2013年07月25日

 こちらに移転しましたので よろしくお願いいたします。

四季の風

HANA HANA HAHA〜 サラダボールと 長い間お付き合い下さってありがとうございます。

ブログ友さんの足跡が消えてしまって HANAHAの方の記録を繰ると その頃からお付き合いしていた女性の ブログ友さん達は結構やめられたり 細々とUPされている方が多くて 8年目の月日を感じました。

ランキングを外してからこちらも細々していますが それでも訪ねてくださる方がいらしてくださって嬉しい限りです。
今後共共に老い共に励まし合って 余生を楽しめたらと願っています。
どうぞよろしくお願いいたします。合掌

新しい世界でお待ちしています。!!

kanoko_1 at 10:47コメント(1)トラックバック(0) 

2013年07月24日

 おはようございます。
ついにまよこのパソコンの寿命が来てしまったようで up出来なくなり  今日は主人のパソコンを借りて作業しています。
慣れないので写真の入れ方等 ちょっと勉強してからupしたいと思い 申し訳ないのですが今日は失礼させていただきます。



kanoko_1 at 10:06コメント(3)トラックバック(0) 

2013年07月23日

 朝洗濯物を干そうと2階に上がると オニユリにアゲハチョウが蜜を吸いに来ているのが見え 今日のネタにとカメラを持ってお外に飛び出しました。

右のお花
P1370115


P1370116

左のお花
P1370118


P1370120

正面のお花
P1370127 
3輪咲いているお花を次々に渡って モデルになってくれました。

羽ばたいていたり途中何度も逃げられて なかなか良い写真が撮れませんでした。

鳥の巣
P1370122
その場所からふとシマトネリコを見上げると 小さな鳥の巣がありました。
何時から?何鳥の巣??現在はいない様子でした。

アシナガバチ
P1370123
アシナガバチもオニユリの蜜を吸いに来ましたが 逃げてしまいました。残念


*** 夜樋口由紀子さんに「MANO」のお礼のtelを入れ 1年振りに長々お話しました。
10歳お若い彼女ですが相変わらず精力的に川柳に関わって 川柳を引っ張って行っていらっしゃるようで 今では重鎮的存在に。

お寺さんの奥さんやお孫さんのおばちゃんとしてもお忙しいようですが それでも出会ったころと少しも変わることない印象でした。
加齢現象が出ていると言うことでしたが どこか達観して受け入れていらして 見習わなくてはと思いました。
色々お話しし癒されて お互い無理せず元気で頑張りましょうと言って さようならしました。

兵庫県在住中山陽道を走ってお邪魔したことや 先生のになられた加古川のKCC神戸新聞文化教室の 川柳教室の第一期生として通ったことが 今でも懐かしい思い出です。 


・・・   懐かしい人の心に飛び込んで  ・・・








 

kanoko_1 at 10:26コメント(6)トラックバック(0)昆虫等 

2013年07月22日

 今朝お水遣りと落ち葉を掃いた後に ふと目に止まったのは セミの羽化したての姿。
急いでカメラを取りに行きパチリ。

セミ誕生
P1370092

羽は青い
P1370093

蝉殻の上に乗っかって
P1370096

10時過ぎには
P1370112
蝉殻から降りて 羽も大分黒ずんできました。

あちこちで蝉殻を見るようになり その内賑やかになるでしょう。

サルスベリ
P1370105
サルスベリの木が日に日に赤く染まっていっています。

1輪
P1370106
この姿が1輪のようです。

MANO18号
P1370110
 樋口由紀子さんから 1年に1度発行のマーノが届きましたが この1年は随分長い気がしたのは何故??。
拝読してMANO全体を覆っていてのは同じお仲間でもあった 川柳結社「バックストローク」主幹の石部明さんの追悼内容だったので驚いてしまいました。

 一昨年病に倒れられてと風の便りで知りましたが その後1年であちらの世界に旅立たれていかれたようです。
石部明さんにはまよこたち下々のものにも 樋口さんのお陰で大会で出会えば お声を掛けてくださったり その他知らないところで支えてくださったり 誰にも分け隔て無く接してくださるので 超人気者の方だっただけに 川柳会の惜しい人を亡くしたと思いました。

見た目は優しく朗らかな先生でしたが 何故か川柳は死にまつわるものが多く そのギャップに何時も興味をそそられていました。
   ””お遅ばせながらご冥福をお祈り申し上げます””

川柳界も重鎮を次々に亡くして 寂しさが募るばかりです。

佐藤みさ子(探す)
  世の終わりを見届けに行く映画館
  見たこともない 東北の肌赤(はだか)
加藤 久子(白亜紀まで)
  言葉からうんと遠くに来てしまう
  自転車を漕いで白亜紀まで帰る
樋口由紀子〔花かつお)
  天井から降ってきたのは花かつお
  よく食べて闇と蛍を追い抜いた
小池 正博(蛙の心)
  噂の二人は蛙の心見ています
  トビウオの一員として風宴へ

*** 朝PCの不具合が生じ又お休み・・と思いましたが 主人が直してくれた UPできました。

・・・  現身に思い出べたべた貼り付けて   ・・・  

kanoko_1 at 11:06コメント(4)トラックバック(0)昆虫等 

2013年07月21日

  お久し振りです。
ずる休みして3日間が経ち 退屈になってよろよろとブログ始めました。
又 宜しくお願いいたします。

堀江港の花火大会
P1370053
その間堀江港の花火大会もありましたが カメラの設定が出来ていなくって 今年は上手く撮れず 沈没してしまいました。

金曜日は前期最後のシニアカレッジと 風早の塾のダブルのお勉強をしてきました。

グアバ?
P1370084
構内のグアバの木を毎回観察していましたが タイミングが悪く 気付かない内に咲き実をつけていました。

キミノバンジロウ
P1370089
我が家のキミノバンジロウはと言えば 今こんなな感じです。

モクゲンジ
P1370085
モクゲンジももう実になっていて 中の実が見えるものをパチリ。

シニアカレッジ
P1370087

             −内と外に日本文化(境の文化)ー
                                 講師 玉井健三教授

異質文化と集落
 藩政期における特産品の違いや 宗教の違い 又漁場の豊かさにより統治する藩によって 同じ島でも分離されると 対抗意識が強くなる。 現在も運動会の部落対抗リレーの形で残されている。

河川は流通性と遮断性とを持つ 
 河口では違う文化が栄えたり 川の利用産業地が川を独占したり 川向に嫁をやるなと(対岸を決壊させるのに情が移らないように)と言うことが起きるようです。

河川の蛇行と境界
 蛇行していた川は護岸整備が進んでまっすぐになり その為に現在飛び地が残っている場所が 結構あるようです。

川による人間の変身
 川(多摩川)を越えてお江戸に入ると 人は変わってしまった故に 悲しい事件が起きたお話を聞きました。)
 現在でもありそうですね。

地形変換と祭りの文化
 神輿をかつぐ文化・・・堆積作用による沖積平野(低湿地や比較的ぬかるみになる土地柄)
 山車を引く文化・・・・・侵食作用による洪積平野(河川の側方侵食によって比較的乾燥する土地柄)
  今まで不思議に思っていたことが判り 大きな収穫でした。

内と外の世界
 日本人はとくに内と外に分ける考え 行動する傾向がある(日本特有の内と外観念が作られてる)
 そのなかでお互いが仲良く生きていける道を 見つけることが大切かなと まよこは思いました。
 
お昼はお友達と学食でプルコギを食べ(美味しかったです) 午後に備えました。

風早の塾
P1370088

          ・・・    はかないから 幸せ   ・・・
                    講師   大村英昭 宗教社会学者教授 浄土真宗僧侶

 大腸癌により余命8ヶ月と宣告され 現在抗癌剤の投薬治療を受けながら もう過ぐ3年目を迎えられるお方でしたが その中にあって前向きに研究生活の仕上げに 取り組んでいらっしゃるご様子をお聞きしました。
僧侶と言うことで死にまつわるお話も多く いろいろ参考になりました。

この頃流行の海に散骨思考 これは死後は生命の起源の元の海に 戻りたいと言う考えから来ていると言うことでした。

どちらも自己流で解釈して・・・。


*** 久し振りにPCに向かうと なかなかはかどりませんでした。

・・・  ゆうるりと生きて海に戻りたや  ・・・

kanoko_1 at 10:45コメント(6)トラックバック(0)シニアカレッジ 



まよこ

花・家庭菜園・短詩系・料理・物見遊山・探究心 



Recent Comments
「知的生産の手帳」 株式会社ナラコム
知的生産の手帳 http://system-diary.com/
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ