方鑑推命学 竹内寛音(かのん)堂

方鑑推命学とは、 四柱推命(生年月日時)で命式を鑑定し、それを元に時期・方位の吉凶を選び出し、 開運へと導きます。 一般的な九星術とは大きく異なります。 ご注意ください。 このブログのみで活動しております。 ツイッター始めました。 他のSNSはやっておりませんので、ご注意ください。

メールにて開運鑑定を受け付けております(有料です)。
事情があってPC・ケータイに返信されては困る方、郵送・私書箱止めも出来ます。
地図、鑑定結果等、ファックスでお送りする事も可能です。
メールからご連絡下さい。

鑑定依頼の前に開運鑑定のご依頼についてを良くお読みください。
料金表もそちらに記載してあります。

ブログの内容に関するご質問は、コメントからお気軽にお寄せ下さい。
ブログの中で回答いたします。
午後九時以降に頂いたご質問の回答は、調べるのに時間が掛かるので翌日にさせて下さい。
(テレビ、ラジオ等のお話は、お断りしております。)


四柱推命命式鑑定、二千円です。
全体運、適職、仕事運、金運、健康運、恋愛運の六項目、命式表・大運表付きです。
ご質問もお受けいたします。(一部追加料金1~3千円程度が発生する場合があります)

ゆるくてかる~い家相のお話  立地編まとめ

ゆるかる家相立地編、六回で一応終わりです。
まだまだ、細かいものは色々ありますが。
家相と言っておきながら、まだ敷地の話しかしてないよ~という状態ですので、
これから中の間取りのお話に進みたいと思います。

四月に借りたお部屋がどうにも気に入らないので、もう一度転居を考えているとか、
夏休みに転居しなければいけないから今からお家を探している、という方、
ゴールデンウィークに内覧会に行く予定という方、
長期計画で夢のマイホームを買いたいと考えてらっしゃる方、
ぜひ参考になさって下さい。



なお、今回は、説明が複雑にならないように、一つずつ書いて行きましたが、
世の中には、
線路と高速道路のすぐそばで、変電所の鉄塔があったりして、
三角形の敷地で路殺を受けていて、
しかも地下道の入り口に面している上に、近くに祭儀場と霊園がある、
なんていう七重苦・八重苦の物件もあります。

今朝のニュースでやっていた、福知山線の事故の現場のマンション、
あれは線路に隣接していて、三角形の敷地の建物でした。
そこであれだけ大きな事故が起きたのですから、
地相もなかなか侮れません。




鑑定ご依頼の方は、下記リンクのフォームメールからご連絡下さい。
メールはこちらから送れます
鑑定依頼の前に鑑定のご依頼についてを良くお読みください。
過去記事もお読みになって、まあこんなのでも良いかと、納得出来ましたらご連絡ください。


ランキング参加中です。ぽちぽちお願いします。


      




ゆるくてかる~い家相のお話  地下道の入り口に面した物件

ゆるかる家相、第六回は地下道の入り口に面した物件です。
道路が地下に潜っている入り口とか、地下街の入り口に面した建物です。
これを図に書こうとすると、
プロの漫画家さんの背景のお手伝いができるぐらいの画力が要求されてしまいますので、
今回は図はパスです、パス。


地下道の入り口に面しているとか、
地下鉄の線路が地面に潜る入り口に面しているとか(都会だと途中から地下に潜る電車、多いですよね)、
地下街の入り口に面している、
地下鉄の駅の入り口に面している、などです。
こういう所に、普通の一軒家が建っているのは珍しいですが、
マンション・アパートなど、都会には結構多い立地です。
この前開通したいわゆるマッカーサー道路も(国道の、何号線だったっけかな?)、
ちょうど地下に潜るあたりに面して、高層マンションが建っていましたよね。


これは、お家の中で掘りごたつが凶とされているのと同じで、
地下の悪い気が上がってくる説、
これは鉱山などで、地下を掘って有毒ガスが出て来た、という所から来ています。
それから、日本は、地下イコール根の堅洲国(ねのかたすくに)、
つまりあの世を連想させますね。
それから、おろち退治で有名なスサノオノミコトが治めている地下の国、
この世のありとあらゆる穢れが、集まる所をされています。
その集まった穢れは、陰極まりて陽となる、破滅から再生を導くところとされています。
つまり、地下はみだりに犯してはいけない所とされています。
でも日本人、地下に穴掘るの、大好きですよね。
中古物件でも、地下室が付いていると、値段が高いです。(家相は悪いよ~)


ちなみに、かの大東亜戦争では、国中で、家の地下に防空壕を掘り、
家の運気を著しく下げ、
結果、家の後継ぎがみんな死んでしまって、負けてしまったという説まであります。
いわゆる、鍼灸とかあんま・マッサージ指圧の大家の家系が絶え、
漢方薬の先生の後継ぎも戦争で亡くなってしまい、
かなりの伝統が途絶えたそうです。
ちなみに、鍼の世界では、今は中国鍼がほとんどとなってしまっています。
日本の鍼はすごかったんだそうですよ。
これは、余談。

ともかく、穴には気を付けて下さい。




鑑定ご依頼の方は、下記リンクのフォームメールからご連絡下さい。
メールはこちらから送れます
鑑定依頼の前に鑑定のご依頼についてを良くお読みください。
過去記事もお読みになって、まあこんなのでも良いかと、納得出来ましたらご連絡ください。


ランキング参加中です。ぽちぽちお願いします。


      

ゆるくてかる~い家相のお話  三角形・台形の物件

ゆるかる家相、第五回は三角形・台形の物件です。
風水では剪刀殺(せんとうさつ)と呼ばれています。
三角形の物件は、火のエネルギーが強すぎるので凶とされています。
この強い火のエネルギーが、住んでいる人に影響を与えて、
心臓や血管、脳などの病気、、ストレスから精神的な病気、
などになりやすいと言われています。
また、火のエネルギーが強いので、火事が起きやすい物件ともされています。


一番理想的なのは、長方形の土地に長方形の建物が建っているのが良いのですが、
都会は土地が狭いですから、台形の土地に長方形の建物が建っていればまあセーフです。
ただ、三角形の土地に三角形の建物、これはとても悪いですね。



①三叉路の内側

Y字①
都会のマンションから田舎の中古住宅まで、意外と多いです。
アットホームなどを見ると、このような物件が安く売りに出ています。
つまり、住みづらくて、皆さん手放してしまうわけですね。



②Y字の三叉路

Y字②


Y字の三叉路の場合、赤斜線の物件ですが、
三角形でさらに路殺も受けているという、非常に悪い立地になります。
また、その脇の赤い三角形と台形の物件、これも凶となる例です。





③変形十字路

Y字③
変形十字路でも同じく凶となります。





④変形十字路で路殺

Y字④



田舎でも都会でも、このような物件、多いです。
特に、斜線の入っている台形の物件は路殺も受けるので、非常に立地が悪いです。
また、上の赤い色の付いた部分、
このようなところ、良く空き地で売りに出ていますが、一般住宅をお求めの方は、買わない方が良いでしょう。





ただ、これは少々例外がありまして、
渋谷109、桜田門のかの有名な警視庁、
この二つの建物は、三角形の土地に角度の付いた建物が建っていますが、
これは一概に凶とは言えません。
特に、桜田門の警視庁、皇居に向いている角?独特に切ってありますが、
あれ、何か秘密があるみたいですね。


ちなみに、一般の人が、このような物件を利用しなければいけなくなってしまったという場合、
コンビニエンスストアなどのお客さんの回転が速いお店が良いでしょう。
車は入りやすいのですが、火事が怖いので、ガソリンスタンドはやめた方がよろしいです。
ソフトクリームとかかき氷、ジェラートなど、甘くて冷たいものを売るのも良いです。
角の一番とがっている所を丸く切って、そこに入り口を作ると良いと言われています。
いずれにせよ、ここで寝泊まりしないで済むようなお店にして下さい。
あまりお勧めは出来ないのですが、ここでしか商売できないという状況もありますので。
お金が出来たら、この土地を売って、
吉方にちゃんとした長方形の土地を買い直すことをお勧めします。




鑑定ご依頼の方は、下記リンクのフォームメールからご連絡下さい。
メールはこちらから送れます
鑑定依頼の前に鑑定のご依頼についてを良くお読みください。
過去記事もお読みになって、まあこんなのでも良いかと、納得出来ましたらご連絡ください。


ランキング参加中です。ぽちぽちお願いします。


      

ゆるくてかる~い家相のお話  変電所・基地局のそばの物件

ゆるかる家相、第四回は、変電所・基地局のそばの物件です。
いわゆる電磁殺です。
昔から、鉄塔の近くに住んでいると、子供の脳の発育に良くない、
などという話がありますよね。


変電所は電磁波、携帯電話の基地局は電波を出します。
ちなみに、電磁波と電波はほぼ同じものと思って良いです。
この電磁波・電波が人体に、悪い影響を与えるという説があります。
テレビの健康番組などで時々取り上げていますが、電磁波アレルギーという症状があります。
人によって程度の差はありますが、電磁波を浴びると具合が悪くなるそうです。
ひどくなると、電化製品が一切使えず、
町中に居ると具合が悪くなるので、人里離れた森の中などで一人暮らしをするしかない、
という人までいるそうです。


そこまで行かなくても、何となく気になる、子供の事が心配、
或いは電磁波は気にしないけど、変電所や基地局の出す低周波が耐えられない、
火事が起きたらと思うと気が気じゃない、という方、
日々の生活がすごくストレスになりますので、
このような物件はやめておいた方が良いでしょう。

数か月の賃貸でしたら、我慢して生活も出来ますが、
長期の契約で借家を探している方、
新築や中古物件の購入を考えてらっしゃる方、
よくよくお気を付け下さい。
人間は何ともなくても、ペットが変調を来すことがあります。

また、鉄塔とか高圧電線の下も、よろしくないという考え方もあるそうです。




鑑定ご依頼の方は、下記リンクのフォームメールからご連絡下さい。
メールはこちらから送れます
鑑定依頼の前に鑑定のご依頼についてを良くお読みください。
過去記事もお読みになって、まあこんなのでも良いかと、納得出来ましたらご連絡ください。


ランキング参加中です。ぽちぽちお願いします。

      

ゆるくてかる~い家相のお話  葬儀場・火葬場・お墓のそばの物件

ゆるかる家相、第三回は、葬儀場・火葬場・お墓のそばの物件、です。
今回は、図は書きようがないので、パスです。

このような物件は、人の死につながるもので、
陰の気が強いので、凶となるとされています。
ものすごくお墓のそばを嫌がる人と、
まるっきり平気、全然気にしないという人といますから、
意見の分かれる所です。


地方で、村が全部親戚みたいなもので、
お寺の過去帳を調べると、ざっと300年、
お墓に入っている人は全部ご先祖様か親戚、というようなところでしたら、
お墓も明るくて、ある意味心の安らぐ空間となっています。
こういう所は、特に気にしなくて大丈夫です。
でも、一念発起、地方で暮らそうと思って物件を探す場合、
敬意を持って、ちょっと離れていた方がよろしいと思います。


都会のお墓は、青山霊園とか、池上本門寺とか、すごい所は別にして、
小さいお寺のお墓は、地方から出て来て、一生懸命苦労して働いて、
故郷のお墓に入る事が出来ず、さびしくこちらのお墓に入ってらっしゃる方など、
いかにもお墓らしい、重苦しい気が流れています。
あまり近寄りたくないと思います。
このような所の近くは、やめておいた方が良いでしょう。
人によっては、霊気を受けやすくて、
祟られたとか、心霊現象に遭遇したとか、色々あります。



火葬場の近所は、昔はお家は建てなかったそうです。
これはもう、理屈抜きで、車の出入りが非常に多いですから、
離れていた方が良いです。
火葬のした時の、ダイオキシンが気になると言っている人もいますね。



さて、葬儀場とかセレモニーホールの近所、
この場合、どれくらいが近所なの?と聞かれますが、
ご自宅の敷地から、目視できる範囲にあるのが近所、と考えておけば大丈夫です。
それ以上離れていれば、特に気にしなくて良いと思います。

基本的には、お葬式を執り行っているわけですから、
浄・不浄という考え方から行けば、穢れ・不浄という事になります。
ただ、地方の場合、
葬儀屋さんの仕出し部門が、裏とか隣、すごい所だと同じ敷地内で、
激安スーパーをやっていたりします。
(業務価格で仕入れるので、安くなるそうです)
近所の方も平気で、奥様方がチラシを片手に買い出しに来ていたりします。
全く気にしないどころか、
セレモニーホールがあるから息子の就職先があってよかったとか、
ここで葬式してもらえるように予約してきたとか、
田舎の方はたくましいです。



鑑定ご依頼の方は、下記リンクのフォームメールからご連絡下さい。
メールはこちらから送れます
鑑定依頼の前に鑑定のご依頼についてを良くお読みください。
過去記事もお読みになって、まあこんなのでも良いかと、納得出来ましたらご連絡ください。


ランキング参加中です。ぽちぽちお願いします。

      
QLOOKアクセス解析
プロフィール
竹内寛音(たけうちかのん)

20代女性です。
父が50年近く佐久間詳龍先生の指導を受けておりました。
その関係で、先生のご衣鉢を継ぐ事になりました。
ご自身の運命に真摯に向き合い、現在の状況を好転して良き人生を送るため、
才能に目覚めるため、良きアドバイスをさし上げます。


竹内一水(たけうちいっすい)

寛音の父。
十二支開運法、三合開運法、九星気学
この頃寛音が忙しいので、少々手伝う事にしました。
メール
鑑定ご依頼の方は、下記リンクのフォームメールからご連絡下さい。

メールはこちらから送れます

鑑定依頼の前に鑑定のご依頼についてを良くお読みください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ランキング
ランキング参加中です
一押し来福 一日一ぽち

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

恋愛・結婚

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ