)

すると男性が話しかけてきました。

男性『こんにちは、日本の方ですか?』

日本人のようです。

『はい、奇遇ですね』

30歳くらいかな?

顔のすぐ近くに男性のアソコが(照)

男性『なんか日本人同士だと恥ずかしいですね』

友人『この子のアソコ見ました?』

『ちょっと!』

男性『見てないですけど・・・・』

友人『面白いから見てみてください』

男性『うわっ』

『・・・・・・・・・(照)』

男性『凄いですね(汗)』

友人『ガバガバでしょ?』

『ガバガバって言うなぁ』

友人『拳入りますよ、やってみます?』

男性『え?いいんですか?』

『どうぞ・・・・・』

男性『じゃあ・・・・・』

男性が私のお尻の前に来ます。

私はさらにお尻を上げて四つん這いの格好。

友人『思いっきり突っ込んじゃってください(笑)』

男性『いきますよ』

ズンッ!!

『かはっ!!』

男性『おおっ』

さらに男性は拳で膣内を掻き回します。

ズチュッ!

グチュッ!!

『ああっ!』

子宮にもゴツンゴツン当たってます。

『あっ、イク・・・・』

人が見てる場所でイっちゃいました(>_<)

さらにガバガバに・・・・(泣)

その後もガバガバ空洞オマンコ丸見えで寝っ転がってました(>_<)

『ねえ、オマンコにペットボトル入れて寝てたらどうなるかな?』

友人『笑い者じゃない?(笑)』

『やってみよっか』

友人『いいんじゃない?』

『はい、これ』

友人『えぇ!?私もやるの?』

『当たり前でしょ。2人のほうが面白いし』

友人『私はアンタみたいにガバガバじゃないし!入んないよ』

『またがってみて』

ペットボトルを地面に立て、友人を跨がらせます。

『先っぽ入ったよ。そのまま体重かけて腰落として』

友人『も、もう無理・・・・裂ける・・・』

えいっ!

私が友人に抱きついて全体重をかけます。

友人『あ゛ぁぁぁぁぁあ!!!』

『入っちゃったね』

友人『うぅ、お腹苦し・・・・』

2人で膣にペットボトルを突っ込んで寝っ転がります。

皆さん笑いながら通りすぎていきます。

友人『あんたのは最初から使いもんならないけど、私までガバガバなったらどうすんのよ・・・・』

・・・・・・・・・・。

イラッ(´Д`)

『えいっ』

ガスッ!!

友人『うぐっ!!』

ペットボトルに思いっきりキックしてみました(笑)

ペットボトルが体内にめり込み友人は悶絶。

仕返しに膣に大量の砂を詰め込まれました(泣)

そんなこんなで色々あったけど、めちゃめちゃ楽しんできました!

変態はヌーディストビーチに行っても変態でした(汗)

友人は今でも子宮痛いって言ってました(笑)

日本にもヌーディストビーチ有ったら良いのに・・・・










バケツを持つだけで100万円!

所属するサークルでもお世話になってるSMクラブで何やら大会が有り、賞金100万円との事。

欲しい物が溢れてる私としては100万円は魅力的♪

聞いてみるとルールは10分間、頭の上にバケツを持って耐えるだけ・・・・らしい。

使う道具は竹刀だけとの事。

竹刀?竹刀ってアレだよね?

剣道で使うやつ。


e829cd07.jpg



木刀とかバットならキツいけど、竹刀なら耐えれそう・・・・・

明らかに武器としては低ダメージの部類に入りますよね・・・・たぶん。

顔や手足への攻撃は禁止のようで一安心。

イメージは江戸時代の拷問。・・・・・らしい。

全く解りません(笑)

10分間竹刀で叩かれて耐えれば賞金ゲットってことかな?

ルールがイマイチ解らない・・・・

とりあえず会場に入ると誓約書にサイン。

私が一番最初の挑戦者のようで、すぐに舞台に呼ばれます。

舞台に上がると観客の方々が目に映ります。

会員制のクラブなので、観客は皆SMに興味が有る人ばかり。

舞台上には背もたれの無い椅子が2つ置いてあります。

拷問官『服を脱いで椅子の上に立ってください』

『はい』

そして半分ほど水が入ったバケツを渡されます。

拷問官『これを頭の上で持ってください。水をこぼしたら失格です』

『あの、ちょっとでもこぼしたら失格ですか?』

拷問官『いえ、9割こぼしたら失格となります。バランスを崩して椅子から落ちても大丈夫です』

ふむふむ・・・・・。

ちょっとこぼれるのは大丈夫なのかぁ。

横には巨大なデジタルのタイマーが有り、10分にセットされてます。

2つの椅子は70センチほど離れてるので、足を開く格好になりパイパンな私の割れ目は観客に丸見えです。

椅子に立ってバケツを持つってだけでも結構辛い・・・・(>_<)

水が少な目なのが唯一の救いです。


拷問官『じゃあ始めます!』

タイマーのスイッチが入り、カウンターが動きだします。

頭の上でバケツ持ってる格好って、よく考えたらかなり無防備です。

手が使えないので縛られてるのと変わらない・・・・

でも100万円の為なら耐えれるよね(>_<)

木刀とかバットじゃなくて竹刀だし。

すると、拷問官のパンチが私のお腹に・・・・

ドスッ!

『うっ』

パンチも有りなのね・・・・

さらに数発。

ドスッ!

『うっ!』

ドスッ!

『うっ!!』

今度は子宮の辺りに・・・・

ドスッ!!

『うぐっ!』

さすがに苦しい(>_<)


拷問官が竹刀を持ちます。

お尻を思い切り叩かれます。

バシッ!

『ああっ!』

予想以上に痛い・・・・(泣)

バシッ!

『ああぁっ!』

今度は胸を叩かれます。

バシッ!

『ああっ!』

お尻や胸や背中やお腹を何度も叩かれます。

痛い・・・・・。

でも耐えれない痛さではありません。

椅子に乗ってるので胸は叩きにくそう。

竹刀で子宮の辺りを突かれます。

ドスッ!

『うぐっ!』

息が詰まります・・・・

突くのはダメージ高い・・・(>_<)


拷問官『打たれ強い人ですね・・・・』

普通の女の子ならギブアップしてるんでしょうね。

拷問官『では、身体の内側はどうですか?』

・・・・・・・。

やっぱりこうなるのね(汗)

まあ、弱点といえばアソコですよね。

椅子に乗って足を開いてるわけなので、超無防備・・・・

竹刀を下から突き上げ性器周辺(クリや尿道の辺り)を思い切り何度も突かれます。

ドスッ!

『ああっ!!』

クリにヒットすると激痛です。

『うぅ・・・・・・』

さすがにダメージが大きいです。

拷問官が竹刀を両手で持ちます。

そして膣口めがけて思い切り突き上げました。

私の足が椅子から浮く程の力で・・・・


ドスッ!!!

『かはっ』

子宮を串刺しにするかの勢いで突かれ、身体がくの字に折れ曲がります。

バケツを落としそうになりますが、何とか耐えます。

ドスッ!

『うぅっ』

ドスッ!

『うぐっ』

でもバケツは離しません。

今度は片手で竹刀で子宮を突き上げながら、お腹をパンチしてきます。

身体の外側と内側の両方から私の大事な部分を攻撃されます。

ドスッ!

『うっ』

ボゴッ!

『うぐっ』


そしてダメージが蓄積された私に拷問官の渾身の一撃が私のお腹に。

ドゴッ!

拷問官の体重をかけたパンチにバランスを崩し、椅子から落ちます。

でも椅子から落ちただけなら失格にはなりません。

私の身体がバランスを崩し椅子から落ちて地面へ。


グシャッ!

『あ゛ぁぁぁっ!!』

竹刀が膣に入ったまま垂直に椅子から落ちてしまいました。

子宮や内臓が押し潰され、息ができなくなり吐き気も・・・・

おまけに失禁までしちゃいました(>_<)

膝から崩れダウンしてしまいました。

もちろんバケツの水はこぼれ失格。

子宮破裂寸前のダメージにしばらく悶絶してました。



賞金もゲットできず子宮潰されるっていう最悪の結果に・・・・・


日頃の行いが悪いからかな?


livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ